【観艦式】さあ韓国は観艦式に出てこれるか?!

海上自衛隊.観艦式,2019,韓国,中国,米国,南シナ海,プレゼンス,踏み絵,世界情勢

スポンサーリンク

『今回の観艦式は、韓国にとって踏み絵となる!』

日韓情勢が、さらに悪くなった状況でついに「自衛隊観艦式」が行われます!

今回、韓国海軍の招待見送りは妥当な線でしょう。

韓国大統領府は満足しても、韓国海軍は青ざめているでしょう。

米国、日本から「踏み絵」を迫られた韓国はどうなる?!

関連記事

【韓国】半島有事で、韓国は『敵国』に回る気か?

2018.02.26

妥当な「韓国海軍」観艦式招待見送り!

日本政府は、2019年10月に予定している「自衛隊観艦式2019」への韓国海軍の招待を見送りました。

中国海軍には久しぶりに招待を行い、中国海軍側も軍艦派遣で調整中とのことです。

2018年12月の「レーダー照射事件」以来、ごたつく関係がついにここまできました。

図1 中国海軍観艦式(055型)
海上自衛隊.観艦式,2019,韓国,中国,米国,南シナ海,プレゼンス,踏み絵,世界情勢
引用URL:http://jp.xinhuanet.com/2019-04/23/138001682_15560099641921n.jpg

招待見送りは妥当な「外交カード」

以前、当ブログでは「あえて観艦式に招待すべき」と書きました。

【韓国】あえて「観艦式2019」に招待状を送ろう!

2019.02.20

しかし「レーダー照射問題」のこじれと、中国観艦式のドタバタがありました。

今回の「観艦式招待見送り」は、妥当な「外交カード」化になるといえます。

2019年4月の「中国国際観艦式2019」では、韓国海軍は土壇場で参加しました。

「国際観艦式」が、どれだけ国際関係に影響を与えるか気づいたのでしょう。

「軍艦は外交も戦争もできる便利な道具」

本ブログで何度か書いている、

スポンサーリンク

『軍艦は外交も戦争もできる便利な道具』

という言葉が、今回ほど効果を生む事態が起きています。

軍艦が、相互訪問できないほど、

「関係悪化していますよ~!」

と、国際社会に宣伝する機会になるのが、観艦式なのです。

韓国政府は事態収拾できるか?

観艦式に「韓国海軍招待見送り」の発表は、G20大阪サミット前に発表する絶妙なタイミングです。

この発表は、各国に対して「韓国への不信感」として受け止められます。

韓国大統領府は、今回の事態をどう収めるか見物です。

最後まで「不参加」を貫けるか?中国観艦式のように、「ドタバタ」で参加するか?

コントロールを誤ると「文ジェイン政権」が倒れるでしょう。

関連記事

【中国国際観艦式】韓国さん、整備ぐらいちゃんとやっとけよ!

2019.04.25

南シナ海への艦艇派遣要求が来た韓国!

ついにというか、予想された事態が現実のものとなりました。

2019年6月26日の香港紙に「米国から南シナ海へ艦艇派遣要請」のニュースが流れました。

以前、当ブログにて「韓国は、南沙諸島問題に引きずりこまれる」と書いたことがあります。
関連記事

【自衛隊】フィリピン周辺をめぐる自衛隊および韓国のこれからについて

2015.10.30

米国にとって「ちょうどよい踏み絵」

南シナ海・南沙諸島での、中国脅威への対抗措置として「航行の自由作戦」が行われています。

プレゼンスを示すため、海上自衛隊も長期訓練航海を開始して各国と協調しています。

北朝鮮問題で「代弁者状態」となった韓国に対して、踏み絵を行うにちょうど良い生贄です。

G20の後、米国大統領が韓国を訪問します。

『Show the flag!』に対して、韓国はどう反応するのでしょう。

米国は韓国に見切りをつけたと判断すべき。

現状の米トランプ政権は、軍事問題で不透明なところがあります。

ただ、「北朝鮮の代弁者」となり果てた「文在寅政権」に見切りをつけているのは確実です。

図2 南北首脳
海上自衛隊.観艦式,2019,韓国,中国,米国,南シナ海,プレゼンス,踏み絵,世界情勢
引用URL:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Moon_Jae-in?uselang=ja#/media/File:Moon-Kim_Meeting_v12.jpg

今後、米韓関係も大きく動く可能性が高いといえます。

さあ、観艦式は楽しいことになるぞ!

「自衛隊観艦式2019」は、2019年10月14日に本番が実施されることが決定しました。

この時期は、ラグビーW杯開催中の時期にも重なります。

観艦式の翌週10月22日には、「即位礼正殿の儀」が行われます。

大きなイベントが重なる中、韓国は出てこれるかな?

観艦式にドタバタ参加もありうる?

可能性として、観艦式に「韓国海軍」がドタバタで参加して来る可能性もゼロではありません。

政治的な決着がある程度付くことによって、参加する可能性もあります。

2016年に「朴政権」が、問題発覚から2カ月で「大統領弾劾」で失脚した実例があります。

韓国世論の中にも、日韓関係の悪化を危ぶむ声が大きくなっています。

もしかすると、一気に情勢反転ということもあり得ます。

図3 観艦式に韓国艦が並ぶか?
海上自衛隊.観艦式,2019,韓国,中国,米国,南シナ海,プレゼンス,踏み絵,世界情勢
引用URL:https://www.mod.go.jp/msdf/formal/kankan/2015/images/event/ph_taiken.jpg

ますます見逃せない韓国情勢!

韓国の「文在寅政権」は、3年目に突入しました。

現状では、任期(5年)を全うすることができるか怪しい状況になっています。

日米中から「踏み絵」を迫られた、韓国の情勢は今後も注目です!

こちらもご覧ください

【中国】観艦式に登場する装備に注目だ!

2019.04.16

【韓国レーダー照射】彼らは「ルビコン川」を渡ってしまった。

2018.12.22

【半島情勢】韓国も「弾道ミサイル」を破棄してみては?

2018.06.19

【韓国】新政権との日韓関係の停滞・紛争の可能性は!

2017.05.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク