【幕僚編⑩】敵水上艦撃滅!SSNの反撃!任務目標達成!

海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN

スポンサーリンク

『ようやく離島奪還作戦の目標達成!』

JTF再編成と再補給を経て、ついに当初目標の「離島奪還作戦」が実施されます。

残存する敵部隊を撃滅、陸自部隊を離島に逆上陸させる作戦ですが、最後まで戦闘が続きます。

防空戦、水上戦・対潜戦・支援砲撃何でもありの最終決戦です!

ついに作戦目標を達成するJTFの活躍に注目だ!

前回までの記事。

【幕僚編⑨】再補給・JTF再編成、離島奪還への作戦準備!

2018.12.05

残存敵水上艦を撃滅せよ!(第2段作戦)

JTFによる第1次対艦総攻撃の結果、敵水上艦部隊は7隻まで減少しました。
(残存敵水上艦:CV×1、DDG×2、DD×4)

かなりの敵戦力を削ることに成功しましたが、再度敵水上部隊が離島近くに再集結。

「離島奪還作戦」の為には、少なくとも敵水上艦部隊の壊滅が必要です。

戦果情報などを総合すると、いまだ長射程対艦ミサイルが残存とのこと。

我の対艦ミサイルよりも「長射程」であるのが厄介です。

味方潜水艦の追尾攻撃が振り切られる!

TF15(潜水艦)には、敵CVを含めた「敵TGα残存部隊」の追跡を実施させていました。

しかし「通常動力潜水艦」の泣き所である速力差により、振り切られる事態が発生!

苦し紛れに、「UGM-84」(潜水艦発射型対艦ミサイル)を発射しましたが迎撃されました。

図1  潜水艦からの対艦ミサイル発射
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/tYj913i_VdA/maxresdefault.jpg

(参考動画)

こういうときほど、SSNの航行性能がうらやましいです・・・

味方潜水艦は、作戦海域に時間内に間に合いそうにありません。

水上艦・航空部隊による第2次対艦攻撃!

敵水上艦部隊には、TF10(護衛艦部隊)と航空自衛隊のF-15、F-2(TF12)を使用していきます。

CTF-70から、F/A-18の防空カバーが入る共同作戦となります。

図2 米海軍戦闘機F/A-18
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/F/A-18E/F(航空機)#/media/File:Drawing_of_FA-18E_Super_Hornet_with_armaments_1997.png

しかし航空自衛隊F-2の対艦攻撃は、第1次攻撃より発射弾数が少なくなりました。

図3 航空自衛隊F-2
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/sentouki/F-2/images/gallery/photo01.jpg

スポンサーリンク

理由としては『即応弾数の不足!』

第1次対艦攻撃で、相当数の空対艦ミサイルを発射したのが原因です。

そのため、次弾をすぐに用意できないとの連絡です。

意外と思いますが、ミサイルはそんなに簡単に「使用状態」にはできません。

即応弾を使い切ると、予備弾薬が「即応弾化」するまで時間が掛かります。

とにかく、TF10と空自F-2(TF12)による「第2次対艦総攻撃」を行いました。

F-15は、残存CV艦載機に対する護衛機です。

CV大破!しかし敵艦数隻残存したあ?!

第2次対艦総攻撃は、弾数不足の中で決行!

その結果、

『敵CVにミサイル着弾!大破判定です!!』

何とか、敵主力CVの大破・その他数艦の撃沈に追い込みました!

しかし、敵防空能力の高さもあって数艦が残存する結果です。

こうなったら畳みかけるように連続攻撃の第3段作戦開始だ!

 

有視界水上戦!敵SSNの反撃!何でもありの決戦!

敵側の対艦ミサイルの反撃も、何とか電子戦(ESM)と防空戦により迎撃成功!

しかし、残存艦を排除しないと「離島奪還」の障害になります。

SF司令官よりついに決戦の命令が下令されます!

SF司令官
『TF10は突入して、水上戦にて敵残存艦を撃破せよ!』

ESMにて双方のミサイル戦が不調に終わり、ついに有視界水上戦に突入!

有視界水上砲撃戦にて敵水上艦撃破!

『ここはレイテ沖海戦か~!』

まさか現代戦において「有視界砲撃戦」になるとは思いませんでした。

しかし、高度な電子戦(ESM)の応酬の果てには、原始的な有視界砲撃戦が有効になります。

図4 砲撃戦
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:https://pbs.twimg.com/media/DoK5i-HV4AAHnEs.jpg

何とか残存艦の撃破に成功しました。

SSNの反撃!何としても見つけ出せ~!

水上艦を撃破したと思ったその時に!

『米軍CTF70、潜水艦から魚雷攻撃被弾!』

図5 魚雷攻撃を受ける駆逐艦
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/duDbl6oSPjM/hqdefault.jpg

取り逃がしていた「敵SSN」が、米海軍CTF70を攻撃する事態が発生!

CTF70と護衛艦が必死に対潜戦を実施します。

図6 対潜戦実施中
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/operation/cooperate/kaga-inazuma-suzutsuki/img/0913/1-06.jpg

しかし『探知できない!』

既に、「離島奪還作戦」も進んでいるので、対潜戦と並行して逆上陸準備を開始します。

 

掃海完了!陸自が上陸して目標達成!

離島奪還前には、「掃海」が必要です。

LCACや揚陸船を狙った「機雷」敷設に対し、徹底的に掃海部隊(TF14)が「掃海」します。

図7 機雷処分
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/sf/whatsnew/images/y320.jpg

後は陸自「Wair」(TG13.1)を上陸させれば、目標達成です。

「離島揚陸終了、(目標制圧完了)」

TF13の揚陸部隊から、陸自「Wair」(TG13.1)が出撃していきました。

揚陸後、しばらくしてSF司令部に

『Wair、離島揚陸完了。(目標制圧完了した)』

図8 揚陸完了
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF,司令部,JTF,後方幕僚,水上戦,防空,対潜戦,逆上陸,SSN
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/水陸機動団#/media/File:WAi-NS-3_(遊泳・上級上陸訓練)_R_教育訓練等_87.jpg

ようやく、JTFの作戦目標を完遂いたしました!

簡単にはいかない「離島奪還」

よく「自衛隊の能力であれば、敵を完全に封殺できる」という方がいます。

しかし、SF司令部で体験した「演習上の離島奪還作戦」ではそうはいかないことがよくわかりました。

今回、最後まで「敵SSN」を取り逃がす結果となりました。

その他、いろんな事象にて損害多発・弾薬不足による作戦変更などが発生しました。

補給面でも、弾薬不足・燃料不足その他もろもろが出てきます。

この体験を知っていただければ、

『思っているよりも、作戦行動は簡単にはいかないこと』

を感じていただければ幸いです。

さあ、後は「事後研究会」だ!

こちらもご覧ください

【雑記】胆振東部地震から三か月にて思うこと。

2018.12.09

【揚陸艦導入】陸自の要求を満たせる「みうら型」輸送艦!

2018.07.11

【海上自衛隊】いずも型を『空母に改修』ていうけどさあ~

2018.02.04

【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

2017.04.25

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク