【軍事技術】軍艦の亀甲縛り!で行う船体消磁!

海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,

スポンサーリンク

『いやぁ~、そんなに縛らないで~』

いきなり変なことを言いだしてすみません。しかし「船体消磁」は緊縛DA!

軍艦等の船体に発生する「磁気」を消す技術に、消磁というものがあります。

海上自衛隊でも、消磁施設などがあり、消磁中の姿はなかなか変なものです。

今回は、地味だけど大切な「船体消磁気」のお話!

船体消磁とはナニをする?どうして必要なの?

「船体消磁」といっても、ピンとこない方も多いかと思います。

地味な技術なので、あまり注目されませんが、潜水艦にとっては生きるか死ぬかの大問題の技術です。

軍艦にとって一番怖い「磁気反応機雷」に対抗する手段でもあります。

船体の磁気を消す「船体消磁気」!

軍艦等(潜水艦)は、たいてい「鋼鉄」で建造されています。

鋼鉄は「磁性体」の金属であるため、地球の地磁気の影響を受けて磁力が発生します。

しかし、船体の磁気を検知して「機雷」に反応したり、潜水艦が哨戒機から発見されたりします。

この発見を少しでも低減しようというのが「船体消磁」です。

横須賀港クルーズ船では、ときおりこんな風景に出くわします。

図1 消磁中の護衛艦
海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,
引用URL:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Deperming?uselang=ja#/media/File:JS_Sawagiri_(DD-157)_-_Deperming.jpg

船体になんだかケーブルのようなものが巻き付けられています。

まるで

『護衛艦の亀甲縛りや~!』

そんな冗談が飛び出しそうです。

実はこの時に「船体消磁」が実施されています。

スポンサーリンク

ビオ・サバールの法則と磁気方向

船体消磁を語るとき、どうしても言及するのが「ビオ・サバ―ルの法則」です。

ビオ・サバ―ルの法則を簡単に言うと、

『電流を流した時に、その周りに発生する磁場を計算する法則』

です。

この法則を利用したのが「船体消磁」です。

船体消磁」では、巻きつけたケーブルに電流を流して、船体の磁気を消していきます。
(磁力がすべて消えるわけではない)

図2 ビオ・サバ―ルの法則
海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ビオ・サバールの法則#/media/File:Bios2.PNG

諸外国でも結構やってる「船体消磁」

船体消磁は、各国でも頻繁に行っているようです。

今回、その中で、いくつか目についたものをご紹介!

まるでSFみたいな米海軍潜水艦消磁施設!

一番面白いところといえば、米海軍の消磁施設です。

この中で潜水艦消磁施設は、SFチックな情景です。

図3 米海軍消磁施設
海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,
引用URL:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Deperming?uselang=ja#/media/File:USS_Jimmy_Carter_being_depermed_2.jpg

潜水艦の船体に直接巻きつけるのではなく、ループ化した施設を作っています。

これも結構豪快です。

ロシアは豪快に消磁するぜ!

ロシア海軍の艦艇も消磁をしっかりしています。

なかなか豪快なやり方になっています。

図4 ロシア海軍の消磁風景
海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,
引用URL:http://blog-imgs-85.fc2.com/r/y/b/rybachii/15-1028c.jpg

船体の上部構造物の高いところまで、ケーブルを巻き付けています。

中国海軍は専用設備を建築してるよ!

中国海軍は、今までの古い施設のほかに新施設を建造しています。

手間の掛かる船体消磁の効率化を図っているようです。

図5 中国海軍の消磁風景
海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,
引用URL:https://p1.ssl.cdn.btime.com/t011d55ad34459626bb.jpg?size=640×428

韓国海軍は船体消磁をやってない?

船体消磁のことについて、現職時代にちょっとした情報を聞いたことがあります。

『韓国海軍では、船体消磁に関してほとんどやっていない』

この情報の出所は、米海軍NAVSEAの消磁担当者から聞いた話です。

在韓米海軍の施設に、艦艇磁気測定装置があり、韓国海軍艦艇も通過します。

この時の「磁気数値」が、かなり高いという話を聞きました。

船体消磁は、「ニッチ」な技術でありあまり目立たないため、韓国海軍では建造時に消磁をする程度の「技術軽視」があるようです。

最近では、ようやく「消磁施設」建設への研究論文が出ているそうです。

図6 韓国船体消磁研究
海上自衛隊,軍事,技術,船体消磁,ケーブル,永久磁気,デパーミング,
引用URL:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSCBZb_DUERNRshcdZ3LaZHXknhRNModcBHlZeDSVfLlCo-fvPlNQ

よく考えると、韓国海軍艦艇で「船体消磁」の写真を見たことがありません。

「船体消磁気」は、目立たない存在ですが重要な技術ですよ~!

こちらもご覧ください

【艦補処】システム換装で西に東に出張だ!

2019.01.11

【韓国レーダー照射】技術的視点から首謀者を推測する。

2018.12.28

【世界情勢】ロシアから最高機密の写真が流失?!

2018.10.10

【イージスアショアとは】イージス艦増強のみでは多層化できない!

2018.08.01

【中国海軍】052D型駆逐艦の厨房から見えてくる技術思想!

2018.05.05

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク