【自衛隊】F35B戦闘機の導入が決定したけれど・・・

海上自衛隊,いずも型,F35B,ステルス,戦闘機,装備品,調達,政府調達,WTO,予決例,裏側

スポンサーリンク

『ようやくF35B導入が決定したけれども・・・』

防衛省から「F35B戦闘機」導入決定の発表がありました。

前々から言われているのに、なんで決定に時間が掛かるのか?

そこに知られざる「政府調達」に関わる裏側があります。

語られることのない、防衛装備と政府調達のお話!

関連記事

【海上自衛隊】いずも型を『空母に改修』ていうけどさあ~

2018.02.04

「F35B」導入でうまい表現だな~(汗)!

防衛省が、以前より選定を進めていた「短距離離陸・垂直着陸戦闘機(STOVL)」の機種が「F-35B」に決定しました。

図1 F-35B
海上自衛隊,いずも型,F35B,ステルス,戦闘機,装備品,調達,政府調達,WTO,予決例,裏側
引用URL:https://media.defense.gov/2016/Nov/09/2001666462/600/400/0/161104-N-VR008-0102.JPG

機種選定の経緯を防衛省の発表から見ると、

  • 平成31年4月25日:提案希望者に対し提案要求書手交
  • 令和元年6月24日:提案者から提案書を受領(米国政府提案のF-35Bのみ)
  • 令和元年8月16日:防衛省において機種決定

という経過をたどっています。

このニュースで、Twitterでうまい表現をされた方がいらっしゃいます。

(ドンガメ六号様のTwitterより引用)

「サバを味噌で煮込んだ料理の候補」→「サバの味噌煮に決定」

正しく今回の「F35B」選定の「訳が分からん状態」を表現しています。

すぐに決められんのか~い!

皆様からは「F35B戦闘機」になるのか常識だろ!なんてお叱りがきそうです。

ただ、部内で装備品調達に関わっていたものとして、

『いろいろとあってすぐに決定できないんですよ~(泣)』

と弁解せざるを得ません(本当にごめんなさい!)

どれも財務省が悪いんや~!

弁解の言葉を言わせていただくと、

スポンサーリンク

『どれもこれも財務省が悪いんや~(怒)!』

ということになります。

具体的には

  • 「予算決算及び会計令」(通称:予決令)
  • 「WTO政府調達制度(GPA)」(WTO:世界貿易機関)

が原因です!

防衛装備品調達の裏で、手足を縛る「政府調達」が悪いんや~!

WTO政府調達ってなんだろう?

今話題になっている「WTO」ですが、防衛装備品の調達にも影響があります。

まず「WTO政府調達」とはいったい何でしょうか?

政府調達は自由貿易の協定だよ!

「WTO政府調協定」は、世界の自由貿易のために結ばれた協定です。

「政府」が行う大規模調達に関して、自国企業のみを優先せず国際的に入札しましょうという概念です。

図2 WTO(世界貿易機関)
海上自衛隊,いずも型,F35B,ステルス,戦闘機,装備品,調達,政府調達,WTO,予決例,裏側
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f5/World_Trade_Organization_%28logo_and_wordmark%29.svg

このWTOの協定で「一定額」以上の「政府調達」は「国際入札」になります。

たしか「物品」だと「1500万~2000万円」ぐらいから該当します。

この金額を超えると「随意契約」は、「相応の理由」が必要になります。

本来「安全保障上の軍事関係」は、「政府調達」から除外できるのですが・・・

「財務省」の規定により、防衛省の装備品も準用されています。

図3 政府調達の流れ
海上自衛隊,いずも型,F35B,ステルス,戦闘機,装備品,調達,政府調達,WTO,予決例,裏側
引用URL:http://www-gpo3.mext.go.jp/kanpo/gpoflowgs.gif

(SDR:特別引出権、IMFで規定する通貨単位)

戦闘機は「F35B」しかないのですが、「政府調達」の手順に従う必要があります。

そのため「国際的に入札公告で宣伝」「受付」「提案書受付」の手順を踏みます。

「さばを味噌で煮込んだ料理を募集」は、かなりこの制度を表現した良い表現です。
(具体的な物品名が書けないのが「政府調達」の悩みどころ!)

過去に「初等練習機」で揉めたことも・・・

防衛省では「政府調達」で、過去に国際問題になったこともあります。

航空自衛隊の「初等練習機」を巡り、「T-7(SUBARU)」と「PC-7Mk-Ⅱ(スイスピタラス社)」の競合となった件です。

図4 「T-7」と「PC-7」
海上自衛隊,いずも型,F35B,ステルス,戦闘機,装備品,調達,政府調達,WTO,予決例,裏側海上自衛隊,いずも型,F35B,ステルス,戦闘機,装備品,調達,政府調達,WTO,予決例,裏側
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/T-7_(練習機)#/media/ファイル:JASDF_Fuji_T-7_(1).jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/ピラタス_PC-7#/media/ファイル:RMAF_PC-7_MRD.jpg

このような過去があり、できるだけ防衛装備品の「国際入札」はやりたくないんですが・・・

金を握っている「財務省」には勝てません・・・(涙)

FMSは「国際入札」の対象外!

米国との「FMS」については、「政府調達」の枠外となります。

ただし、「機種選定の透明性確保」というところから「政府調達」の手順が踏襲されます。

「F35B戦闘機が欲しい!」と、調達要求にすぐに書けたらどんなに楽が出来るやら・・・

防衛装備品の調達には、一見無駄に見えるような手順を踏む必要性があります。

もう少し防衛装備品調達の簡素化を!

防衛装備品の調達と選定に関しては、いろいろ複雑な手続きがあります。

今回の「F35B戦闘機」の機種選定についても、一応の手順を踏んでいます。

ただ、「M事案(守屋事案)」によって、調達が複雑化した経緯があります。

さすがに「会計検査院」から、

『もうちょっと事務手続きを簡素化しろやぁぁ(怒)!』

と突っ込まれて、「随意契約」が結びやすくなった経緯があります。

今回の「F35B戦闘機」のような「サバの味噌煮」を選定しやすい方式を模索すべきでしょう。

『契約件名に品名を入れるんじゃねえ(怒)!』
『競争入札の公平性が崩れるだろう!』

契約部門から突っ込みを入れられまくる、調達部門にいた身として心から感じます。

「サバの煮込みが欲しい!」と書かせてくれえぇ!

こちらもご覧ください

【自衛隊】サイバー戦を第二の「レーダー敗北」としないために

2019.08.13

【海上自衛隊】空母化は2022年「かが」から開始か?!

2019.02.06

【装備課程】『敵は財務省にあり!』と感じた舞鶴実習!

2018.05.14

【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

2017.04.25

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


5 件のコメント

  • 財務省もなんですが総務省も困りますね。
    でも、この調達関連と予算の部分はもっと簡素化して欲しいです。
    ホントに。

    • Bird246gtさま、コメントありがとうございます。
      財務省の他に総務省も困りものです。
      電波周波数の空きがないからって、防衛省割り当てのKu帯周波数を持って行かないでくれ~(泣)!

  • 電波はヤバいですよね。通信インフラは自衛隊弱いってお話ですもんね。
    より強化しなければならないのにって思ってます。
    にしても30日ピッタリに概算要求出しても財務相ががが…ヒアリング頑張ってもぎ取って欲しいです。

    • Birdさま、コメントありがとうございます。
      財務省主計局のヒアリングの時って、内局はほとんど説明に参加しないんですよ・・・
      「ヒアリング」で一生懸命「制服組」が説明してるとき、横で雑談して終わるのが実情です。
      (分隊長が海幕で予算折衝に参加したときのことを愚痴ってました)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>