【世界情勢】英仏「ホタテ戦争」で海軍同士も衝突?!

自衛隊,世界情勢,ホタテ戦争,イギリス,フランス,漁業,海軍,沿岸警備隊,伝統,タラ戦争

スポンサーリンク

『英仏がホタテをめぐって軍艦が出動する可能も?』

先月からイギリスとフランスの間で「ホタテ戦争」が勃発してますね~。

フランスセーヌ湾のホタテ漁をめぐって、英仏両国の漁船が小競り合いを起こしてます。

フランス側は、「軍艦の派遣も辞さない」と強硬な姿勢です。

今回は、漁業をめぐってなんで「軍艦」が出てくるかご紹介!

英仏「ホタテ戦争」の概要!

今回英仏「ホタテ戦争」が起こったのは、2018年8月27日です。

フランスセーヌ湾にて、ホタテ漁をしようとした英国漁船に対して、フランス漁船側が投石・発煙弾などを投げつけ、漁船同士の体当たりも発生するなど、かなり激しい状況でした。

図1 英仏漁船衝突の光景
自衛隊,世界情勢,ホタテ戦争,イギリス,フランス,漁業,海軍,沿岸警備隊,伝統,タラ戦争
引用URL:https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/158C4/production/_103206288_stonethrow.jpg

動画では、かなり激しくやり合っている様子が見て取れます。

なぜ「ホタテ戦争」が勃発したか?

元々、現場となったフランスセーヌ湾は、ホタテの漁場として栄えていました。

英国フランス共に、ホタテ漁業が認められていましたが、

  • フランス:禁漁期間あり(5月15日~10月1日)
  • イギリス:禁漁期間なし

という問題が、15年前ほどから問題になっていました。

今回、その問題がついにフランス漁民の「不満爆発」という形で出てきました。

フランス政府が「海軍が介入する用意がある」と声明

9月4日には、フランス政府が「英国が海軍を展開するなら、フランス海軍を介入させる用意がある」と声明を出しました。

翌日の英仏協議の前に、威嚇体制をとった形です。

英仏協議による一応の決着はついた模様

9月5日に、英ロンドンにて漁業当局者同士の話し合いが行われ、一応の決着がついたとのことです。

スポンサーリンク

英国側が、全長15m未満の小型船に対する禁漁期間を設けるという合意はできたようです。

しかし、包括的な協定締結までには至っていないのが現状です。
(参考ニュース:BBC)
URL:https://www.bbc.com/japanese/45430360

ひょっとすると、英仏「ホタテ戦争」が再燃する可能性もあります。

その場合、英仏両国とも「軍艦」が登場して、英仏交戦という事態もあります。

今後の事態推移がどうなるか注目です。

なんで漁業問題に「軍艦」が?歴史的背景からの問題

このニュースで、漁業問題になんで「海軍」が出てくるのか不思議に思う方がいるかと思います。

日本だと「海上保安庁」の管轄のように、「沿岸警備隊」が管轄では?という疑問です。

理由として、イギリス・フランス共に歴史的背景の問題があります。

「海上警備は海軍」が英仏の伝統

歴史的に、英仏では「海上警備は海軍の管轄」という背景があります。

むろん、イギリス・フランス共に「沿岸警備隊」的役割の「準軍事組織」が存在します。

  • イギリス:沿岸警備隊
  • フランス:海上憲兵隊

ただ、「イギリス沿岸警備隊」は「洋上救難」を主任務にしています。

「フランス海上憲兵隊」も一応海上警備を担当していますが、主力は「海軍」が行っています。

図2 「英沿岸警備隊」と「仏海上憲兵隊」
自衛隊,世界情勢,ホタテ戦争,イギリス,フランス,漁業,海軍,沿岸警備隊,伝統,タラ戦争自衛隊,世界情勢,ホタテ戦争,イギリス,フランス,漁業,海軍,沿岸警備隊,伝統,タラ戦争
引用URL:https://pbs.twimg.com/profile_images/3174912146/576e8f12bb59c45458b352adcc6fb9b2_400x400.jpeg
http://depo-lutece.com/upload/save_image/02200118_5304d954d9380.jpg

両国とも「海軍」の存在意義である「洋上での自国商船・漁船を海賊等から守る」という歴史が根強いためです。

英国は「漁業を守る」ためなら軍事行動も辞さない!

フランスが「海軍介入の用意がある」と発言しているのは、英国海軍の伝統的な考えを考慮しているためです。

『英国海軍は、自国の商船・漁船を守る為なら、友好国への実力行使も平気で行う』

実際に、英国海軍には「Fishery Protection Squadron(水産保護部隊)」という、漁船保護を行う部隊まであります。

1975年には、「アイスランド沿岸警備隊」と「タラ戦争」で銃撃戦まで行っているほどです。

図3 タラ戦争での英国海軍VSアイスランド沿岸警備隊
自衛隊,世界情勢,ホタテ戦争,イギリス,フランス,漁業,海軍,沿岸警備隊,伝統,タラ戦争
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/69/Scylla-Odinn.jpg

さすがに国際司法裁判所(ICJ)の判断を仰ぐだろうけど・・・

さすがに、この時代にいきなり「交戦」する事態にはならないと思います。

「国際司法裁判所」への提訴が先に行われるでしょう。

「海上警備は海軍管轄」という歴史のある国同士のイザコザなので、どうしても「軍艦派遣」という流れになってしまいます。

昔から仲の悪い英仏両国なので、「相手が海賊行為をしてきた!」となると、

『海賊狩りじゃあああ~!!!』

となってしまいます。
(両国とも、「海賊(私掠船)」が「海軍」の原形なんですが・・・)

英仏直接交戦は「トラファルガーの海戦(1805年)」以来か?

もし、英仏が本土近くで直接交戦となった場合は「トラファルガーの海戦(1805年)」以来の出来事になります。

ナポレオン戦争の時以来の事態でしょう。

図4 トラファルガーの海戦
自衛隊,世界情勢,ホタテ戦争,イギリス,フランス,漁業,海軍,沿岸警備隊,伝統,タラ戦争
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B5%B7%E6%88%A6#/media/File:Turner,_The_Battle_of_Trafalgar_(1806).jpg

第2次世界大戦中も、数度英仏海軍が軍事衝突を起こしています。

イギリスのEU離脱を控えた時期に、思わぬ形で「不満爆発」ということになってきました。

さすがに、英仏全面戦争とまではいかないでしょうが、事態の推移が注目されます。

こちらもご覧ください

【防衛省】油槽船(仮称)が概算要求項目に登場したよ!

2018.09.01

【艦補処】艦船補給処着任!装備と補給の両立は大変だ!

2018.08.29

【艦発隊】転勤の内示が来たよ~ってどこに行くんじゃあ?!

2018.08.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク