【艦補処】倉庫の棚卸はちゃんとしましょう!

海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国

スポンサーリンク

『ぎゃああ~!!MAP供与品というお化けが出た!』

海上自衛隊艦船補給処は「補給機関」ですので、物品の在庫保管を行っています。

業務の中で多くの物品を取り扱うため、定期的に「棚卸(たなおろし)」が必要です。

しかし、時たま発見されるのが「MAP供与品」という「お化け!」

在庫管理はしっかりしようねの日常業務!

関連記事

【艦補処】イスラエル製装備品輸入に関わり思うこと。

2019.03.12

さあ今日は「棚卸」の日だよ~!

「さあ今日は楽しい?棚卸の日だぜ~!不用品は殲滅だ!」

艦船補給処にて勤務していると、定期的に「棚卸」と呼ばれる行事が行われます。

ビジネスでの「棚卸」とはちょっと違うけど、艦補処業務に大切な作業です。

この日のために、艦補処各部門から何人も動員されます。

特に装備幹部は、副処長を筆頭にベテランから若いのまで動員されます。

倉庫整理とはちょっと違う「棚卸」!

「棚卸」は、倉庫整理のように思われますがちょっと違います。

引用:ブリタニカ国際大百科事典
棚卸とは,商品を棚からおろしてその数量を実地調査し,品質を吟味し,
その価額を評定すること。

倉庫に収納されている物品について、実際に数量があるか、品質が保たれているかを調査します。

また、不用品(装備品が退役済)を確認して、「廃棄」の手続きをしたりします。

図1 棚卸の風景
海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国
引用URL:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%AB%98%E6%B9%BE-%E5%9C%A8%E5%BA%AB%E3%81%82%E3%82%8A-%E7%AF%84%E5%9B%B2-408222/

意外と調査が必要!

倉庫の棚卸については、意外と調査が必要です。

海上自衛隊の物品管理については、

  • 「S/N](ストックナンバー)
  • 「部品番号」(パーツナンバー)

の両方で管理がされています。

「S/N」(ストックナンバー)だけで判断すると、意外と見落としがちになります。

実際に「部品番号」を確認して、実際に使用しているか確認する必要があります。

たまに全く違う物品が紛れ込んでる場合も!

補給機関の倉庫には、たまに予想もしない物品が紛れ込んでる場合があります。

予定外の物品が、何かの違いで収納されたということが多々あります。

装備畑の人間が「棚卸」に参加するのは、部品を判定するためでもあります。

スポンサーリンク

ぎゃあ~!MAP供与品が出たー!!

いざ艦補処の「棚卸」を始めると、いろんなことが起き始めます。

そして、ついに恐れていた「MAP供与品」を発見してしまいます!

倉庫内でミサイル発見!?

棚卸作業を始めてしばらくしたころ、別の場所で作業中の班がなんだか騒がしくなりました。

『ミサイルのような物品がある!?』

はあ?!艦補処にミサイル?なんじゃそりゃ!?

艦船補給処では、「弾薬系」の物品を取り扱っていないのですが・・

図2 ミサイル?
海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国
引用URL:https://1.bp.blogspot.com/-ek4GFLTYVSU/VhHgVzPpWAI/AAAAAAAAy60/X6HvSWhqFvc/s800/war_missile_character.png

とりあえず、ミサイル関係を扱う武器課の装備幹部が調査してみます。

結局判明したのは、

『FCS-3実用試験に使用した空中標的の試験体』

でした。(試験は終了したため、不用品として艦補処倉庫に眠っていた。)

とりあえず、こいつは「不用品決定委員会」で保管か廃棄か審査することに・・・

そんな中、妙なエンジン部品を見つけます。

でた~!MAP供与品だ~!

今度はなんだか古いディーゼルエンジン部品が出てきました。

図3 古いデイーゼルエンジン(イメージ)
海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国
引用URL:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Diesel_engines?uselang=ja#/media/File:Silnik_t_370.jpg

なんだか古いデイーゼルエンジン部品が出てきました。

「S/N」を見ても、ほとんど情報のない物品であり「艦艇用エンジン」というぐらいしか書いていません。

よーく調べて、部品番号やら部品形状から調査をしていくと艦艇名がありました。

『護衛艦 はつひ(DE-263)』
(1975年に海上自衛隊から退役:米国に返還)

アホー!とっくに退役した護衛艦じゃねーか(怒)!

さらに調べていくと、『MAP供与品対象物品』であることが判明!

『ぎゃ~!MAP供与品じゃねーか!!なんで返還してない(怒)!』

MAP供与品
「日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定」に基づいて、アメリカから無償供与された装備・物品を指す。
使用しなくなった場合、米国に返還する規定がある。
最近では、FMSに切り替えられている。

まさかの「MAP供与品」を発見してしまいました。

MAP供与品の返還は今も続く!

米国から供与された「MAP供与品」については、米国で今もしっかり記録が残っています。

そのため、MAP供与品は返還するのが「原則」となっています。

最近では、フィリピン軍が供与を受けていた「M1ライフル」の返還が話題になりました。

図4 返還されるM1ライフル
海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/b1-bshef-G8/hqdefault.jpg

MAP供与品のうち、銃や兵器といった武器については返還が原則ですが、例外があります。

それは「返還へのコストが莫大になる物品」です。

返還に掛けるコストに見合うだけのメリットがない場合「現地処分」となることがあります。

一応、海幕を通じて米国側と交渉して、「返還か現地処分」を決定することになります。

倉庫棚卸終了!MAP供与品はこっちで処分だよ!

MAP供与品を発見した、倉庫の「棚卸」は無事に終了いたしました。

不要物品の処分・整頓した棚に新たな物品を納入していきます。

図5 新たに納入!
海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国

倉庫に物を格納するときは、ちゃんと情報を書いていきましょう!

MAP供与品の行方は?

発見した「MAP供与品」については、正規の手続きにより海幕への報告となりました。

併せて、艦船補給処の米軍側窓口になる「FISC(米海軍補給センター)」と交渉です。

図6 FISC(米海軍補給センター)
海上自衛隊,艦船補給処,業務,物品管理,倉庫,棚卸,FMS,MAP,供与品,米国
引用URL:http://www.milart.com/mm5/graphics/00000001/navy_fisc-yokosuka_n1952.png

艦補処
『あの~、米国MAP供与品のエンジン部品見つけたけどどうする?』
FISC
『どんなのや?今は使ってないボロやんけ!そっちで処分してええで!』

結局米海軍側から「いらない!」ということで「現地処分」ということになりました。
(書類上では「返還」したということになります。)

艦補処という「補給機関」では、時折このような業務があります。

物品管理は大切に行いましょう!

こちらもご覧ください

【艦補処】イージス艦機密情報漏洩事件の手記

2019.02.14

【艦補処】武器の修理や調達は「いろいろ」面倒だ!

2019.01.19

【艦補処】自衛艦隊司令部後方幕僚に派遣!(その1)

2018.10.13

【艦補処】恐怖の会計検査院「実地検査」が来た!

2018.09.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 更新お疲れ様です
    はつひのエンジンパーツとかネタの時期的にフィリピン海軍が欲しがりそうなパーツが……(元フィリピン海軍旗艦、ラジャ・フマボン
    もといあさひ型護衛艦はつひもといキャノン級アザートンは2018年3月15日退役、70年以上お疲れさまでした。

    陸の方でもこの手の供与品だかの奴はかなり厄ネタらしく、平成に入ってもM3ハーフトラックやM24軽戦車が補給処敷地内に転がってたのが目撃情報あったとかなかったとか……
    空の方でも古くなってきたF15の初期ロット機体(いわゆるPre機体)を米軍に売るとか話題になってますね

    • ROKETTOさん、コメントありがとうございます。
      MAP品は結構あちこちに転がっていると聞いています。
      F-15の初期機体売却となると、F-104以来のことになりますね~。

  • ROKETTO にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>