【艦補処】自衛艦隊司令部後方幕僚に派遣!(その1)

海上自衛隊,艦船補給処,演習,自衛艦隊,司令部,SF,後方,幕僚,勤務,横須賀

スポンサーリンク

『自衛艦隊(SF)の後方幕僚に派出だ!』

「ペンギン」の勤務で、印象的だったのが「自衛艦隊司令部後方幕僚部」での「幕僚」勤務です。

自衛艦隊統合演習の中で「増強幕僚」として、10日ほど勤務することになりました。

そこはまさに「司令部!」という、もう一つの「戦場」として貴重な体験でした。

そんな、「なんちゃって後方幕僚」になったお話を、ちょっと書き連ねていきます。
(「後方幕僚」の話は、1回の記事では書ききれない濃密さでした)

前回の記事。                      

【艦補処】後方(兵站)は楽しい「戦争」DA!

2018.10.07
次回の記事

【幕僚編②】実動演習事前準備!任務「離島奪還」作戦!

2018.10.16

始まりの言葉『自衛艦隊後方幕僚部に行く気はあるか?』

事の始まりは、自衛隊統合演習が近づいた秋の日でした。

演習に向けての準備が進む中、「武器部長」から直属の班長と共に「呼び出し」がありました。

「自隊警備」に向けての計画が進んでいた中だったので、

『なんか不味いことでもやらかしたかな・・・』

「武器部長」から直接、名指しで呼び出しされると不安しかありません。

図1 部長の叱責かなあ・・・
海上自衛隊,艦船補給処,演習,自衛艦隊,司令部,SF,後方,幕僚,勤務,横須賀
引用URL:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUSEI_9V9A5290_TP_V.jpg

とりあえず、呼ばれた通りに「班長」と共に、部長室に出頭しました。

『大事な話があるので、副処長室で話をする』

武器部長からの話と思ったら、なんと「副処長」からのお話だということです。

これはますます「なんかやらかしたか?!」と不安のまま、「副処長室」に行きました。

ただ、上司の「班長」からは、

『悪い話ではないよ!』

との言葉が出てきます。ますます何の話なんだろう?

副処長「自衛艦隊司令部後方幕僚部に行く気はあるか?」

副処長室にて、武器部長など上司に囲まれた中で切り出されたのが、

副処長

『自衛隊演習で、艦補処から自衛艦隊司令部に「増強幕僚」を出す』
『司令部後方幕僚部の「幕僚」として10日ほど行く気はあるか?』 

思ってもいない話が、副処長から切り出されました。

ここで、初めて聞かされた話として、

  • 『JTF(統合任務部隊)が編成されるとき、艦補処から幕僚派出がある』
  • 『自衛艦隊司令部は、平時は「幕僚」全員が配置されていない』
  • 『その他もろもろ』(ちょっと表に出せない話)

スポンサーリンク

という「1尉クラス」になって、初めて知る新たな話ばかりでした。

『ぜひ希望します!行かせてください!』

幹部中級課程で「幕僚業務」を習う前に、貴重な体験になるのでその場で「快諾」しました。

こうして「自衛艦隊司令部後方幕僚部」への派出が決まりました。

演習事前研究会は大変だぜええ!

その後、「自衛艦隊司令部」の「海上作戦指揮所」立入許可書などを取得して、自衛艦隊司令部に出向くことになりました。

『MOFシステム(海上作戦部隊指揮統制支援システム)』(現在はMARS)
海上自衛隊の作戦指揮を支えるシステムで、JTFなど作戦部隊の指揮管制を行います。

内部は公開されていないため、「作戦指揮所」のイメージをご紹介します。

図2 作戦指揮センタ―のイメージ(米空軍の指揮所)
海上自衛隊,艦船補給処,演習,自衛艦隊,司令部,SF,後方,幕僚,勤務,横須賀
引用URL:https://spacenews.com/wp-content/uploads/2017/11/040507-F-0000S-006-879×485.jpg

演習の事前教育と事前研究は大事だよ!

自衛隊統合演習の前に、「事前研究会」が行われますが、この「事前研究会」の前に、「増強幕僚」や「増強要員」として来た人員に対する勉強会が行われます。

私「ペンギン1尉」」のように、初めて「幕僚」となる人間に対しての教育が行われます。

演習が開始されてから、慌てることの無いようにじっくり勉強会が実施されます。

演習の場合、「演習部」「統裁部(審判部)」に分かれて実施されます。

私は「演習部」の「後方幕僚部」に配置されることになりました。

『艦艇後方幕僚C(S-433)』

これが、演習中の担当幕僚となります。

後方幕僚部にて、演習の概要から後方幕僚の所掌業務、端末操作方法まで多岐にわたる教育です。

事前研究会では、今後の演習内容や、「後方の方針」などが示されます。

図3 日米共同訓練の光景
海上自衛隊,艦船補給処,演習,自衛艦隊,司令部,SF,後方,幕僚,勤務,横須賀
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/operation/training/27g/img/photo01_05.jpg

このような、日米共同行動などでも「司令部」で調整を進めていく必要があります。

司令部の幕僚もいっぱいあって大変だ!

司令部は、各部門によって所掌業務が分かれています。

一般的に知られている司令部幕僚編成

  • J-1:人事・監理
  • J-2:情報
  • J-3:作戦
  • J-4:兵站(後方)
  • J-6:通信

こんなところでしょうか?

しかし、実際の幕僚編成はもっといっぱいあります。

私の配属された「後方幕僚部」は「S-4」と呼ばれますが、「S-0」から「S-●」までいっぱいあります。

この所掌分担をきちんと理解しないと、業務に支障が出ます。

色々な「幕僚」が入り乱れて大変です。

用語が入り乱れて大変だ!

「幕僚」のお仕事で大変なのは、いろんな用語が必要になってくることです。

演習で飛び交う用語

  • TF,TG,TU,TE(部隊編成)
  • DD,SS,SAG,TOT,ETA
  • SAR,RAS,ACSA
  • CTF70,TG71
  • 段列、EEI

もう何が何だか勉強していないと、まったくわからないものだらけです。

本来、「幹部中級課程」にて学習するものですが、派遣された以上はしっかりとやる必要があります

図4 CTF70(米第7艦隊)
海上自衛隊,艦船補給処,演習,自衛艦隊,司令部,SF,後方,幕僚,勤務,横須賀
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/第7艦隊_(アメリカ軍)#/media/File:CTF-70_Battle_Force_Seventh_Fleet_logo.png

色々勉強しておいて良かった・・・

「幕僚」として派出されて、一番助かったのは「普段の知識吸収」が生かされたことです。

普通なら、あまりの用語の多さに混乱していたかもしれません。

しかし、普段から「海」以外にも、陸自や空自・米軍の資料を読んでいたのが助かりました。

各種の用語に、何とかついていける状態になっていました。

普段の「軍事への関心」が、自分の仕事を助ける要因となりました。

「事前勉強会」でも、「よく勉強している。大変よろしい。」と「後方主任幕僚」から頂けました。

図5 自衛艦隊司令部とされる写真
海上自衛隊,艦船補給処,演習,自衛艦隊,司令部,SF,後方,幕僚,勤務,横須賀
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/自衛艦隊#/media/File:JMSDF_Self_Defense_Fleet_HQ.JPG
(実は、この写真には「自衛艦隊司令部」が映っていません)

自分の仕事だけに没頭せず、周辺の情報を「知識」として入れておくことは有益ですよ!

なんだか、演習に入るまでに記事1回分を使用する状態になりました・・・

それだけ「自衛艦隊後方幕僚部」の仕事は、かなり濃密な経験でした。

何回の記事で完結できるか分かりませんが、知られざる「幕僚」の仕事を書いていきたいと思います。

こちらもご覧ください

【世界情勢】ロシアから最高機密の写真が流失?!

2018.10.10

【艦補処】内局の「人さらい」勧誘がキタ――(゚∀゚)――!!

2018.09.23

【艦補処】自衛隊的ライフハックおすすめ商品をご紹介!

2018.09.20

【艦補処】恐怖の会計検査院「実地検査」が来た!

2018.09.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


4 件のコメント

  • 面白そうですね、連合艦隊司令部と同盟国である、英国艦隊との合同大演習の様子が解るなんて、興味津々です、期待してお待ちしております。

    • すーさん、コメントありがとうございます。
      自分の拙い記述で、どこまで「司令部」の状況を描写できるか分かりませんが頑張ります!
      同盟国の部隊に、支援攻撃要請などかなりダイナミックなことになりました。
      参加した、「自衛隊演習」はちょうど「統合運用」揺籃期の時で、司令部でもバタバタでした。

  • 想像できないかも知れないですけど、その昔は3幕バラバラでやってたんですよ、、、隔世の感。 続き期待してます。

    • 通行人さん、始めまして!コメントありがとうございます!
      「統合運用」前提の時代に自衛官として勤務したものとして、「これで昔はホントどうやってたんだ?」ということが、「幕僚経験」からよくわかりました。

  • ペンギン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>