【防衛省】本予算と補正予算でめっちゃ忙しい!

防衛省,予算,本予算,補正予算,歳出,国債,継続費,国庫債務負担行為,調達,支出,大変,特定防衛調達

スポンサーリンク

『継続費は絶対に防衛省から強奪してやるぞぉ!』

新年となり、翌年度予算案と共に「補正予算」の話が出てきました。

調達現場では、歳出予算やらなんやら忙しい日々が始まります。

予算をめぐっては、財務省との激闘が繰り広げられます。

予算を効率的に使って何が悪いんや~!

関連記事。

【海自】財務大臣の潜水艦乗艦の何が問題なのか?

2019.12.07

補正予算!さあ調達が大変だ~!

毎年12月ごろになると、「補正予算」の話が出てきます。

防衛省・自衛隊でも例外なく「補正予算」にて、いろんなことが始まります。

しかしこの「補正予算」がまたいろいろめんどくさいことになります!

「補正予算」とは何?「本予算」と違う?

「本予算」は、当該年度の予算として決議されたものです。

「補正予算」は、当該年度において当初の予算執行に変更があるときに編成されます。

一応、「本予算」の枠内で「補正予算」の金額を決定しますが、追加予算として増額されることも発生します。

これがまた大変です。

予算を持って行かないで~(泣)!

調達の現場では、この時期はホントに大変なことになります。

予定していた調達予算が「補正予算」に持っていかれることが結構あります

図1 お金持って行かないで~!
防衛省,予算,本予算,補正予算,歳出,国債,継続費,国庫債務負担行為,調達,支出,大変,特定防衛調達
引用URL:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151117071495_TP_V.jpg

調達要求書が飛び交う季節!

この時期は、装備品やらなんやらの契約が集中する時期です。

そこに「補正予算」で「追加発注」となると、さらに仕事が増えます!

スポンサーリンク

本予算の場合、「歳出予算」は年度内に使う必要があるため大忙しです。

装備品の契約をもう少し早くしてほしいんですがね~!

「継続費」で財務省の恨み骨髄!

「本予算」にある、「防衛費」の中で特殊なのが「継続費」です。

「継続費」は「財政法第14条の2」に定められています。

「継続費」
国は、工事、製造その他の事業で、その完成に数年度を要するものについて、
特に必要がある場合においては、経費の総額及び年割額を定め、予め国会の議決を経て、
その議決するところに従い、数年度にわたつて支出することができる。

「財政法」より

現在では、海上自衛隊の「護衛艦」「潜水艦」の建造費にのみ「継続費」の使用が認められています。
(「掃海艇」「掃海艦」「補助艦」は対象外)

図2 護衛艦建造中!
防衛省,予算,本予算,補正予算,歳出,国債,継続費,国庫債務負担行為,調達,支出,大変,特定防衛調達
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/36/JS_Teruzuki_%28DD-116%29_under_construction_at_Mitsubishi_Nagasaki_Shipyard%2C_cropped.jpg/971px-JS_Teruzuki_%28DD-116%29_under_construction_at_Mitsubishi_Nagasaki_Shipyard%2C_cropped.jpg

この「継続費」は、財務省の人間にとっては「不倶戴天の天敵」となります。

予算単年度主義をなんと心得る!

国の予算の根幹は「予算の単年度主義」です。

そのため「国庫債務負担行為(通称:国債)」はあくまで、例外とされています。

そんな中で「継続費」は、「予算の単年度主義」を脅かすものと思われています。

財務省の人間からこんなことを言われたことがあります。

図3 ぜってえ「継続費」はぶっ潰す!!
防衛省,予算,本予算,補正予算,歳出,国債,継続費,国庫債務負担行為,調達,支出,大変,特定防衛調達
引用URL:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUSEI9V9A5333_TP_V.jpg

本気で「継続費」を恨むのには理由があります。

継続費と「国債」の運用の違い!

「継続費」と「国債(国庫債務負担行為)」については、似ているようで少し違います。

  • 「継続費」:契約総額を決定して、年度毎の支払い額から支払い。(5年以内)
    (翌年度以降に残存金を繰り越しできる。)
  • 「国債」 :契約総額を決定して、年度ごとに「歳出」として支払い(2~5年)
    (翌年度以降に残存金を繰り越しできない。)

財務省としては、「財政の明確化」という観点から「継続費」を嫌っているんですよね~。

そのため、ついには特別措置法まで作ることになったんですよ。

「特定防衛調達に係る特別措置法」

平成27年に、制定された防衛調達に関する特別措置法があります。
「特定防衛調達に係る国庫債務負担行為により支出すべき年限に関する特別措置法」(法律第16号。H27.4.30)
引用URL:http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/18920150430016.htm

本来、5年以内である「国債(国庫債務負担行為)」が時限的に「10年」まで延長するものです。

本来なら「継続費」でやってもよい話なんですけど、財務省の強い要求が生んだものです。

「防衛省の継続費は絶対にぶっ潰す!」(by財務省)

防衛費では、財務省と防衛省でいろいろ悩みの種となります。

「財務省」としてみれば、「継続費」を使う防衛省は「敵」です。

財務省職員の見学で、懇親会のさなかに財務官僚から言われたのがタイトルの話です。

補正予算や本予算、継続費などでよほど頭にきてるのでしょう。

これからも「財務省」と「防衛省」の予算のバトルは続くでしょう!

こちらもご覧ください

【海自】いわゆる「任務艦」の話に関するエトセトラ!

2019.12.25

【中級課程】ついに江田島に戻ってきたよ~(4回目)!

2019.12.14

【海自】哨戒艦(OPV)主砲にはOTOメララが最適だ!

2019.10.21

【海自】31億円で「いずも」を空母に改修してやるう!!

2019.09.02

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • なるべく国債でやりたいけど、あれって使いづらいですよね…繰越もそうですが次年度で調達時と違う業務が入るとか。
    しかし財務省はもう困ったもんです。

    • Bird246gtさま、コメントありがとうございます。
      「国債」もまた結構使いづらいんですよね~!「調達あるある」になります。
      「歳出」が一番使いやすいけど、期限と示達される金額が少ないのが悩みです。
      財務省にしてみれば「臨時軍事特別会計」に対する「怨念・恨み言」があるからでしょうね~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>