【自衛隊】幹部の低学歴が問題?大学の傲慢が原因でしょ?

防衛省,自衛隊,幹部,低学歴,大学卒,大学院,修士,博士,専門知識,軍事,吸収,軍事オタク,

スポンサーリンク

『自衛隊幹部が低学歴?問題はそこじゃない!』

自衛隊幹部の学歴に関して、高卒の上級幹部が存在することを問題視する記事が出ました。

この記事に関して、非常に違和感を覚える部分と共感できる部分がありました。

自衛隊幹部の学歴が低いことが問題じゃないでしょ!入学させない大学側に問題があります。

本当に問題なのは「専門(軍事)知識吸収意欲をそぐ体質」が問題なんです!

幹部が低学歴?そもそも大学が「自衛官入学」を拒否してるでしょ!

自衛隊幹部の約半数が「高卒」であり、「大学」で学ばせる機会を作るべきだという記事が発表されました。

この記事に、元職として非常に違和感を覚えざるを得ません。
(元記事『プレジデントオンライン』2018年9月12日)

何しろ、大多数の大学側が「現職自衛官の入学拒否」を現在もしているからです。

大学から「入学拒否」をされるのに「大学」で学ばせる機会を作れというのは、変だと言わざるを得ません。

卒業生の自衛官でさえ「大学院」入学を拒む現状

私の「同期」に「東大大学院修士課程修了」で、海上自衛隊幹部候補生になったものがいます。

彼は、海上自衛隊に勤務して何年かした後、母校の「博士課程入学」を希望しました。

自分がいた「研究室」に戻りたいと希望しましたが、拒否されました。

研究室の教授は歓迎していたのに、「大学」の方針が「現職自衛官の入学を認めない」為です。

実際、平然と「自衛官入学拒否は差別ではない」と公言する大学関係者がいます。

そんな事態を知らず、「自衛隊幹部が低学歴」と論じるのは不可思議です。

大学側の独善的意識を変える方が先決では?

記事を書いた人は、幹部自衛官に「大学で学ぶ機会を与えよ」と真剣に考えてくれています。

それならば、大学側の意識を変える方が先なのではないでしょうか?

このようなことをやってた世代が、現在大学の教授陣で居座っています。

スポンサーリンク

図1 学生運動の時代
防衛省,自衛隊,幹部,低学歴,大学卒,大学院,修士,博士,専門知識,軍事,吸収,軍事オタク,

高卒から「部内幹部」となった幹部自衛官に、大学教育の機会を奪っているのは、大学側自身です。

まずは、自分と同業の大学陣営に働きかけを行うべきではないかと思います。

こんなことを叫ぶ暇があれば、「入学拒否」をやめるべきです。
関係項目としてこちらもご覧ください。

【拝啓】経済的徴兵制が実施される!と叫ぶ皆様方へ

2018.01.14

ただ、今回の記事は本当に問題にしなければない部分も、ちゃんと書いてあります。

その部分は、私も実体験から賛成できます。

全般専門知識習熟を白眼視する「術科偏重主義」こそ問題!

私「ペンギン」は、海上自衛隊での勤務が長かったのですが、薄々感じていたものがあります。

「術科偏重主義」に陥って、海外軍事情勢や全般軍事関連知識を吸収しようという「考え」を白眼視する空気が,実際に部隊内部には存在していました

1尉になってくると、段々と全体を見渡せるようになり、海外などの最新情報がどうなっているのか気になりだします。

しかし、「自分の専門のことをやっていればよい」という、上司のプレッシャーがありました。

「専門外」の器材について説明できない幹部

艦船補給処にいたときも、そんなことを感じる機会がありました。

当直士官は、「課業始め」の時間に行われる、処長以下管理職が集まる毎朝の「朝礼」にて報告をします。

課業時間外での、故障対応・部品手配・故障復旧の状況を報告します。

そんな中、護衛艦主GTの「軽微」故障で部品を管理替えで修理すると報告がありました。

そこで、故障したGTの名称を当直士官が理解しておらず、グダグダな報告になってしまったことがあります。

図2 ガスタービンエンジン(SM1A)
防衛省,自衛隊,幹部,低学歴,大学卒,大学院,修士,博士,専門知識,軍事,吸収,軍事オタク,
引用URL:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/B/Blueforce/20080317/20080317002221.jpg

当直士官本人には「専門外」の分野だったのですが、ちょっといただけません。

「艦船補給処」は、艦艇全般の補給を担当する機関なんですから・・・

幹部自衛官の、「専門外」への関心の薄さを実感するエビソードでした。

中国海軍艦艇に「フランス製ヘリ?」

今では、当たり前に存在が認識されている、中国海軍艦載ヘリ「Z-9C」でもドタバタが・・・

図3 中国海軍「Z-9C」
防衛省,自衛隊,幹部,低学歴,大学卒,大学院,修士,博士,専門知識,軍事,吸収,軍事オタク,
引用URL:https://image02.seesaawiki.jp/n/2/namacha2/afc0c9605ca03b99.jpg

仏(ユーロコプター)製「AS-565パンサー」を中国がライセンス生産したものです。

そんな「Z-9C」について「中国にフランス製ヘリがあるわけないだろ!」なんて叫ぶ古参幹部を何度か見たことがあります。

海外軍事ニュースで報道されていることを見ていないことが、よく分かる話です。

やる気を削いだ上司の言葉「まるで軍事オタクみたい~」

私「ペンギン」自身も、全体専門知識習得を白眼視する「空気」を「艦船補給処」の「計画部」の仕事を兼務していた時に体感しました。

「特別警備隊(SBU)」関係の「部品(艦補処統制品目)」が登録され始めた時期でした。

部品登録がされても、「何に使用されている器材」というのを知識として知る必要があります。

当時の「課長」は、私が「艦艇開発隊」で「特別警備隊」関係の実験に参加していることを知っていました。

そのため「課内勉強会」で、「特別警備隊関係の登録部品」について「講義」をしてくれと指示がありました。

関係項目としてこちらもご覧ください。

【艦発隊】特別機動船(SB)をめぐるエトセトラ(特別警備隊関係)

2018.06.15

【艦発隊】AK-47を入手せよ!(特別警備隊装備研究)

2018.06.08

【艦発隊】特別警備隊(SBU)に関与する研究について

2018.06.02

「特別警備隊」関係器材は、詳細情報が部内にも知られていないためでした。

『今回登録された部品は、この器材に使われているもので~』

艦艇全般にわたる部品登録なので、補本統制部品や艦補処統制部品について色々と説明をいたしました。

図4 補給管理統制品目で見た「特警隊装備」
防衛省,自衛隊,幹部,低学歴,大学卒,大学院,修士,博士,専門知識,軍事,吸収,軍事オタク,
引用URL:https://xn--f9jpa9702acflt2twe7b60ky74azbd.com/wp-content/uploads/2018/08/%E7%B5%B1%E5%88%B6%E5%93%81%E7%9B%AE%E5%88%86%E9%A1%9E-e1535529809545.jpg

その「課内勉強会」で、上司(先任者の1尉:防大文系卒)から、やる気を削ぐ言葉が出てきました。

『君~まるで「軍事オタク」みたいだねえ~(^^;)』

はっきり言ってこの言葉に、完全にやる気を削がれた思いがしました。

他の課員(海曹・技官・事務官)は真剣に聞いていたのに(怒)!

その上司にとっては、「職種」も違う「専門外」の話だったからかもしれません。

ただ、今回記事の中で触れられている「(軍事・戦争)専門知識」に対する軽視という意味では、見事に当たっているといえます。

海上自衛隊の部隊に関わることなのに『軍事オタクみたい』で片づけられてしまう「空気」があるのは事実です。

この「空気」は、絶対に改善して欲しいところです。

自衛隊内部でも危機感を持って、部下を鍛えている人もいる!

なんだか、気が滅入る話をしてしまいましたが、危機感を持っている人たちも幹部自衛官の中にはちゃんといました。

その後転勤した部隊の指揮官は、そんな危機感を持った方でした。

若い幹部の「世界視野の軍事知識不足」を危惧して、教育をしている方でした。

報告や決済で指揮官のところに行くと「いろんなクイズ」が出題されました。

航空隊のブリーフィングで、若いパイロットに行う「アラートクエスチョン」を模擬した方法です。

このように鍛えている上級幹部も多くいます。

『自衛隊幹部が異様に低学歴』というセンセーショナルな記事は、目を引きます。

しかし、まずは「大多数の大学」が「現職自衛官の入学拒否」という事実を踏まえて、大学側自身が変わるべきでは?

こちらもご覧ください

【世界情勢】英仏「ホタテ戦争」で海軍同士も衝突?!

2018.09.10

【防衛省】油槽船(仮称)が概算要求項目に登場したよ!

2018.09.01

【艦補処】艦船補給処着任!装備と補給の両立は大変だ!

2018.08.29

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 初めまして、失礼いたします。

    大学関係者からすると「航空学生も低学歴の集まり」みたいな話になるのですかね?

    • 初めまして、コメントありがとうございます。
      「国公立や私大」の「教授」「准教授」などで、法学や憲法学などをやってる「先生様」ならそう思っている人も多いかもしれません。
      しかし、「航空学生出身」の人たちは、とてもすごいですよ~。
      一般大卒・防大卒よりもはるかに勉強と、訓練・技量向上に熱心です。

  • ペンギン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>