【艦補処】ついに組織改編で「兼務発令を解く」が来たよ!

海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,補給本部,業務,賞詞,勲章,組織改編,転勤,帽振れ,給料

スポンサーリンク

『ついに新組織発足に伴い、兼務発令が解除!』

艦船補給処での勤務で続いていた「兼務発令」について、ついに解除となりました!

補給本部への「組織移転」の準備が完了して、ついに移転の日!

システム移行を完成させた仲間とお別れと、賞詞伝達となります。

そんな、組織改編と賞詞・転勤などのお話!

関連記事

【艦発隊】転勤の内示が来たよ~ってどこに行くんじゃあ?!

2018.08.17

ついに補給本部にシステム移行完了!

艦船補給処に着任してから、「補給本部勤務」の「兼務」をしていたペンギンです。

ついに、補給本務への「システム移行」が完了することになりました!

関連記事

【艦補処】システム換装で西に東に出張だ!

2019.01.11

【艦補処】内局の「人さらい」勧誘がキタ――(゚∀゚)――!!

2018.09.23

着任から1年近く、武器部と計画部の兼務を続けて、各所に出張することが続きました。

今後「システム管理」は、補給本部に「組織改編」された部署で行うことになります。

システム移行成功!

「後方システム」移行の集大成は、艦補処管理システムの通信を補給本部に変更したことです。

システム稼働日には、補本・艦補処・艦艇部隊・地方隊と協同で試験を実施しました。

図1 システム換装に向けて!
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,補給本部,業務,賞詞,勲章,組織改編,転勤,帽振れ,給料
引用URL:https://pixabay.com/photos/network-server-system-2402637

何とか努力が実り、無事システム移行に成功しました。

この後は、組織のお引越しです!

転勤・転出・残留組に分かれる!

補給本部に移転する「課」については、艦補処からそのまま異動する者は3分の1です。

システム基幹要員は、ほぼ全員「補給本部」に転勤となります。

課長と「システム担当班長」も、補給本部に転勤となりました。

また3分の1が「別部隊に転出」となります。

班長の一人は、元居た「内局」に「防衛部員」となって転出します。

その他、勤務期間が長かったものが「他部隊に転出」となりました。

班長の一人は、そのまま「艦補処」に残留して組織改編後に発足予定の「班長」になります。

スポンサーリンク

私「ペンギン」も「補給本部勤務」の「兼務」を外れて、艦補処に残ります。

残留組は「残務整理」として、円滑な業務移行を支えることになります。
(データ転送や、艦補処内部規則改定などいろいろな残務がある)

自分のいた「職場」がなくなるという、なんとも不思議な経験でした。

「賞詞あげるよ~ん!」

組織改編・移動準備の最中に課長から

『今回頑張ったので、「ペンギン」にも賞詞が出るよ~』

とのお言葉がありました。

『いやっほ~!!頑張ったかいがあったぜええ!』

組織改編に伴う転出行事の時に、転出者と合わせて「5級賞詞」がもらえることになりました。

大抵は転勤の時に賞詞がくるのですが、今回は組織改編ということで貰えるとのこと!

賞詞伝達だ!転出者紹介行事だ!

いよいよ正式に組織改編に伴う「転出者紹介」が行われる日となりました。

この日に合わせて「賞詞伝達」も行われます。

「ペンギン」も久々に「通常礼装(白手袋着用)」となります。

図2 賞詞伝達の風景
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,補給本部,業務,賞詞,勲章,組織改編,転勤,帽振れ,給料
引用URL:http://www.mod.go.jp/pco/sizuoka/chihon1/29/soumu/7soumu02-2.jpg

賞詞にまつわる豆知識?!

自衛隊では「賞詞・賞状」を受けると、「防衛記念章」を着用することができます。

図3 防衛記念賞(例:5級賞詞)
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,補給本部,業務,賞詞,勲章,組織改編,転勤,帽振れ,給料
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/hatinohe/images/fashion/classchapter/defensecommemoration/defensecommemoration-img14.jpg

賞詞に関する豆知識?!

『新しい賞詞が伝達されるとき、当該「防衛記念賞」はいつから着用するか?』

結構細かく意外と知られていない知識の答えは、

『賞詞伝達時には、新しい「防衛記念賞」も着用している』

です!

正確には、「当該賞詞伝達日の午前0時から着用できる」となります。

人事担当の方から、結構細かい話を聞くと意外と面白いことが分かります。

賞詞のオマケで給料アップ?!

賞詞が伝達されると、オマケでついてくるのが給料アップです。

すぐに給料(号俸)が上がるわけではありませんが、その年の「賞与(ボーナス)」がちょっと上がります。

賞詞のメリットの一つですね。

また「特別昇給」の対象になりやすくなるメリットもあります。
(私の場合、翌年の定期昇給に合わせて「特別昇給」が来ました!)

ちょっと珍しい「勲章持ち」の自衛官

賞詞は、外国軍でいう「勲章」には該当しません。

そのため、基本的には自衛官に「勲章」は授与されていません。
しかしたまに「勲章授受」を受けた自衛官がいます。

一例だと幹部候補生学校卒業時に「チリ共和国海軍勲章」を授与されるものが、同期で1名だけ存在します。

図4 チリ共和国海軍勲章授与者
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,補給本部,業務,賞詞,勲章,組織改編,転勤,帽振れ,給料
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/mocs/mocs/news/news/event/sub49/img/06.jpg

そのほか、外国からの勲章授与者がたまにいます。

艦補処副処長がなんか変わった「勲章」をつけてるな~?と思ったことがありました。

後で聞くと「ペルシャ湾派遣の時の勲章」と聞いてびっくりしたことがありました。

帽振れ~!そして「兼務発令を解く」

転出者の紹介も終わり、ついに転出者を送る「帽振れ」の時となりました。

陸上部隊でも、海上自衛隊の慣習「帽振れ」は行われます。

図5 陸上部隊での「帽ふれ」
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,補給本部,業務,賞詞,勲章,組織改編,転勤,帽振れ,給料
引用URL:https://scontent-dfw5-1.cdninstagram.com/vp/b0d3c983607703f1974b37a1a245d250/5D076638/t51.2885-15/e35/40093913_275321749747406_8108997314061869197_n.jpg?_nc_ht=scontent-dfw5-1.cdninstagram.com&se=8&ig_cache_key=MTg2Mzg1MzExNjcyODc5MDk1OA%3D%3D.2

そういえば、私「ペンギン」の「兼務発令」解除はどうなったんだろう?

一応「人事電報」にて「補給本部勤務を解く」という発令が出ています。

改めて「武器部長」に「人事申告」!

私のような「兼務発令」が解かれた場合、「主たる勤務部署」で「人事申告」となります。

艦補処着任と同じく、「武器部長」に「兼務発令解除」の報告となります。

ここでようやく「兼務発令」が解かれることになりました。

自衛隊勤務の中で早々ないであろう「兼務」を体験できました。

『まあ、もうこんな摩訶不思議な人事を経験することは早々ないだろう!』

武器部長から、労いの言葉が掛けられ改めて「武器部勤務」となりました。
(その後、まさかもっと変な人事を体験するとは・・・)

自衛官としての勤務も、いろいろ摩訶不思議だぜぇ~!

こちらもご覧ください

【艦補処】イージス艦機密情報漏洩事件の手記

2019.02.14

【艦補処】武器の修理や調達は「いろいろ」面倒だ!

2019.01.19

【艦補処】自衛艦隊司令部後方幕僚に派遣!(その1)

2018.10.13

【艦補処】恐怖の会計検査院「実地検査」が来た!

2018.09.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク