【北朝鮮】発射実験を行った「新戦術兵器」とは何か?

自衛隊,北朝鮮,戦術兵器,発射,実験,ミサイル,違い,何か,誘導兵器,対戦車兵器,予想

スポンサーリンク

『ミサイルでなく新戦術兵器の発射実験?』

2019年4月18日に、北朝鮮が「新型戦術兵器」の発射実験を行ったと発表しました。

予測されていた「ミサイル」の発射ではないけど、視察するほどの発射実験です。

いったいなんの「発射実験」だったのか、憶測を読んでいます。

そんな「新戦術兵器」について情報整理!

関連記事

【北朝鮮】再びミサイル発射となりうるか?!

2019.04.03

「新戦術兵器」をめぐる報道を整理する!

北朝鮮の「新戦術兵器」の発射実験は、実物写真が公開されていません。

図1 視察中のキム委員長
自衛隊,北朝鮮,戦術兵器,発射,実験,ミサイル,違い,何か,誘導兵器,対戦車兵器,予想
引用URL:https://img0.yna.co.kr/photo/yna/YH/2019/04/17/PYH2019041722810004200_P4.jpg

そのため、「ロケット」やら「SRBM」やら多くの推測報道があります。

まずは、今回の報道に関連した各国の「探知情報」を整理してみましょう。

ミサイル探知衛星・レーダーは捕捉していない。

報道によると、弾道ミサイル探知を行う衛星やレーダーにて探知をしていないとの報道があります。

「弾道ミサイル」や「長距離ロケット」であれば、探知できるはずです。

図2 熱でミサイルを探知するDSP衛星
自衛隊,北朝鮮,戦術兵器,発射,実験,ミサイル,違い,何か,誘導兵器,対戦車兵器,予想
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/DSP衛星#/media/File:DSP_Phase3.jpg

今回、DSP衛星での「探知情報」が無かったことから、「長距離ミサイル」の可能性は消えます。

電子情報なども探知していない。

米国は、RC-135S「コブラボール」情報収集機を、韓国から飛行させていました。

スポンサーリンク

しかし、RC-135S「コブラボール」にて電子情報等が探知できたとの報道がありませんでした。

図3 RC-135S「コブラボール」
自衛隊,北朝鮮,戦術兵器,発射,実験,ミサイル,違い,何か,誘導兵器,対戦車兵器,予想
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/RC-135_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#/media/File:Boeing_RC-135S_(717-158),_USA_-_Air_Force_AN2082006.jpg

このことから、発信する「電子情報」が少ない「新戦術兵器」であった可能性があります。

「弾道ミサイル」「多連装ロケット」などの可能性はさらに低くなったといえます。

これらのことから、技術的側面を考え「新戦術兵器」の正体に迫ります!

技術的側面から推察する「新戦術兵器」!

北朝鮮の報道と、米国からの情報をすり合わせて、技術的な側面から考えてみます。

北報道:「誘導」「飛行」の言葉から推察

北朝鮮の報道では、「戦術誘導兵器」の言葉が登場しています。

その中で「特殊な飛行誘導方式と強力な弾頭」と語っています。

また「それぞれ異なる目標に対する様々な発射方式」との表記があります。

「発射方式」であり、「誘導」が可能な兵器との推察ができます。

熱源・電子データが探知できなかった

米国などの探知情報では「熱」「電子データー」での探知ができない状況でした。

「ロケット推進装置」ではない可能性が浮かび上がります。

また、電子データーは「車両等」からの電波発射が少ない兵器である可能性を示唆しています。

レーザー測距などが使用された可能性!

電波情報が少ないもので、誘導式となると「レーザー」が使用された可能性があります。

ここで、「発射式」で「誘導」「レーザー」使用として、北朝鮮がまだ保有していない「新兵器」の可能性として浮かぶものがあります。

戦車砲発射型の「対戦車ミサイル」か?!

北朝鮮がまだ保有していない「兵器類」として可能性が一番高いのが、「対戦車ミサイル」の可能性です!

陸軍の「誘導兵器」は、ほとんどない状況です。

ミサイル開発技術の転用として、陸上戦力の開発が行われた可能性があります。

「9K112コブラ」のコピーの実験では?

可能性として一番に挙げるのは「9K112コブラ」という対戦車ミサイルです。

図4 9K112コブラ対戦車ミサイル
自衛隊,北朝鮮,戦術兵器,発射,実験,ミサイル,違い,何か,誘導兵器,対戦車兵器,予想
引用URL:https://en.wikipedia.org/wiki/9K112_Kobra#/media/File:9%D0%9C112.jpg

戦車砲発射型の「対戦車ミサイル」は、北朝鮮は保有していないため「新戦術誘導兵器」の実験として、実施された可能性があります。

「暴風号Ⅱ」戦車に搭載して実験か?

発射元として「暴風号Ⅱ」(T-72ベース?)が使われている可能性があります。

図5 暴風号(新型の「暴風号Ⅱ」?)
自衛隊,北朝鮮,戦術兵器,発射,実験,ミサイル,違い,何か,誘導兵器,対戦車兵器,予想
引用URL:https://img.atwikiimg.com/www6.atwiki.jp/namacha/attach/223/1072/355.jpg

車両用電子機器類も進化している戦車ですので、「対戦車ミサイル」発射が可能なように改良された可能性があります。

イラン・ウクライナから技術流入か?

これまで開発できなかったものですが、イラン・ウクライナから技術流入した可能性も否定できません。

関連記事

【世界情勢】ウクライナからの軍事技術移転防止政策を!

2018.10.29

今後注目すべき対象でしょう!

こちらもご覧ください

【中国】観艦式に登場する装備に注目だ!

2019.04.16

【艦補処】艦船建造の「検査官」への道を知る!

2019.04.06

【海自】特殊部隊を作った男の「功と罪」を考える。

2019.03.27

【世界情勢】ロシアから最高機密の写真が流失?!

2018.10.10

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク