【海上自衛隊】空母化は2022年「かが」から開始か?!

海上自衛隊,空母,いずも,空母化,改修計画,いつ,多用途護衛艦,かが,大綱,中期防

スポンサーリンク

『空母化が決まってもすぐに着工じゃないよ!』

防衛大綱と中期防が新たに決定され、護衛艦「いずも」の空母化が決まりました。

しかし、今すぐ空母化改修工事が始まるわけではありません。

ならば、「空母改修」はいつ始まるのでしょう?

可能性として、2022年に護衛艦「かが」が先に空母改修される可能性があります。

今回は、空母化はいつ?「かが」が先に改修されるかもというお話!

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

2017.04.25

【海上自衛隊】空母と言われる新型艦の実力!鳳翔・出雲を目指せる?

2015.10.21

「空母改修」が明記された中期防!

今回制定された『中期防』中期防衛力整備計画(平成 31 年度~平成 35 年度))に、「いずも型」護衛艦の改修が明記されました。(2019年~2023年までの5年間)

この中で

『STOVL機の運用が可能となる多機能護衛艦』

として、いずも型護衛艦の事実上の「空母化」が明記されました。

図1 「いずも型」護衛艦
海上自衛隊,空母,いずも,空母化,改修計画,いつ,多用途護衛艦,かが,大綱,中期防
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/ddh/izumo/#183-1

しかし、明記されたからすぐ「いずも」が空母化されるわけではありません。

中期防は「水もの」!

中期防(中期防衛力整備計画)は、内部では「水もの」と呼ばれています。

理由として、

『記載されたからと言って、必ず達成されるとは限らないから』

という内情があります。

知っている限りでは、中期防の計画が全て達成されたことは冷戦以降ほとんどありません。

大抵なんらかの装備品などが見送りになります。

また、中期防3年目(今度は2021年)に『見直し』が行われます。

ここで装備品・計画が削除されることもしばしばあります。

「いずも」が2019~2020に第1回定期検査入り!

もう一つ「いずも」空母化がすぐに行われない理由があります。

スポンサーリンク

2019年度に、「いずも」が第1回定期検査・修理の予定です。(2015年3月に就役)

新型護衛艦の第1回定期検査は、特に重要視される検査です。

装備品の不具合・運用上の問題点と改修、修理方法の確立でかなり大変です。

はっきり言って「空母」改修工事をしてる暇がありません。

図2 呉で入渠中の「かが」

さらに、平成31年度予算にて「改修の調査研究」が計上されています。

この「調査研究」の成果が出てから、「空母化」の予算が計上されます。

F35Bの導入状況

中期防で「F35B」を18機導入するとなっています。

図3 F35B(行ってきま~す(^^)/)
海上自衛隊,空母,いずも,空母化,改修計画,いつ,多用途護衛艦,かが,大綱,中期防
引用URL:http://navalaviationnews.navylive.dodlive.mil/files/2017/02/161119-M-MS007-067_edit.jpg

F35Bの導入状況や、訓練・運用方法の確立などに時間を要するでしょう。

すぐにF35Bは導入されないため、中期防の中頃ぐらいまで「改修」は始まらないでしょう。

では、いつになったら開始されるのか?

2022年「かが」定期検査時に「空母化」か?!

いくつかの要素を考慮すると、

①2021年度に、「中期防見直し」を実施
②2022年度に、護衛艦「かが」の「空母化」改修を実施

というのが、現実的な路線でしょう。

予算の問題から・・・

現実的な問題として、中期防の予算の大枠は決められています。
(5年間で約25兆5000億円)

この枠内で、「イージスアショア」などの高額装備の調達も行います。

何とか「イージスアショア」建設の終盤にならないと、予算が付きにくい状況です。

護衛艦「かが」第1回定期検査に間に合う

2022年ごろには、護衛艦「かが」の第1回定期検査の時期です。
(「かが」は2017年3月就役、5年ごとに定期検査)

護衛艦「いずも」定期検査のノウハウを生かして、必要な検査修理手順が確立しています。

この時期までには、「空母化」に必要な改修技術・装備の準備が整います。

F35Bの導入状況も確立して、「多用途護衛艦」として登場しやすくなります。

予算と定期検査の状況から、2022年「かが」から「空母化」が現実的です。

政治的要求から早まることも・・・

ここまで、「いずも型」護衛艦の空母化が「いつ」になるか探ってみました。

これまでの通例から想定すると、

『2022年に護衛艦「かが」定期検査に併せて改修』

となるのが現実的です。

しかし、「政治の要求」により一気に改修が早まる可能性もあります。

イージス艦BMD化は異例のハイペース!

現在では当たり前のように感じている「イージス艦のBMD」ですが、「政治の要求」により、検査時期を変更して「特別改修」が行われました。

2003(平成15)年12月「弾道ミサイル防衛システムの整備等について」(閣議決定)
URL:https://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2003/1219seibi.html

この決定により、翌年の2004年(平成16年)から急遽「イージス艦のBMD化」が行われました。

当時の現場は、急遽決定されて予定装備品導入が変更などバタついていました。

図3 イージス艦BMD
海上自衛隊,空母,いずも,空母化,改修計画,いつ,多用途護衛艦,かが,大綱,中期防
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ad/US_Navy_101029-N-XXXXX-004_An_SM-3_%28Block_1A%29_missile_is_launched_from_the_Japan_Maritime_Self-Defense_Force_destroyer_JS_Kirishima_%28DD_174%29%2C_succe.jpg

「政治の要求」によって、急遽「いずも型」の「空母化」改修が早まる可能性もあります。

補正予算による改修費用計上の裏技!

可能性として大きいのは、「補正予算」にて「空母化」改修予算が計上されることです。

通常、「本予算」だと財務省の「査定」が通過しにくい物が認められやすい傾向にあります。

平成29年度補正予算で、ちゃっかり「PAC-3MSEミサイル」を調達した事例があります。

本予算の組み換えで「空母化」改修予算の計上ということもあるかも!

今後、「いずも型」の空母化改修工事がいつになるか?注目するべきところになるでしょう!

こちらもご覧ください

【韓国レーダー照射】技術的視点から首謀者を推測する。

2018.12.28

【防衛省】油槽船(仮称)が概算要求項目に登場したよ!

2018.09.01

【海上自衛隊】いずも型を『空母に改修』ていうけどさあ~

2018.02.04

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク