【幕僚編③】演習開始!交戦多発に苦戦するJTF!!

海上自衛隊,演習,自衛艦隊,SF,司令部,後方,幕僚,JTF,交戦,撃沈,対抗部隊,対象国

スポンサーリンク

『交戦事象同時多発発生!これが戦争か・・・』

自衛隊統合演習がついに開始となり、次々と交戦事象が発生します。

対抗部隊(敵部隊)による攻勢が続き、JTFは苦境に立たされる!

SF司令部も「鉄火場」のような状態の中で、必死に敵の目的を妨害!

演習序盤の、苦闘するSF司令部幕僚たちの闘いをご紹介!

関連記事。

【幕僚編④】BMD演習発動!さらに窮地でSFまで・・・

2018.10.24

【幕僚編②】実動演習事前準備!任務「離島奪還」作戦!

2018.10.16

【艦補処】自衛艦隊司令部後方幕僚に派遣!(その1)

2018.10.13

敵X国SS探知!さらに多数の交戦発生!

演習開始序盤から、敵X国SS(潜水艦)探知の情報が司令部に通報されました。

さらに、敵X国がついに攻勢を開始して、一気に「鉄火場」のような忙しさに!

S-2
『敵SS×2探知、我方EEZ内にて潜航行動中!』
『敵SS×2は、呉~横須賀の海域にて活動の模様』
『CTF70(米第7艦隊)より、敵SSN×1を探知の通報!』

図1 潜水艦(イメージ)
海上自衛隊,演習,自衛艦隊,SF,司令部,後方,幕僚,JTF,交戦,撃沈,対抗部隊,対象国

演習開始直後から、敵SSの探知情報が入ってきました。

演習開始前の「情勢見積もり」では、敵SSが2~3隻ほど「我が方」の海域に侵入しているとの見積もり通りです。

しかし、探知情報があっても「SS攻撃」は一筋縄にできず精密な「位置情報」を把握して攻撃するしかない・・・

とにかく「敵SS部隊」の脅威を排除しないことには、「味方水上部隊」の行動を阻害されます。

 

敵本土より航空機・巡航ミサイルの複合攻撃!

S-2

敵本土より航空機・ミサイル探知!沖縄・九州に接近!』
『敵水上部隊、味方TG21.2へ急速接近!』

ついに「敵本土」から、航空機と共に巡航ミサイルが発射されたとの急報が入ります。

スポンサーリンク

併せて、沖縄近くに展開していた味方水上部隊「TG21.2」にも攻撃が切迫!

「敵X国」は、占拠した離島を確実に占領するために戦闘を拡大させる意図で、「敵X国本土」に近い、沖縄・九州の基地機能減衰を狙う攻撃を開始した模様!

自衛隊・在日米軍が応戦のため出撃して、交戦事象が多発!

図2 拡大する戦線
海上自衛隊,演習,自衛艦隊,SF,司令部,後方,幕僚,JTF,交戦,撃沈,対抗部隊,対象国
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/navcol/msc/images/mdgs/mdgs11.jpg

しかし、応戦する味方部隊も徐々に押され始め、損害が出始めます。

 

味方DD(護衛艦)被撃沈!「ゲリ・コマ」出現!

味方部隊は、JTF1(陸自)JTF3(空自)と共同で必死の防戦を開始!

しかしついに損害が・・・!

味方DD被撃沈!戦闘機被撃墜が増加!!

S-2

『JTF3の防空戦にて、被撃墜が増加している!』
『TG21.2のDD×1被撃沈!DD×1も大破!』

ついに、我が方(JTF2)のDD(護衛艦)も、対艦ミサイル攻撃を受けて損害が発生しました。

展開していた部隊の防空能力を超える「飽和攻撃」により、撃沈・大破の損害が・・・

図3 撃沈されるDD(イメージ)
海上自衛隊,演習,自衛艦隊,SF,司令部,後方,幕僚,JTF,交戦,撃沈,対抗部隊,対象国
引用URL:https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:AGM-84_Harpoon?uselang=ja#/media/File:AGM-84_Harpoon-damage.jpg

すぐに、沈没艦の生存者救助・大破した艦を佐世保に「えい航」する手配をします。

 

横須賀に「ゲリ・コマ」部隊出現!!

さらに「凶報」が連続して飛び込んできます。

横須賀のほか、各地の基地・駐屯地に「ゲリ・コマ」部隊による攻撃情報が入電しました!

SF司令部のある「横須賀地区」にも、「ゲリ・コマ」攻撃が生起!

警備中の陸自部隊および、海自横須賀警備隊が応戦中とのこと!

海自司令部機能をマヒさせるため狙われている模様です。

航空攻撃・巡航ミサイルと同時の「ゲリ・コマ」攻撃にて、混乱と指揮系統の断絶を狙った「複合戦」となってきました。

図4 ゲリ・コマ攻撃への陸自の反撃!
海上自衛隊,演習,自衛艦隊,SF,司令部,後方,幕僚,JTF,交戦,撃沈,対抗部隊,対象国
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/CQB#/media/File:Japanese_15th_Regiment_conducting_urban_training_11-13-07.jpg

驚愕の「ゲリ・コマ」部隊の正体!?

横須賀への「ゲリ・コマ」攻撃は、何とか撃退されたとの情報が入ってきました。

「捕虜」にした「ゲリ・コマ」部隊から、敵の攻撃意図を探れるかも?

「ゲリ・コマ」の情報を問い合わせてみると、驚愕の情報が!

『横須賀の「ゲリ・コマ」は、Y国特殊部隊およびZ国活動家の模様』

なんだとおおお!!「Y国」はともかく、「Z国」がなんで?!

「Y国」の「ゲリ・コマ」は、情報見積もりにあったけど、一応友好国の「Z国」までもか?!

ここで、私の「幕僚」としての交代時間が来ました。

演習は、1週間にわたって続くため、幕僚たちも「交代制」で勤務についています。

先任幕僚が明かすシビアな現実・・・

演習の担当時間(ワッチ)が終了して、次のワッチまで休息時間です。

この間に、「後方幕僚部」の先任幕僚がいろいろな話をしてくれました。

『Z国の「ゲリ・コマ」攻撃参加にずいぶん驚いていたな?』

まさか、演習でここまでの想定があり、驚愕していたのを見ていたようです。

『「対象国 甲/乙/丙/丁」という言葉は知っているな?』『はい。』
『日本が有事になったとき、当該国が何もしてこないと思うか?』

・・・返す言葉もありませんでした。

想像以上に、シビアで現実的な想定に改めて驚愕させられました。

司令部幕僚という仕事が、上辺の情報に踊らされることなく「現実」を見て準備する重要性を痛感する話です。

さあ、まだまだ演習が続くぞ~(・・・初日でかなり疲労が・・・)

こちらもご覧ください

【韓国】佐世保で日米韓「旗問題」第2ラウンド開始か?!

2018.10.18

【世界情勢】ロシアから最高機密の写真が流失?!

2018.10.10

【艦補処】後方(兵站)は楽しい「戦争」DA!

2018.10.07

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


5 件のコメント

  • 更新お疲れ様です
    何処とはいいませんが一応友好国という書き方で大体わかってしまうのは何とも
    小林源文先生もオメガシリーズでにた感じの状況描いてましたっけ……

    • コメントありがとうございます。
      演習での想定は、あくまで『建前上』「架空の国」となっています。そう・・・(あくまで)架空の国です・・・
      X・Y・Z国は『あくまで』演習シナリオでは決めつけていません・・・
      (こういう「建前」になっています。)

  • おもしろい内容でした。 まあ、統裁部が厳しい想定を準備するのは仕方ないか、、、本番では、緒戦で「我」の圧勝だと信じたいです。

    コマンドですが、実際にはY国人に加えて日本人活動家が攻撃に混じっていそうで、それはそれでもっと怖い。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>