【韓国】あえて「観艦式2019」に招待状を送ろう!

海上自衛隊,韓国,観艦式,2019,レーダー照射事件,脅威飛行,ADMM,プラス,CUSE,海軍,国際慣習

スポンサーリンク

『軍艦は外交に使える最良のアセット(資産)である』

海上自衛隊の「観艦式2019」が、10月ごろに予定されています。

レーダー照射事件などで、韓国とのゴタゴタが続き「招待するな!」の声が出ています。

しかし、あえて「韓国を大歓迎で観艦式へ招待」すべきでしょう。

海軍の作法に基づく、外交と海軍の関係についてのお話!

関連記事

【韓国レーダー照射】「電波要表」という秘密文書がある。

2019.01.05

【韓国レーダー照射】技術的視点から首謀者を推測する。

2018.12.28

【韓国レーダー照射】彼らは「ルビコン川」を渡ってしまった。

2018.12.22

ADMM専門家会合はどうなることやら・・・

2018年12月20日に、韓国海軍艦艇から火器管制レーダー照射事案が発生いたしました。

日韓協議は泥沼化して「実務者会議」打ち切りとなりました。

その後韓国側から「日本P-3Cによる『脅威飛行』」などの、論点すり替えなどが発生しています。

図1 脅威飛行の証拠とされた写真
海上自衛隊,韓国,観艦式,2019,レーダー照射事件,脅威飛行,ADMM,プラス,CUSE,海軍,国際慣習
引用URL:https://capturelife1.net/wp-content/uploads/2019/01/20190124-00010011-fnnprimev-000-1-view.jpg

まあ、日韓関係がこれほどゴタゴタする状況は久しぶりです。
(2013年「竹島」上陸や、2006年海保による海洋調査での緊張など)

そんな中、韓国が主張する「脅威飛行を問題提起する」と息巻く国際会議が開かれます。

ADMM-Plus専門家による会議(2019年2月21~22日)

韓国は、日本の「脅威飛行」を国際会議にて問題提起する考えの模様です。

ちょうど、2019年2月21日~22日にその会議が「韓国プサン」で行われます。

会議はADMMプラス(拡大ASEAN国防相会議)呼ばれる会議の専門部会です。

「ADMM-Plus Experts’ Working Group on Maritime Security Final Planning Conference 」
(和訳:ADMM-Plus専門家による海上警備最終計画会議に関するワーキンググループ )

スポンサーリンク

図2 ADMMプラスの「海上保安」専門家会合(2015年)
海上自衛隊,韓国,観艦式,2019,レーダー照射事件,脅威飛行,ADMM,プラス,CUSE,海軍,国際慣習
引用URL:http://www.mindef.gov.bn/News_Images/2015/Februari/030215%20ADMM%20plus%20IPC/ZAI_1564.JPG

本会議で、韓国側は日本が「CUSE」違反をしていると提起して、各国の理解と日本への非難材料としたいようです。

しかし、そんなにうまくいくかな~?

この専門家会議のニュースが取り上げられなかったら、韓国の主張が一蹴されたということになるでしょう。

高級事務レベル級会議(ADSOM)が4月にある。

ADMMプラスでは、いろんな会議が多く存在します。

次の大きなイベントでは「ADSOM(高級事務レベル会議)」が存在します。

慣例として、大きなイベント招待などはここで各国と行われます。

日韓の、非難合戦の応酬になるか、各国から「手打ち」要求となるか?!

観艦式2019に韓国海軍を招待しましょう。

今年(2019年)には、海上自衛隊が行う「観艦式2019」が予定されています。

2018年の韓国国際観艦式ではいろいろドタバタがありました。

図3 「師」の旗を掲げる韓国
海上自衛隊,韓国,観艦式,2019,レーダー照射事件,脅威飛行,ADMM,プラス,CUSE,海軍,国際慣習
引用URL:https://kenkan.site/wp-content/uploads/2018/10/fn1310ming01.jpg

海上自衛隊は、参加を見合わせましたが「招待」は受けておりました。

そのため、「観艦式2019」に「韓国」を「大歓迎」で招待いたしましょう!

誤解のないように補足すると・・・

去年からのドタバタを考えると、

『韓国海軍なんて招待するな!』『韓国海軍を入港禁止にしろ!』

と叫ぶ人が多くいるかと思います。

しかし誤解のないように補足すると「観艦式」は「外交カード」でもあるのです。

『武器をもって相手国に入っても、平和的に歓迎されるのは海軍艦艇だけ』

国際上の慣習で、武器を持ったまま相手国に行けるのは海軍だけです。

陸軍が同じことをすると「侵略」になります。

「貴国とは揉めてないよねえ(・∀・)ニヤニヤ?」

国際的に「招待を受けたら招待を返す」のが「海軍の作法」です。

中世から、海軍は国際慣習と密接に関係しています。

軍艦の「相互訪問」などは、「外交」の重要な手法であり「貴国とは友好関係ですよ」と示す機会です。

「練習艦隊」の外洋練習航海で、寄港地を決めるときに「外務省」が「この国に寄港できませんか?」とよく相談していいるのは、「外交」の道具として、軍艦が現在でも有効なのです。

日本側から「観艦式に招待しない」という「カード」を切ることは悪手です。

逆に、「招待を受けたけどど参加なんてできるか!」と韓国側に「悪手」を取らせるチャンスです。

2015年には来たよね?

前回の観艦式(2015年)には、韓国海軍が13年ぶりに参加しました。

図4 横須賀に入った「大祚栄(KDX-Ⅱ)」
海上自衛隊,韓国,観艦式,2019,レーダー照射事件,脅威飛行,ADMM,プラス,CUSE,海軍,国際慣習
引用URL:https://img5.yna.co.kr/photo/yna/YH/2015/10/16/PYH2015101601850088200_P4.jpg

2013年に日韓関係が緊張した後でも、「海軍」の作法は通常通り行われました。

それだけ「観艦式の参加」「軍艦の相互訪問」は、外交上の「カード」として機能します。

何か含みがなければ、普通に入港できるはずです。

政府同士がいくら「いがみ合い状態」でも、普通に「海軍の作法」を行うのが国際慣習です。

日本側から何も注文を付ける必要はなく、ただ『国際慣習通りにお願いします。』と言えばよいのです。

海軍の作法を理解していない韓国国防部

今回、レーダー照射事件が拡大泥沼化したのには「韓国国防部」の思考に原因があると考えています。

特に韓国は「陸軍国」と言える国です。

「陸軍国」の国では、「国防省」なども「陸軍的思考」が強いところが多いものです。
(江田島で一緒だった「タイ海軍」の留学生の話から)

「海軍の作法」は、「陸軍」の人間に理解されない所が多くあります。
(日本も、旧海軍・旧陸軍の先例があります)

そんな「陸軍的思考」になっている「韓国国防部」に、ちょうどよい機会です。

『海軍の作法に従い、観艦式2019にご招待しますよ~♪』

あえて「観艦式」と言う「劇薬入りボール」を投げ返す機会でしょう!

韓国側の反応次第で、今後の日韓関係がはっきりします。

どうなるかが見ものです。

こちらもご覧ください

【艦補処】イージス艦機密情報漏洩事件の手記

2019.02.14

【ロシア】幻の「T-95戦車」スクープ写真流出か?!

2019.02.10

【海上自衛隊】空母化は2022年「かが」から開始か?!

2019.02.06

【艦補処】武器の修理や調達は「いろいろ」面倒だ!

2019.01.19

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


5 件のコメント

  • ペンギンさん、初めまして。倉松と申します。
    実は、数年前からWeb小説を書いておりまして、昨年、偶然にも海上自衛隊をベースにしたお話を書くことになりました。
    その下調べの際に、初めて「海軍の平時の第一義的任務は、外交と広報」であると知り、驚きと共に、ちょっと感動いたしました。
    今年の観艦式、私も参加してみたいですが、たぶん当たらないだろうなぁ。
    でも、おっしゃる通り、海軍同士らしく韓国とも立派に平時の第一義的任務を遂行して頂きたいですね。

    • 倉松さん、初めまして、コメントありがとうございます。
      意外と知られていない「海軍の平時の第一義的任務は、外交と広報」ということを知っていただいて幸いです。
      また、わたくしのブログが小説づくりの参考になれば幸いです。

  • 当然呼ぶべきでしょう、何の注文も付けずにね、海軍は政治とは別に国際ルールが有り、此れは古い慣習法です、まさか海自は呼ばない積りは無いでしょう、戦前の海軍だって米英海軍とはちゃんと交流は有ったんですから、お互いに仮想敵では有りましたが、今回 いずも が韓国派遣を中止にしたらしいですが、それは自衛艦が行くとあちら様が興奮されるからですね、今回の中止は当然と考えます、此方は平静に行こうじゃありませんか。

    • すーさん、コメントありがとうございます。
      とうとう、「観艦式2019」の招待の報道が出てきました。
      現時点では、韓国海軍の招待は「政治の要求」でストップがかかったようです。
      (中国海軍には招待状を送ったようです。)
      とりあえずは、3.1を過ぎてから「招待」という感じでしょうかね?

  • 色々な意見がありますが、私は招待すべきでない、と思います。
     ブログ主様が書かれている慣習、常識が通用する相手でしたら、招待するという手もありですが、旭日旗、レーダ照射などを見ても常識が通用する相手ではないように見えます。旭日旗も10年ほど前は問題にもしていなかったのが、最近になって「戦犯旗」などと言い出している。
     ここで招待したら、「レーダ照射は無かったことになった、威嚇飛行に対する謝罪だ」と受け取ってヌケヌケと参加してくると思います。ここは「我々は怒っている」ということをちゃんと示してやった方がいいかと思います。

  • ペンギン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>