【海自】哨戒艦(OPV)主砲にはOTOメララが最適だ!

海上自衛隊,OPV,哨戒艦,1000t,装備,建造,武装,任務,,外洋警備,主砲,OTOメララ76mm速射砲

スポンサーリンク

『OPVにはOTOメララ76mm砲が最適かな?』

防衛省の「31中期防衛力整備計画(31中期防)」にて「哨戒艦(OPV)」の建造が明記されました。

FFMと共に新型艦艇となる「哨戒艦(OPV)」にどんな任務を持たせるか?

将来的に12隻を建造する艦艇にふさわしい主砲はどんなのがあるか?

ちょっと気が早い「哨戒艦(OPV)」の主砲を考える!

関連記事

【自衛隊】災害派遣要請への「待った」は結構ある!

2019.10.16

哨戒艦(OPV)にはどんな任務を行わせる?

以前の記事で、「哨戒艦(OPV)」の主砲についてREWさまとやり取りしたことから、ちょいと「哨戒艦(OPV)」の主砲について考えてみることにしました。

関連記事

【海自】観艦式の準備と支援は大忙しになるよ~!

2019.09.25

哨戒艦(OPV)は、海上自衛隊にとって新しい艦種となりますが、昔には「哨戒艇(PB)」と呼ばれる船舶がありました。

図1 19号型哨戒艇
海上自衛隊,OPV,哨戒艦,1000t,装備,建造,武装,任務,,外洋警備,主砲,OTOメララ76mm速射砲
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/19号型哨戒艇#/media/ファイル:PB_No.19_class_patrol_boat.jpg

満載排水量20t・6人乗り・12.7mm機銃一基搭載というものでした。

任務として「港湾警備」「連絡任務」「支援作業」を行い、1999年までに全艇が除籍となっています。
(海上保安庁の任務と重複したため)

今回の「哨戒艦(OPV)」については、「外洋哨戒」を任務として「1000t程度」「乗員30名程度」となっています。

船体案が出始めた!

すでに「三井E&S」と「三菱重工」からコンセプト案が出始めています。

図2 哨戒艦コンセプト案(三井E&S)
海上自衛隊,OPV,哨戒艦,1000t,装備,建造,武装,任務,,外洋警備,主砲,OTOメララ76mm速射砲
引用URL:https://livedoor.blogimg.jp/ddogs38/imgs/2/1/2168ea3e-s.gif

だいたい「全長100m」「速力25kt」前後といったところがベストでしょう。

機関についても、ディーゼルエンジンが主力となると考えられます。
(CODADもしくは、統合電気推進方式が見込まれる)

武装はどうすべきか?

今回「哨戒艦(OPV)」について、問題となりそうなのは「武装」の部分でしょう。

スポンサーリンク

通常の護衛艦(DD)や、新型の「FFM」と同じような武装は、論外となります。

水上打撃戦力として「SSM」「対空ミサイル」の装備はあまり必要がないでしょう。

しかし「哨戒艦(OPV)」として、一定の武装として搭載するべきなのが「主砲」です。

抑止力としての「主砲」!

外洋警備そのものは海上保安庁の管轄ですが、あえて海上自衛隊が「哨戒艦(OPV)」を建造する理由として艦艇不足があります。

海峡警備や外洋での監視活動に、補給艦や支援艦艇まで動員している現状があります。

ここで、「存在する抑止力」として「主砲」を搭載した艦が必要です。

そんな「哨戒艦(OPV)」に最適な「主砲」は何でしょうか?

OTOメララ76mm速射砲が最も効率が良い!

「哨戒艦(OPV)」に搭載する「主砲」の候補としては、

  • 62口径5インチ単装砲(現在の主力艦砲)
  • OTOメララ127mm速射砲(こんごう型・たかなみ型が装備)
  • OTOメララ76mm速射砲(むらさめ型までの主砲)
  • ボフォース40mm機関砲(海上保安庁装備)
  • ボフォース57mm機関砲(米海軍LCSに装備)

これらが挙げられます。

「哨戒艦(OPV)」という特性から、5インチ(127mm)砲は論外といえます。
(重量がある上に周辺装備で重量が増大する)

候補として「ボフォース」と「OTOメララ」が残ります。

ボフォース機関砲は魅力だけど・・・

候補の一つとして「ボフォース40mm機関砲Mk3」が挙げられます。

図3 ボフォース40mm機関砲Mk3
海上自衛隊,OPV,哨戒艦,1000t,装備,建造,武装,任務,,外洋警備,主砲,OTOメララ76mm速射砲
引用URL:http://www.navweaps.com/Weapons/WNSweden_4cm-70_m1948.php

海上保安庁の巡視船にも装備されており、導入の敷居は高くありません。

また「3P弾」のような効果的な弾薬も用意されています。

しかしながら、今新しいのを導入するには教育関係の費用が掛かります。

また、万が一にミサイル攻撃を受けたときの撃破力に不安が残ります。

ボフォース57mm機関砲になると、重量が増しており使いづらいところがあります。

OTOメララ76mm速射砲にメリットあり!

候補の一つである「OTOメララ76mm速射砲」は、海上自衛隊が従来から使用してきました。

現在でも、艦艇「主砲」として多数使用しています。

教育・後方支援体制を考えると有利!

「OTOメララ76mm速射砲」は、海上自衛隊の射撃の中枢を担う主砲です。

ほとんどの射撃員が「OTOメララ76mm速射砲」で育ったといって良いほどです。

図4 教育機材の76mm速射砲
海上自衛隊,OPV,哨戒艦,1000t,装備,建造,武装,任務,,外洋警備,主砲,OTOメララ76mm速射砲
引用URL:https://www.mod.go.jp/msdf/onemss/about/scene/img/ph01.jpg

新造艦に「5インチ(127mm)砲」が採用され始めていますが、まだまだ現役です。

新たに「教育」「後方支援体制」を作るよりは、現有の76mm砲の転用が最適です。

哨戒艦(OPV)は「既存リソース」を最大活用せよ!

哨戒艦(OPV)は、海上自衛隊の現有勢力の中で艦艇を増加させるために必要な艦艇です。

しかし、哨戒艦に「護衛艦」の思想をそのまま適用するのは愚策といえます。

防衛費が増加していますが、艦艇建造に費用をかけられる状況ではありません。

哨戒艦(OPV)については「既存リソース」を最大限活用して建造すべきでしょう。

機関・電子機器などは可能な限り導入済み装備を!

艦艇建造にかかる費用の中で、大きな比重を占めるのが機関・電子機器類です。

これらの装備については、新規装備導入ではなく既存装備から選択すべきです。

LINK16など、重要な電子機器も可能な限り既存品を採用すべきです。

主砲などの武装に過重な要求をすべきではない!

主砲・ミサイルなどの武装についても同様です。

哨戒艦(OPV)に「対艦・対空ミサイルを!」なんて高望みをすべきではありません。

必要な「割り切り」をもって装備を選定すべきです。

必要な任務を明確にして、哨戒艦の装備を導入すべきです。

けど、やっぱり「OTOメララ76mm速射砲」は使えます!

図5 OTOメララ76mm速射砲
海上自衛隊,OPV,哨戒艦,1000t,装備,建造,武装,任務,,外洋警備,主砲,OTOメララ76mm速射砲
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d5/76mm_gun_chikuma.JPG/640px-76mm_gun_chikuma.JPG

主砲のほか、「CIWS」としての運用・不審船の制圧用などに使えます。

「OTOメララ76mm速射砲」で育ってきた世代には、やはり魅力的に映ります!

さあ、哨戒艦(OPV)はどんな武装になるのか!

こちらもご覧ください

【海自】取材で一度だけ写真撮影された「ペンギン」!

2019.10.09

【北朝鮮】北極星3号はウクライナからの技術流出か?!

2019.10.06

【中級課程】会社との商談技術は「スパイ」のごとく!

2019.10.01

【防衛省】油槽船は結構デカい船になるようだね?!

2019.09.14

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


6 件のコメント

  • 76mmはサイズ的には最適、備蓄弾薬に運用ノウハウも豊富
    しかし近接防空性能を求めるならDARTを採用しないと厳しい・・・・
    そうなるとFCSもどうするの?という話にもなりますが・・・・・

    1.多機能レーダーは諦め、「あぶくま」型相当のCICとする
    2.GFCSに特化させる
    3.LINK-16は搭載し、あくまで「ピケット艦」として運用する。

    というところになりますかねぇ?
    (そのへんが専門の人)

    • サイサリスさま、コメントありがとうございます。
      そーなんですよね~、FCSをどうするかなんですよね~。
      「あぶくま型」「いしかり型」「ゆうばり型」みたいにFCS-2-21で代用するわけにもいきません。
      (FCS-2-21系統がもはや古い)
      FFMに搭載する「OPY-2」を小型化するのも、費用が掛かります。
      LINK-16搭載は必須として、「FCS-3系のXバンドイルミネーター」を抜き出して小型艦用GFCS化とするのが最適かと考えています。(LINK-16教信者の戯言ですが・・・)
      「いしかり」「ゆうばり」「ゆうべつ」の近代化(ミサイル無し)と「割り切り」が必要でしょうね。

      • といわれても2-21系統はもう生産不能でしょう。
        2型はGFCSとしては優秀だと思いますので、ソフト化の進んでいる2-31をサーバー化して
        構築しなおすのが一番早いかもしれませんね。
        (とあるシステムで似たようなことは・・・・・)

  • ペンギン様はオットーの76mm砲推しなんですね~ しかし海自ではFCS-2共々15年以上調達が途絶えていますし、新型のDART砲弾も、スーパーラピッド砲からさらに発展した砲でないと撃てないなど、これから導入するとなると新規導入と大差ない手間がかかりそうですね。
     哨戒艦は海保の巡視船と同じ性格のフネと思いますので、武装も同じ40mmでも良さそうな気もします。新型の40mmは調達が続いていますし、海保向けに作られた武器でも、砲塔型の20mmバルカン砲は海自の掃海艇でも採用されていますのでさほど抵抗はないと思います。
     ただ武装強化が著しい中国の海警のフネを見ますと、40mmでは早々に役不足になりそうな気はしますが。

    • REWさま、コメントありがとうございます。
      なかなか悩ましいところですね~。
      OTOメララの運用ノウハウは蓄積されているものの、OPVに転用するとき「新型化」まで求めるかどうかという問題があります。(DART砲弾はかなり魅力的なのですが)
      40mm砲も、射程・破壊力を考えるとなかなか厳しいところがあります。
      OPVにどこまでの「任務」を与えるかがカギとなりそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>