【北朝鮮】再び脅威が発生することになる!

海上自衛隊,北朝鮮,潜水艦,新型,SLBM,建造,軍事技術,KN-23,飛翔体,世界情勢,整流フィレット,軍事技術

スポンサーリンク

『再び北朝鮮の脅威と対峙する時代になる』

北朝鮮が「新型潜水艦」の写真を公表するなど、北朝鮮の脅威が再発しています。

米朝第3回首脳会議は、第二の「アチソンライン」となるのか?

北朝鮮の新型潜水艦の技術的進歩も見逃してはなりません。

再び北東アジアが緊張状態になるか?

関連記事

【北朝鮮】イスカンデルミサイルもどきを再整理してみる!

2019.05.19

北朝鮮の「新型潜水艦」登場を考える。

2019年7月23日に、北朝鮮の朝鮮中央通信が「金正恩」委員長が新型潜水艦の視察をしたと報道しました。

報道と共に、何枚かの写真が公表されており「新型潜水艦」の一部が移っております。

今回公表された写真から、北朝鮮の潜水艦建造技術など軍事技術の一端が垣間見えます。

公表された写真はかなり推測しやすい!

今回公表された写真を見ると、今までの潜水艦と少し違う部分が見て取れます。

図1 公表された写真①
海上自衛隊,北朝鮮,潜水艦,新型,SLBM,建造,軍事技術,KN-23,飛翔体,世界情勢,整流フィレット,軍事技術
引用URL:https://img5.yna.co.kr/photo/yna/YH/2019/07/23/PYH2019072301850088200_P4.jpg

この写真だと、かなり大きいように見えますが「潜水艦」は元々、喫水線下がかなり大型です。

図2 公表写真②(赤矢印に留意)
海上自衛隊,北朝鮮,潜水艦,新型,SLBM,建造,軍事技術,KN-23,飛翔体,世界情勢,整流フィレット,軍事技術
引用URL:https://pbs.twimg.com/media/EALbjK5XsAEMnZx.jpg

艦橋構造物の部分が映っており、一部にモザイクがかけられています。

艦種が特定しやすい後部写真

潜水艦の写真で、かなり推測がしやすいのが「後部」の写真です。

図3 公表写真③
海上自衛隊,北朝鮮,潜水艦,新型,SLBM,建造,軍事技術,KN-23,飛翔体,世界情勢,整流フィレット,軍事技術
引用URL:https://pbs.twimg.com/media/EAJ2Q0aXYAIpcNh.jpg

可能性として、北朝鮮保有の「ロメオ潜水艦」を国産化した「新浦級」がベースと思われます。

スポンサーリンク

図4 新浦級潜水艦
海上自衛隊,北朝鮮,潜水艦,新型,SLBM,建造,軍事技術,KN-23,飛翔体,世界情勢,整流フィレット,軍事技術
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/_5KInx_zm6E/hqdefault.jpg

旧ソ連の「ロメオ級潜水艦」は、1960年代の潜水艦でありそれほど脅威というわけではありません。

ただし、いくつか新技術要素が盛り込まれていることに注目すべきです。

整流フィレットが艦橋に装着されている!

今回、一番着目すべき場所は「艦橋整流フィレット」の部分です!

「艦橋整流フィレット」といっても、ピンとこないかたも多いと思います。

これは、潜水艦艦橋前部に付いている水流を整える役目の部分です。

注目すべき「整流フィレット」!

海上自衛隊の「そうりゅう型」潜水艦にも装着されている物です。

図5 整流フィレット(そうりゅう型潜水艦)
海上自衛隊,北朝鮮,潜水艦,新型,SLBM,建造,軍事技術,KN-23,飛翔体,世界情勢,整流フィレット,軍事技術
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/そうりゅう型潜水艦#/media/ファイル:JS_Hakuryu_(SS-503)_arrives_at_Joint_Base_Pearl_Harbor-Hickam_for_a_scheduled_port_visit,_-6_Feb._2013_(YP255-021).jpg

近年の潜水艦建造の主流と言える「整流フィレット」が、北朝鮮の新型潜水艦にも装着されています。

水中雑音の低減を図る目的で装着されるものです。

北朝鮮技術陣の能力が向上している証ともいえます。

艦橋後部にSLBM発射塔があるかな?

海外の専門家がさっそく、環境構造物の推定図を描いています。

整流フィンと、艦橋後部にSLBM発射塔を一体化させている物と推定しています。

全体的に、水中雑音の低減を図りながら整流をしているといえます。

かなり、北朝鮮の潜水艦建造能力は向上しているといえます。

全体的に「きれいに」建造している!

新型潜水艦の写真を見たときに、最初の印象として「きれいに」建造していると感じました。

潜水艦建造で、一番大事なのは「きれいに船体建造を行うこと」です。

図1及び図3の写真を見て、成型がかなり高度になっています。

意外とSLBM搭載「新型」潜水艦は、馬鹿にできないレベルといえます!

北朝鮮にフリーハンドを与えてしまった米朝首脳会議!

2019年7月25日早朝に、再び北朝鮮が「飛翔体」を発射いたしました。

飛行距離から考えて、最近登場した「イスカンデルもどき(KN-23)」と考えられえます。

第3回米朝首脳会議にて、トランプ大統領が「小さなロケットは気にしていない」と発言しています。

この発言が、北朝鮮に再び「フリーハンド」を与えてしまいました。

この発言が、第二の「アチソンライン」とならなければよいのですが・・・

「イスカンデルミサイル」射程問題!

何度かこのブログで触れている「イスカンデルミサイル」の射程についての疑義があります。

関連記事

【ロシア】グルジア紛争で「イスカンデル」ミサイルを使用か?

2018.12.01

「イスカンデルミサイル」の射程は1000kmあるのでは?と提起してきました。

「ノドン」や「スカッドER」といった日本を射程圏内に収めるミサイルの代替品となる可能性が大きいと考えています。

液体燃料より発射しやすい「固体燃料」を「イスカンデルミサイル」は使用しています。

『気づいたら、大量の弾道ミサイルの脅威に遭っていた』

日本にとって一番留意すべき事項です。

北朝鮮の「イスカンデルもどき(KN-23)」には、もっと留意すべきです!

こちらもご覧ください

【世界情勢】フランスが変なことになってないか?

2019.07.19

【艦補処】さらば艦補処!幹部中級課程に入校だ!

2019.07.11

【海自】弾薬(ヤク)は一度はまるとヤメられねえぇ~~!

2019.07.03

【防衛省】南アフリカから輸入した480個の「小型武器」は?

2019.06.16

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク