【海上自衛隊】海賊対処派遣準備は大変だ!

海上自衛隊,海賊対処,海上保安庁,DSPE,準備,LRAD,武器,留置施設

スポンサーリンク

『ソマリア沖海賊対処派遣部隊の準備は大変だ!』

平成21年から始まった、「海賊対処」において護衛艦や哨戒機がジプチに派遣されています。

海賊対処派遣開始当初は、準備がいろいろ大変でした。

海上保安庁と協同で行動する準備もいろいろな難題が続出!

ホントに海賊対処は大変だぜ!

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】イージス艦はトウモロコシ畑から生まれた?!

2017.12.23

【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

2017.04.25

LRADって武器じゃないんかい!

平成21年に、海賊対処派遣部隊が編成されることになり、護衛艦が派遣されることになりました。

併せて、海上保安庁の「ソマリア周辺海域派遣捜査隊」が同乗することになりました。

このため、派遣に併せて護衛艦に装備の増強工事が行われることになりました。

増強工事の主要なものとして、

  • 「小火器用銃架の増設」
  • 「通信能力の向上」
  • 「海保用の設備等の増設(通信機器等)」

などが行われました。

『LRADを装備せよ!』

海幕指示の装備工事の項目には、『LRADの設置』という項目がありました。

図1 LRADの装備状況(左側に増設した銃架)
海上自衛隊,海賊対処,海上保安庁,DSPE,準備,LRAD,武器,留置施設
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/formal/operation/img/pirates/suijyo07.jpg

※LRADについて
音波を投射することにより、人の行動能力・判断能力を奪うことや聴覚器官や脳にダメージを与えたり、物体を破壊することを目的とする兵器である。
ただし、出力を調整すると兵器としてだけでなく音響装置(スピーカー)としても利用可能な物もあり、どこまでが音響兵器に当たるか若干曖昧な場合がある。
(引用:wikiより)

最初は「音響兵器」として海外で使用されているから、「武器」の扱いになり造修補給所での所掌が「通信電子科」になるとの話をしていました。

 

「武器の扱いにせず、需品科の所掌?!」

しかし、LRADが届いて工事をするときに、

『LRADは武器に該当しないので、需品科で工事をする』

スポンサーリンク

という、寝耳に水の話となりました。

これは、護衛艦が装備する前に、「水産庁の調査捕鯨船」にて使用した実績があった為でした。

図2 水産庁調査船
海上自衛隊,海賊対処,海上保安庁,DSPE,準備,LRAD,武器,留置施設
引用URL:http://www.jfa.maff.go.jp/j/senpaku/ships/kaiyo_maru.files/kaiyo_030801.jpg

水産庁が調査捕鯨船を守るためLRADを設置するときに、警察庁に照会した結果、

『LRADは武器に該当しない』

という結論になったためです。

防衛省もお役所ですから『前例踏襲主義』により、LRADは武器に該当しない、ということになりました。
(お役所仕事・・・)

そんなこんなで、LRADは『スピーカー扱い』という摩訶不思議な装備品となっています。

海保『設備や通信費も全部海自で持ってくれ~(泣)』

海賊対処では、海上保安庁の職員が同行して「海賊対処法」に基づく司法活動を行います。

「ソマリア周辺海域派遣捜査隊」の8名が、実際の司法権行使を行います。

海賊対処では、海自は「海賊対処行動部隊(DSPA)」を編成して、水上部隊は「派遣海賊対処水上部隊(DSPE)」となります。

この時海上保安官は、自衛隊と「協同関係」の行動になります。

「協同関係」についての用語解説
「共同関係」は、統一指揮下での行動になります。
「協同関係」だと、別々の指揮権の元で協力して行動することになります。
海上保安庁法第25条を遵守するため)

しかしまあ、出航までの準備でいろいろドタバタが・・・

「留置施設ってどうやって作るの?

海賊対処派遣が決まったとき、海上保安庁との打ち合わせで「留置施設」を作ってほしいとの要望が出ました。

図3 巡視船にある「留置施設」
海上自衛隊,海賊対処,海上保安庁,DSPE,準備,LRAD,武器,留置施設
引用URL:http://fieetno26.web.fc2.com/jcg1977.JPG

巡視船には常設されている、被疑者を船内で留置する場合の施設です。

しかし、海上自衛隊では作った事がないため、海上保安庁の「装備技術部」から「留置施設」の設計図を提供してもらいました。

改装工事は、海保巡視船の建造経験のある造船所が詳細設計と工事をすることになりました。
(結構改装費用が高くつく羽目に・・・)

通信機器を増設したけど・・・費用は海自持ち(涙)

改装工事は、多岐にわたりました。

艦橋の防弾装備追加や、海上保安庁用の衛星通信装備などを増設します。

図4 増設した装備や衛星通信アンテナ
海上自衛隊,海賊対処,海上保安庁,DSPE,準備,LRAD,武器,留置施設
引用URL:http://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Anti-piracy/pb_29/201803/20180323_06.jpg

しかし、ここにきて海上保安庁から『泣きのお願い』が入ります。

『衛星通信機器費用や衛生通信費も海自で持ってくれ~(泣)』

まさかのお願いが出現します。

通信機器は、派遣終了後に別の艦に移設するので海自側が費用を負担することが順当だろう結論になっていました。

しかし、『衛生通信費』まで海自持ちなのは・・・

インド洋派遣の経験則から、1年間で約数億円の衛星通信費用が掛かるはずです。

さすがに、海幕と海保本庁で話し合いが持たれました。

しかし、海保側もホントに予算がない状況でしたので、結局海自が衛星通信費も負担することに・・・

インド洋派遣や、海賊派遣での衛星通信の問題もあって、防衛省独自の通信衛星保有になったきっかけでもありました。

海上保安庁との信頼関係構築となっている「海賊対処」

海賊対処では、最初の出航までいろんなドタバタがありました。

しかし、海上保安庁と信頼関係を構築する良い機会となっています。

図5 海自司令および海保隊長(27次隊)
海上自衛隊,海賊対処,海上保安庁,DSPE,準備,LRAD,武器,留置施設
引用URL:http://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Anti-piracy/pb_27/201705/20170512_01.jpg

本当に、ひと昔前までは海保との「協同行動」なんて夢物語といわれていました。

海上保安庁とは、海上自衛隊の発足当時の経緯から「遺恨」が長くありました。

「海自(海保)とは、絶対協同行動なんてしない!」

そんなことが公然と語られる時代があったのも事実です。

しかし、「海賊対処」という共通の任務を共に遂行する中で、信頼関係ができてきました。

これからは、新時代で海保との「協同行動」が当たり前になった世代が組織の中核となってきます。

かつての恩讐を乗り越えて、海自と海保は任務にあたるでしょう!

こちらもご覧ください

【中国海軍】052D型駆逐艦の厨房から見えてくる技術思想!

2018.05.05

【海上自衛隊】船務士として護衛艦勤務した1年4か月!

2018.03.11

【自衛隊】海自から防衛省に出向したら世界が変わった(笑)

2016.02.22

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク