【幕僚編⑥】自爆ボート・LSFなどJTFを阻む敵の罠!

海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF司令部,後方幕僚,JTF,自爆ボート,LSF,戦時国際法,有事法制,サンレモ・マニュアル

スポンサーリンク

『敵さん、LSFにて奪還部隊を阻止するようだな・・・』

奪還作戦に向けて、ついに動き出したJTFと米軍部隊!

しかし敵も作戦阻止に向けて、正規・非正規戦を織り交ぜて攻撃を開始。

国際法と国内法の枷に縛られたJTFに数々の攻撃が襲い掛かります。

小説より混沌とした「現代の複合海空戦」の様子をご紹介!

前回までの記事。

【幕僚編⑤】反撃作戦立案!幕僚達の闘いは敵意図看破!!

2018.11.02

【幕僚編④】BMD演習発動!さらに窮地でSFまで・・・

2018.10.24

【幕僚編③】演習開始!交戦多発に苦戦するJTF!!

2018.10.21

【幕僚編②】実動演習事前準備!任務「離島奪還」作戦!

2018.10.16

【艦補処】自衛艦隊司令部後方幕僚に派遣!(その1)

2018.10.13

高速自爆ボート出現!JTFは攻撃できるか?!

反撃作戦が開始され、各部隊が行動を開始いたしました。

しかし、行動を開始すると「通信量の増加」「基地活動の激化」により情報を察知されやすくなります。

今回は「呉から奪還部隊が出撃する」という「情報」をわざと流出させます。

「流出情報」を逆用して、敵X国潜水艦を誘引・撃破する戦法に出ました。

不審高速艇出没!まさか高速自爆ボートか?

「JTF奪還部隊が呉から出撃」の情報を受けて、やはり潜伏していた敵X国SSが動き出しました。

しかし、JTF側の目的は敵SSを誘引することです。

探知された敵SSは、TG21.4とTF24(航空隊)のHS、P-3Cにより捕捉・攻撃により見事撃沈!

『敵SS1隻撃沈確認!!』

すんなり、呉から出撃する際に邪魔になっていた敵SS1隻の排除に成功いたしました。

これで「奪還部隊」を、小笠原列島に進出できます!

ところが、すんなりいかないのが現代の海戦です。

S-2
『海保より連絡!不審高速艇が海上規制を無視して出航!海自の「奪還部隊」に向けて高速航行中!!』

JTFと「協同関係」で「海上保安庁」が海上の警戒や商船・漁船の出港規制を実施しています。

海保からの情報に騒然とするSF司令部!!

SF司令官
『まさか高速自爆ボートじゃないだろうな・・・』

図1 高速自爆ボート
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF司令部,後方幕僚,JTF,自爆ボート,LSF,戦時国際法,有事法制,サンレモ・マニュアル
引用URL:https://cdn-images-1.medium.com/max/2000/1*2VVjW-p-kSIMIkj-pYwr6Q.jpeg

高速自爆ボート
イラン革命防衛隊が「ホルムズ海峡」にてA2/AD戦術の一つとして使用する高速艇攻撃方法
2000年にイエメンで発生した米駆逐艦「コール」爆破事件は、現代軍艦の弱点となる「超小型目標」に対する防御力の弱さを暴露した事件

高速自爆ボートを撃破!

S-2
『海保より至急電!不審高速艇より海保巡視艇攻撃を受けた!海保は追跡を中止、高速艇はX国旗を掲げている!!』

追跡していた海保が攻撃を受ける事態となりました。

ただし海保は「X国旗掲揚」という、貴重な情報を伝達してきました。(攻撃目標と判断)

不審高速艇が「X国旗」を掲げたということは、「高速自爆ボート」と判断できます。

SF司令官より命令が発せられます。

スポンサーリンク

『TG21.4は、高速自爆ボートを撃破せよ!』

高速自爆ボートは、「目標」として小さいため対艦ミサイルが使えません。

よって「主砲」「CIWS」「自衛用火器」にて対処となりますが、何とか出現した6隻の撃破に成功しました。

敵味方不明・本土から出た「ゲリコマ」の場合、すぐに攻撃できません。

当時のROE(部隊行動基準)では、SF司令官の判断を仰ぐ必要がありました。

 

悲痛!LSF(Low Slow Flyer)対処遅れにより損害発生!

敵X国の攻撃は、さらに不正規戦を利用した厳しいものになってきます。

次に始まったのは『LSF:低空低速飛行体』による攻撃です。

空自連絡幕僚
『空自JADGEより連絡!日本本土より、識別不明の航空機離陸!低速にてTG21.1作戦海域に近づく!空自は緊急発進にて対応中!』

正体不明機が、横須賀を出港して対潜行動中のTG21.1に近接するとの連絡が来ました。

S-3
『来たぞ!LSFの可能性がある!敵味方識別を急げ!』
LSF:Low Slow Flyer(低空低速飛行体)
911事件以降、新たな脅威として認識された目標であり、小型軽飛行機・ヘリコプター等で軍事目標に緊急事態を装い着陸・自爆攻撃等の攻撃を行う。
民間識別IFFのまま飛行するため、判断が非常に困難である。
米海軍では、150ノット以下の飛行速度機をLSFの基準として対処

LSF対処の動画(英海軍)

図2 LSFの対象となりやすい機体(An-2)
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF司令部,後方幕僚,JTF,自爆ボート,LSF,戦時国際法,有事法制,サンレモ・マニュアル
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f0/Antonov_An-2R_on_ski_Ryabtsev.jpg

LSFは、艦隊に接近して「重要目標(HVU)」を攻撃する可能性があります。

ただし本当に「民間機」である可能性もあり、非常に判断が難しい状況です。

『こちら報道ヘリ、緊急事態により着艦許可を求める!』

LSFの可能性がある機体は、ヘリコプターと判明しました。

対処は、ROEに従い当該空域から離脱するよう「警告」を行います。

TG21.1
『飛行中のヘリに警告する!現在作戦行動中につき撃墜される危険がある!直ちに管制官の指示に従い、この空域から離脱せよ!』
民間ヘリ?
『こちらは報道ヘリである。現在空撮取材中である。自衛隊の管制に従う義務はない!』(統裁部が「模擬HS」の無線交信を演習部と実施)

だあああ!管制に従えよ(怒)!さらにエスカレートしてこんなことまで言い始めました!

民間ヘリ?
『こちら報道ヘリ、機体に不具合発生。自衛艦への予防着陸を求める!』
『緊急事態宣言!直ちに近くの護衛艦への着艦を要請する!』

さあいよいよ混沌としてきました。

撃墜か?追い払いか?揺れるJTFの判断!

SF司令部内では、LSFに対する処置で大揉めとなります。

  • S-3『CTG21.1からも撃墜許可を求めています!撃墜の判断を出すべきです!』
  • S-0(法務)『完全に敵味方識別ができていない!ホントに民間機だと違法行為になるぞ!』

司令部内は撃墜か?追い払いかで大激論となりました。

その間にも、LSFがどんどんと近づいてきました。

『LSF、短SAM射程圏内まで近づきました!』
『国交省からは、報道ヘリの離陸を確認していないといってきています!』

ついに、SF司令官の決心と命令が下されます。

SF司令官
『LSFに対し、主砲による威嚇射撃を実施。なおCIWS射程内まで進行した場合撃墜を許可する!』

とうとう『撃墜命令』が発せられました。

 

『LSF、DDGに急降下!』ついに被害が・・・

撃墜命令が発令され、TG21.1がLSFに対処を開始します。

主砲による威嚇射撃が開始されても、TG21.1に近接を続けます。

ついに最悪の事態に・・・

TG21.1
『緊急!LSFがイージス艦に向けて急降下~!撃墜する!』

TG21.1からの絶叫に似た衛星無線通信が、SF司令部内に響き渡ります。

図3 LSF(ヘリ)が突っ込んできた!(イメージ)
海上自衛隊,統合演習,自衛艦隊,SF司令部,後方幕僚,JTF,自爆ボート,LSF,戦時国際法,有事法制,サンレモ・マニュアル
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/mHjXmv7VoTo/hqdefault.jpg

民間ヘリ?を撃墜した後、統裁部より対処に対する審判結果が提示されました。

  • 『LSF撃墜成功、ただし攻撃したDD1隻に残骸落下』
  • 『DDは中破判定、自力航行可能・対艦ミサイル発射不能』

SF司令部では、一時演習中断となり「LSF対処」の問題点洗い出しとなります。

  • 『撃墜判断時期が遅すぎたのではないか?』
  • 『CTG21.1に、射撃権限を委譲すべきでは?』

国際法と有事法制、国内各種法の狭間により判断が遅れる苦い事態となりました。

 

戦時国際法と有事法制・国内法に揺れる現場

演習での、高速自爆ボートやLSFなどの攻撃対処を経験して気付いたことがあります。

『法律が、前線の混沌とした状況から完全に遊離している』

戦時国際法(特に海戦部分)では、高速自爆ボート・LSFへの攻撃は認められています。
(特に「サンレモ・マニュアル」に、「自隊防護」で規定があります。)

サンレモ・マニュアル(海上武力紛争に適用される国際法サンレモ・マニュアル)
戦時国際法の「海戦」に関する部分の多くが「慣習法(不文法)」であり、「明文化・条約化」する目的で、1994年に起案された。
現在まで「条約」として成立していないが、多くの国がROEの基準となっている。

サンレモ・マニュアルでの規定を適用すると、国内法に引っかかる状態が現場にあります。
(LSF対処は、特に国内法との相反が激しい)

政治家たちへの提言!

政治の世界で、政治家が勇ましいことを発言しています。

現場にいたものとしては、現代の戦闘に合致した「国内法」の整備をしてほしいものです。

時々、政治家の「戦争観」は「第2次世界大戦」で止まっていると考えることもありました。

せめて、現代の戦闘に合致した法律整備をお願いしたいものです。

さあ、どんどんと反撃作戦を進めていきますよ~!

こちらもご覧ください

【韓国】文在寅政権は2018年中に政権崩壊する可能性も!

2018.08.24

【韓国】半島有事で、韓国は『敵国』に回る気か?

2018.02.26

【韓国】新政権との日韓関係の停滞・紛争の可能性は!

2017.05.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


3 件のコメント

  • こう言ってはなんですが、政治家はマシな方ではないかと
    学者や弁護士の中には「国は丸裸、ただし国民の生命財産は絶対守れ」みたいな無理難題を言う人もいますからね

  • 本番ではやはり「超法規」の傾向になるのは仕方がないでしょうね。 現状は指揮官が腹をくくるしかないのだと思います。
    しかし、例の「来栖発言」から40年経っていて、状況がまったく変わっていないという、、、

  • 現代の戦闘って複雑で中々判断が難しいものなんですね…何かあれば責任を取るのは現場の指揮官という事になってしまうんでしょうかね。あとLSF対処の動画は英海軍ではなくオランダ海軍のものと思われます。

  • 通行人 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>