【海上自衛隊】燃料なめてんじゃねーよ(激怒)!!

海上自衛隊,機関,燃料,違い,軽油,2号,ガスタービン,LM2500,F-76,ガソリン,Wair

スポンサーリンク

『絶望した!燃料に対する不人気に絶望した!!』

ペンギンは激怒した。燃料に対するあまりの不人気と存在感のなさに!

「燃料なんて、燃えりゃいいんだよ」と抜かす不逞の輩に鉄槌を下すべきと!

LM2500ガスタービンエンジンは、燃料を何でも入れてもいいわけじゃない!

防衛の世界で必要不可欠なのに、不人気の燃料に愛の手を!

関連記事。

【艦発隊】特別警備隊(SBU)に関与する研究について

2018.06.02

燃料を甘く見る奴は燃料に泣く!!

最近の情勢を見るに、「燃料」というものが甘く見られているのではないかと感じています。

『燃料なんて、燃えりゃ何でもいいじゃん!』

そんな言葉が、部内でさえありました。

しかし『燃料をなめんじゃねえ(激怒)!!!』

燃料といってもいろいろあるんじゃ~!ガソリンと軽油の違いだけでも、はっきり使い分けろ!

こんなに「ペンギン」が荒ぶるのには、過去の苦い経験があります。

「LM2500故障しました~!」

かつて、艦船補給処で勤務していた時に「護衛艦主機が1基起動不能!」の情報が入りました。

当直士官の時に情報が入り、各所への連絡・修理手配など大忙しでした。

図1 LM2500(護衛艦のエンジンの主流)
海上自衛隊,機関,燃料,違い,軽油,2号,ガスタービン,LM2500,F-76,ガソリン,Wair
引用URL:https://scontent-sjc3-1.cdninstagram.com/vp/0781ae6f6d5fa232235b0b59e273569c/5C29BEAC/t51.2885-15/e15/s320x320/40649353_479035932611041_187947379742957354_n.jpg

とりあえず、ひと段落したところで故障原因を聞いて激怒しました。

『軽油2号(艦艇用)の代わりに、JP-5で作動させたら故障した』

スポンサーリンク

うがああ(激怒)!!燃料なめんじゃねえ~!!

当時、海外で給油した艦艇用燃料に規定値以上の「水分」が入っていたそうです。

そのため、とりあえずの起動で「JP-5(航空用燃料)」を使ったとのこと。

一応、LM2500は「JP-5」でも動くけどさあ~。

いきなりほかの燃料で作動させると故障の原因になるんじゃ~(怒)!

 

SF後方幕僚部でも!

現在SF後方幕僚部での演習の記事を連載していますが、ここでも燃料に関するひと悶着が!

陸の人『あ~S-4、車両用燃料がちょっと不足してるんだ』
   『海自の軽油2号を車両に入れても、普通に動くよね?』

ペンギン『(故障するわボケえ!!)万全の作動は保証できませんよ?』

陸自で使用している「軽油」と、海自艦艇用の「軽油2号(艦船用)」は少し違います。

一応動くことは動きますが、故障の可能性が高くなります。

図2 ガスタービンエンジンに別の燃料を入れたときのノズル汚れ
海上自衛隊,機関,燃料,違い,軽油,2号,ガスタービン,LM2500,F-76,ガソリン,Wair
引用URL:http://gasturbinespower.asmedigitalcollection.asme.org/data/journals/jetpez/926523/gtp_134_12_121501_f005.png

意外と、別燃料を入れたときに故障が起きやすいのは知られていません。

『たかが燃料ごときで~』

この油断が、大事な装備品が動かなくなります。

艦艇に余計なガソリンを持ち込むな~(怒)!

燃料関係では、陸海空の統合運用を機にいろいろな不都合が出てきました。

各部隊で融通しあえる部分が少ないのが現状です。

米軍みたいに、将来的には燃料を統一して使用するというのも考慮すべきです。

西方普通科連隊上陸訓練で一苦労!

現在では「水陸機動団」となった「西方普通科連隊(Wair)」の運用についても、苦労しました。

図3 上陸する偵察部隊とボート
海上自衛隊,機関,燃料,違い,軽油,2号,ガスタービン,LM2500,F-76,ガソリン,Wair
引用URL:http://www.mod.go.jp/gsdf/gcc/ardb/toppage/hp31.jpg

当時「Wair」は、「偵察用ボート」の配備を進めていました。

しかし、イザ海自と合同訓練を始めると、混乱が生じました。

『余計なガソリン持ち込むんじゃねえ~!』

偵察用ボート(CRCC)は、「船外機(げん外機:ガソリン燃料)」で動きます。
(高速を出せる「船外機」となると、ガソリンエンジンしかないのです。)

しかし、海上自衛隊の艦艇では『ガソリンは可能な限り持たない主義』です。
(内火艇エンジン用の備蓄タンクしかありません)

『どこにガソリンを置くんじゃ~(怒)!』

とりあえずは「仮設」のタンクを置いて演習が行われました。

 

ガソリンタンク増設には防衛大臣の承認が!

その後、輸送艦や護衛艦等に「ガソリンタンク」を増設する検討が実施されました。

しかし、「設計規則」やら装備品承認関係の諸問題が続発しました。

最終的に「大改造となるため、防衛大臣の承認が必要」であることが判明します。

輸送艦などの建造当時には、ここまで「ガソリン燃料」需要の増加があるとは考えていませんでした。

その後、「艦船設計規則」の見直しなどが進んでいます。

けど、船には「ガソリン」を極力置きたくないんじゃ~!
(火災の危険が、軽油より大きいため)

 

燃料は、防衛力の根源だよ!

燃料関係は、見た目の地味さから軽く考えられがちです。

しかし燃料がなければ、戦車も護衛艦も戦闘機も動きません!

図4 燃料の検査(米海軍)
引用URL:https://media.defense.gov/2016/Aug/18/2001609115/600/400/0/160804-D-ZZ999-023.JPG

皆さん!もっと燃料に興味を持ってくれ~!

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】海賊対処派遣準備は大変だ!

2018.07.21

【艦艇開発隊】大衝撃!日本でもショックトライアル実施!

2018.07.03

【海上自衛隊】装備品の銃に関するあれこれ雑記

2017.03.03

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク