【自衛隊】サイバー戦を第二の「レーダー敗北」としないために

自衛隊,サイバー戦,ハイブリット戦,防衛大綱,第5の戦場,レーダー,二の舞,攻撃,効果,理解,軍事技術

スポンサーリンク

『サイバー戦がレーダーの二の舞としないように』

自衛隊・防衛省は、防衛大綱によりようやくサイバー戦について具体化しました。

22大綱にて最初に記述されてから、長い道のりでした。

かつて日本海軍が味わった「レーダー開発の敗北」の二の舞にならないか?

今後、自衛隊の能力向上への考察です。

関連記事

【防衛省】南アフリカから輸入した480個の「小型武器」は?

2019.06.16

進み始めた「サイバー・ハイブリット戦」能力

2019年以降の新しい防衛大綱(31大綱)にて、ようやく「サイバー戦」が作戦能力の根幹に据えられました。

22大綱(平成22年度防衛大綱)にて、初めて「サイバー戦」に関する記述からかなり経過しています。

この新大綱(31大綱)にて、本格的な対処能力整備となります。

明記された「サイバー戦反撃能力」

サイバー戦について、従来までは「防御」のみを重視していました。

図1 サイバー戦
自衛隊,サイバー戦,ハイブリット戦,防衛大綱,第5の戦場,レーダー,二の舞,攻撃,効果,理解,軍事技術
引用URL:https://pixabay.com/ja/illustrations/ハッカー-攻撃-マスク-1872291/

世界サイバー戦技術は発展し続け「ハイブリッド戦」にまで進化しています。

ようやく「反撃能力」を含めた「領域横断作戦」が規定されました。
(宇宙・サイバー・電磁波領域)

遅すぎたのではないか?

サイバー戦の対処能力については、以前から指摘されていましたが、ようやく整備されることになりました。

もはや、体制整備が遅すぎたと言えます。

かつて、日本海軍が「レーダー」開発で遅れを取り、敗北の一因となりました。

「サイバー戦」が、「レーダー開発の遅れ」の「二の舞」となるか心配しています。

スポンサーリンク

図2 日本海軍レーダー(21号電探)
自衛隊,サイバー戦,ハイブリット戦,防衛大綱,第5の戦場,レーダー,二の舞,攻撃,効果,理解,軍事技術
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/二式二号電波探信儀一型#/media/ファイル:Bridge_of_IJN_CV_ZUIKAKU_with_21-GO_rader.jpg

かつての失敗がまた繰り返される心配があります。

日本海軍はなぜ「レーダー」装備が遅れたのか?

かつて日本海軍は「レーダー」という、当時最新鋭の機器の導入が遅れました。

「八木・宇田アンテナ」「マグネトロン」といった、新技術が日本から誕生していたにも関わらず、「レーダー」の装備が遅れました。

なぜ、「レーダー」の装備が遅れたのでしょう?

いろいろな持論などがあるかと思いますが、ここで重要な要点があります。

兵器として用兵側の理解が遅かった。

極論として言えば、「兵器としてのレーダーの効果」に理解を得ることが遅れたことが原因といえます。

技術陣側にも責任として、

  • 計画的研究開発体制の不備
  • 使用に耐えうるだけの頑丈さに欠けた。
  • マネジメント不足により、理解者の活用ができなかった。

などがあげられます。

日本海軍の「砲術の神様」と言われた「黛治夫大佐」(海軍砲戦史談著者)など、理解者が多くいたはずなのですが・・・

「22号電探」の「射撃管制レーダー化」の提案も「黛大佐」です。

図3 22号電探
自衛隊,サイバー戦,ハイブリット戦,防衛大綱,第5の戦場,レーダー,二の舞,攻撃,効果,理解,軍事技術
引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/oy1982/imgs/c/9/c92ceb98.jpg

海軍の全体的な空気は「電探無用論」が主流でした。

保守的体制に「革新」をどう理解してもらうか?

昔も今も、軍・自衛隊は「官僚的組織」の面があります。

その中では、「革新的な技術」に対する否定的一面がどうしても存在します。

『目に見えた攻撃に対する効果が判り難い』

「レーダー」と「サイバー戦・ハイブリット戦」には、共通した部分が存在します。

どのようにして理解してもらうべきか、答えとしては、

『大規模サイバー演習にて実感してもらう』

となるでしょう。

実際に体験しないと「保守的組織」に「ゲームチェンジャー」を理解させることができません。

早期の「サイバー戦演習」が必要でしょう!

電子装備研究所の研究はどこまで進んだのだろう?

防衛省・自衛隊の「サイバー戦」に関する研究拠点は、「電子装備研究所」です。
(防衛装備庁電子装備研究所)

東京の「三宿駐屯地」(世田谷区)に存在します。

現職時代に、研究内容の見学で「サイバー戦」の研究部署も見学しました。

その時には、かなりの研究が進んでいました。

主任研究官のある言葉が忘れられません。

「攻撃用ウィルスはすでに完成している」

電子装備研究所での見学で、制服組との意見交換がありました。

主任研究官からは、

  • 『サイバー戦の攻撃用ウィルスの作成はすでに完了している』
  • 『サイバー戦について、防衛計画上の位置づけが明確ではない』
  • 『防御だけでなく攻撃についての作戦計画が必要である』

との発言がありました。(31大綱前の話)

図4 自衛隊サイバー防衛隊(勤務中)
自衛隊,サイバー戦,ハイブリット戦,防衛大綱,第5の戦場,レーダー,二の舞,攻撃,効果,理解,軍事技術
引用URL:https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/image/photo0301019.jpg

用兵者の深い理解が必要!

サイバー戦・ハイブリッド戦は、新たな次元の「戦い」となっています。

「サイバー戦」を生かすも殺すも、用兵者がしっかりと理解する必要があります。

かつて日本海軍が「レーダー」の装備実用化に遅れを取った「二の舞」だけは避ける必要があります。

より進化した体制を望みます!

こちらもご覧ください

【韓国】文在寅は「ハーメルンの笛吹き男」なのか?

2019.08.07

【中級課程】幹部中級艦船装備課程の始まりはドタバタに・・・

2019.08.02

【海自】特殊部隊を作った男の「功と罪」を考える。

2019.03.27

【艦補処】イスラエル製装備品輸入に関わり思うこと。

2019.03.12

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク