【艦発隊】自隊警備訓練!空挺レンジャーってSUGEEEE!!!

海上自衛隊,艦艇開発隊,勤務,自隊警備,訓練,第1空挺団,レンジャー,凄い

スポンサーリンク

『自隊警備訓練にて空挺レンジャーの恐ろしさを知った!』

海上自衛隊演習の時期になると、陸上部隊でも「自隊警備訓練」が行われます。

艦艇開発隊に勤務していた時には、「船越地区」の警備訓練に参加しました。

警備訓練に迫りくる「空挺レンジャー」の恐怖!!!

第1空挺団の本気を見せつけられる恐怖の時間でした。
(危うく空挺団長を誤射するところだった・・・)

関係項目としてこちらもご覧ください。

【艦発隊】特別警備隊(SBU)に関与する研究について

2018.06.02

船越地区警備隊にて、自隊警備訓練実施!

艦艇開発隊のある「船越地区」は、自衛艦隊司令部などが存在する重要拠点です。

そのため、自隊警備訓練の時には各部隊から人員を招集して「船越地区警備隊」が編成されます。

ふだん船越地区営門の警衛をしている「陸警隊」は、重要拠点警備のため他の地区に向かう状態でした(当時)。
(現在では、解消していればいいなあ・・・)

船越地区の陸上部隊では、艦艇開発隊が曹士および幹部の数が多いため、抽出する人員が多くなります。

私も「船越地区警備隊」に派出されて自隊警備訓練を行うことになりました。

「特殊事態を想定した訓練なので若手中心で」

昔の海上自衛隊の自隊警備訓練の時は、ある程度予定調和のところがありました。

しかし、「9・11」以降の自隊警備訓練は、非常に実践的になりました。

『今回の訓練は、ゲリ・コマ対処が中核となるので若手を中心に編成する』

図1 基地警備訓練中の陸警隊
海上自衛隊,艦艇開発隊,勤務,自隊警備,訓練,第1空挺団,レンジャー,凄い
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/kuV9xIbHxMI/maxresdefault.jpg

訓練の内容が大幅に変更され、ゲリ・コマ対処が中心となります。

そのため、体力のある若手を中心に部隊編成が行われる事になりました。

作戦会議!こりゃあえらいことになるぞ!

「船越地区警備隊」の編成が行われ、指揮官を務める「船越基地業務分遣隊長」の下で作戦会議が行われました。

ここで、「船越地区」を警備することの難しさを痛感します。

図2 海上自衛隊横須賀基地の風景
海上自衛隊,艦艇開発隊,勤務,自隊警備,訓練,第1空挺団,レンジャー,凄い
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/yokosuka/about/img/enkaku2.jpg

横須賀基地全体が広い上に、いくつもの区画に分かれています。

さらに、海からの侵入をも考慮する必要があり、かなり難度の高い作戦になることが予想されました。

とどめに、ゲリ・コマ対処を演練するための「仮想敵役」部隊についての情報が!

「仮想敵役は、陸自第1空挺団だ・・・」

隊長から、訓練命令指達の後に「仮想敵役」が「陸自第1空挺団」であることが示されました。

ぎょえええ~!なんじゃそりゃ!!

陸自との共同訓練ということもあり、陸自部隊の一部が「仮想敵役」であることは聞いていたのですが、まさか「第1空挺団」かい!しかも「空挺レンジャー」のみで編成した「仮想敵役」が来るとのこと!

陸自側も、めったにできない「重要施設襲撃訓練」ができると張り切っているとの話です。

これはえらいことになった・・・。

自隊警備で戦闘続発!思わぬ事態も発生!

自隊警備訓練がスタートして、次々と訓練演目が発生します。

スポンサーリンク

連続する基地侵入想定やら戦闘が続く中で、思わぬ失敗も発生!

夜間に基地侵入!どこから浸透された?!

警備訓練が始まり、最初の夜に戦闘が突然開始されます。

味方OP(監視拠点)
味方OP(監視拠点)『本部!本部!侵入者あり!攻撃を受けている!』

夜間に突然、味方OPから攻撃を受けているとの連絡があり、部隊を展開、何とか(想定)侵入者を捕縛しました。

図3 侵入者を捕縛する状況(イメージ)
海上自衛隊,艦艇開発隊,勤務,自隊警備,訓練,第1空挺団,レンジャー,凄い
引用URL:http://www.city.misawa.lg.jp/images/content/27764/IMG_8949.JPG

捕縛を完了して本部に連行したところで、訓練の審判を行う統裁官付(陸自)から「状況終了」を告げられます。

海部隊
『どっから侵入されたんだ?外柵の部分は監視していたはずなのに?』

陸審判
『侵入を探知できなかったので、すべての訓練終了後に侵入要領を展示するよ~。』

とにかく態勢を立て直して、訓練が続行されます。

危うく空挺団長戦死?公用車による営門突破想定!

他の警備区でも、次々と訓練想定が起きているのが無線から流れて来ました。

別地区では、公用車に偽装した「仮想敵役」に営門を突破され、大損害が出ているとの情報が流れます。

指揮官の公用車については、訓練項目でも車両検査を行ってから通過させることになっていました。

車両の動向を監視する味方OPに、指揮官車両についても「乗っ取り」による突破があるため確認をするよう指示を出します。

その後、総監部地区から船越に戻る指揮官車の情報が伝えられますが、その直後!

味方OP(監視拠点)
『本部!帰投する指揮官車に異変あり!ゲリ・コマが乗っている!』

ついにきたか・・・!

当直士官『隊長!射撃準備態勢をとります!突破される前に抑えます!』
警備隊長『了解。所定の措置を行え!』

射撃準備態勢を指示して、「仮想敵役?」を迎え撃つ準備に入ります。

図4 警備訓練の状況
海上自衛隊,艦艇開発隊,勤務,自隊警備,訓練,第1空挺団,レンジャー,凄い
引用URL:http://www.mod.go.jp/gsdf/wae/4d/katudou/h29/18-2.jpg

警備隊が応戦の態勢を整えて、当該車両が営門に入ってくるのを待ちます。

車止めの位置まで進ませて、対応しようとしたときに!

陸審判
『状況中止!状況中止~!!統裁部への誤射だ~(怒)!!』

陸自の審判団(統裁官付)が、慌てて状況中止の号令をかけて来ました。

何事か?と訝しがる海自側に対して、陸自審判団から怒号が飛びます。

陸審判
『馬鹿野郎!空挺団長を誤射するところだったぞ!』

車両から降りて来たのはなんと「第1空挺団長」!(訓練統裁官:識別マークも装着済)

(総員)『やっべ!やらかした~!!』

・・・その後、船越基地業務分遣隊長が平謝りの状態となりました。
第1空挺団長からは『厳正な警備実施をしている事が分かったので、以後識別を確実にするように』とのお言葉がありました。

その後判明した事実・・・

    • 第1空挺団長が船越地区の警備状況を視察に行くとき、ちょうど防大同期の海将補が船越地区から車両で来ていたため、一緒に同乗してきた。
    • 厳正な警備が行われているか確認しようとして、わざと総監部地区の警衛班に「第1空挺団長同乗」の情報を連絡しないように要請していた。
    • その結果、船越地区で「ゲリ・コマ」と「誤認」する結果になったとのこと。(陸審判には情報が伝達されていた)

空挺レンジャー怒りの猛攻撃!ペンギンも想定戦死!

空挺団長の1件は、『敵味方識別不十分による課題事項』との統裁部からの指導が入りました。

その後、このことを知った空挺団の「仮想的役」部隊が激怒して、船越地区への猛攻撃が始まりました。

次々と、攻撃を受けて損害が増大します。

ペンギンも、不意を突かれてナイフによる「想定戦死」判定になりました・・・。

図5 ナイフによる襲撃(イメージ)
海上自衛隊,艦艇開発隊,勤務,自隊警備,訓練,第1空挺団,レンジャー,凄い
引用URL:https://i.ytimg.com/vi/FdCvrDjJoqo/maxresdefault.jpg

結果として、「船越地区警備隊」は大損害の判定となりました・・・

やっぱり「空挺レンジャー」ってすげええ!

自隊警備訓練終了後、陸自側からの訓練講評ではいろんな指摘が出されました。

  • 『歩哨による周辺監視が不十分』
  • 『指揮官の迅速な命令ができていない』
  • 『動哨の動きが、時間でパターン化されて察知しやすくなっている』
  • 『幹部の肩章により、夜間でも容易に察知されている』

など、多くの教訓が示されました。

外柵の乗り越え方の展示

また、外柵を乗り越えて容易に侵入された事例について、動作付きで展示されました。

さすが「空挺レンジャー」だけあって、乗り越えできないと思っていた外柵をあっさり侵入されました。

『空挺レンジャーってやっぱりすげえ・・・』

感嘆の言葉しか出ない状況でした。

「指揮官は最初に狙う目標」

陸自空挺レンジャーからの指摘で、海自側の問題点が判明した部分もありました。

『幹部(士官)は、指揮系統寸断の為に最初に狙う。海自側は認識が甘い』

図6 空挺レンジャー
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7a/24.12.01_%E7%A9%BA%E6%8C%BA%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%AA%B2%E7%A8%8B%E3%83%BB%E5%81%B5%E5%AF%9F%E3%82%92%E7%B5%82%E3%81%88%E9%80%9F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E9%9B%A2%E8%84%B1%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E5%AD%A6%E7%94%9F_R_%E8%A3%85%E5%82%99_33.jpg
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7a/24.12.01_%E7%A9%BA%E6%8C%BA%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%AA%B2%E7%A8%8B%E3%83%BB%E5%81%B5%E5%AF%9F%E3%82%92%E7%B5%82%E3%81%88%E9%80%9F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E9%9B%A2%E8%84%B1%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E5%AD%A6%E7%94%9F_R_%E8%A3%85%E5%82%99_33.jpg

まさに言葉が出ない正論でした。

海自の気質として、幹部も前に出てしまうところがあり、そのため基地警備訓練で幹部自衛官の損害が多発する要因である、と指摘されました。

やはり、陸自の中で最強といわれる「第1空挺団」の指摘は、適格で実践的でした。

その後、基地警備器材や服装などが見直されるきっかけにもなりました。

やはり、第1空挺団は最強だぜ!

こちらもご覧ください

【揚陸艦導入】陸自の要求を満たせる「みうら型」輸送艦!

2018.07.11

【艦発隊】特別機動船(SB)をめぐるエトセトラ(特別警備隊関係)

2018.06.15

【艦発隊】AK-47を入手せよ!(特別警備隊装備研究)

2018.06.08

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

 

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • 先日、千葉県某所で空挺レンジャー訓練最終日帰還に参加して来ました、この酷暑の中学生達はズタボロになって空挺教育隊の学生教育隊長に帰還の報告をし、隊長からレンジャー過程終了の宣言が成され、晴れて合格し後は駐屯地で同僚 家族 の拍手の中記章を貰うと言う事となります、空挺はもこんな訓練もしていたんですね参考に成りました、此処で書くのも何ですが イージスショア の件、貴兄のおっしゃる通りです、ブログ頑張って下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>