【艦補処】後方(兵站)は楽しい「戦争」DA!

海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時

スポンサーリンク

『後方(兵站)こそ、平時の楽しい戦争だぜ!』

いきなりぶっ飛んだ発言ですが、後方(兵站)の本質を語っている言葉です。

「後方(兵站)」は「有事」の時だけではなく、「平時」の時こそが闘いです。

「平時」の時に、補給機関がしっかり整備することにより、「行動」が起こせます。

今日はそんな、「平時」の楽しい「後方戦争」の内幕について!

前回の記事。

【艦補処】内局の「人さらい」勧誘がキタ――(゚∀゚)――!!

2018.09.23

『後方部門は「平時」こそ戦争と考えよ!』

艦船補給処に勤務して、「艦船補給処長」の「裏指導方針」として教えられてきたことです。

通常の指揮官の「指導方針」は、言葉を選んだ「良い言葉」が出てきます。

私が艦補処に勤務していた時の「処長」が、真摯に海上自衛隊の「後方補給体制」を考えていた方でした。

そんな方から「後方(兵站)は、平時こそ戦争である」との指導を受けていました。

実際「平時」であっても、艦艇等は行動をしており、故障や部品補給などが毎日あります。

放置すると、艦艇が「全能発揮」できない状況になります。

「後方」にとって、「平時」に艦艇等が「全能発揮」できないのであれば、「有事」でも任務遂行はできません。

武器部門は毎日が闘いの日々!

私がいた「武器部」でも、毎日のように「故障発生」「補給請求」の連絡が届きます。

「艦船補給処」の任務である、「各造補所」に対して補給を実施することが求められます。

『ある時は、艦補処にある在庫品を造補所に移送』
『ある時は、行動中の艦艇に他造補所の部品を管理替え』
『故障部品を、まとめて修理して補給要望に応える』
『在庫がない時は、修理中艦艇から部品を引き抜いて要望に応える!』
(在庫がない時は「共食い」整備という手法も!)

図1 補給する武器部所掌部品を手配
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTzPY-67z6lCI5WWQhgk_5_z5yAIghMOB1VaLRvWi_gMDi3uX2a

中には、いろんなドタバタ逸話も・・・

「MK-22 3インチ砲ってどこに部品があるんじゃあ!」

ある日、「緊急」の「故障部品請求」が武器部に入電しました。

スポンサーリンク

通常の「故障・部品請求」より「優先度」の高い部品請求電報の為、即時に対処することになりました。

その時、連絡が来た部品番号を調べて見ると、装備品は・・・

『MK-22 3インチ砲』!!

図2 MK-22 3インチ砲
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/Mk_22_3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E7%A0%B2#/media/File:3-inch-50-caliber_anti-aircraft_gun.jpg

・・・ちょっと待てええ!!!そんなもの海上自衛隊にあったか(怒)!?

『MK-22なんて、昔の主砲だぞ!MK-42 5インチ砲の間違いじゃないのか?!』

しかしよく調べてみると、部品の在庫があり、使用している部隊がありました。

「横須賀地方総監部横須賀警備隊 観音崎礼砲台」にて3基使用していました。
(昔のMK-22を礼砲として転用していた)

図3 横須賀警備隊観音崎礼砲台
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/yokosuka/butai/img/y-agg/y-agg.jpg

慌てて、在庫部品を横須賀造修補給所に「管理替」して対処しました。

ちょうど、翌日に外国艦船が入港の為、礼砲発射訓練の最中に故障したそうです。

急な要請にも即応するのが、「後方」の「戦争」といえます。

撲滅!蹂躙!故障は殲滅!補給品は即時配達!

計画部の仕事では、「故障部品情報」の収集、修理方法の情報配布といった仕事がありました。

一見地味に見える仕事ですが、「平時」からの情報収集により必要な物品を用意する大事な資料になります。

図4 艦艇整備の状況
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/4el/sazanami_dock/0002.jpg

一件何でもないような、普段の整備状況でも「後方」にとっては重要情報です。

この時、後方部門として留意すべきこと!

  • 『ボルトはこの艦では1か月に何個使うか?』
  • 『塗装用塗料は、どのくらい使用するか』
  • 『使用した消耗材品の量を、報告しているか?』
  • 『各造補所に、必要な在庫がちゃんと保管されているか?』

とにかく、「平時」の時こそ「後方」にとっては重要です。

時には各地に出向いて情報収集・データ送信講習も!

意外とおろそかにされがちな、修理交換部品の情報こそ「後方」にとって大切です。

計画部では、年間を通じて「故障交換部品」の情報収取に努めました。

また、各総監部の艦艇が集合しているときを見計らい、故障部品情報収集の講習を行いました。

図5 定期修理中の艦艇にお邪魔することも!
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2000/photo/img/ap125030.jpg

まさに、気分は「毎日が楽しい戦争」の日々となります。

後方こそ楽しい「戦争」が体験できる場所だぜ!

『後方こそ、楽しい「戦争」の日々が送れるぜ!』

一般的に、護衛艦・航空機・ミサイル発射などは「ど派手」でカッコいいと映るかもしれません。

そのため、どうしても「作戦部隊」こそが「花形」に見えるかもしれません。

図6 ミサイル発射!!
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/pg/hayabusa/img/main_825.jpg

しかしながら、「後方」があってこそ作戦部隊は行動でき、「後方」は「平時こそ戦争」といえる場所です。

整備を怠るとこんなことも発生します。
(「射点浮上」という水雷で最も恥ずかしい失敗)

図7 短魚雷の「射点浮上」(米軍)
海上自衛隊,艦船補給処,艦補処,日常,業務,補給,整備,後方,戦争,有事,平時
引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/tokyowreckingcrew-828/imgs/a/1/a16b7403.jpg

整備を怠っていると、本来なら海中に潜航しなければならない「短魚雷」が浮上します。

こんな失敗をしないために、「後方」を大事にすることが必要ですよ!

皆さ~ん、「後方」も結構楽しいですよ~!

こちらもご覧ください

【艦補処】内局の「人さらい」勧誘がキタ――(゚∀゚)――!!

2018.09.23

【艦補処】自衛隊的ライフハックおすすめ商品をご紹介!

2018.09.20

【艦補処】恐怖の会計検査院「実地検査」が来た!

2018.09.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク