【海上自衛隊】大乱闘!艦艇一般公開イベント開催の裏側では?

海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾

スポンサーリンク

『ころしてでもうばいとる!』『何するショ●カー!』

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

またまた変な導入でしてすいません。

春になり、海上自衛隊の艦艇の一般公開などのイベントが始まりました!

各所で艦艇公開イベントの日程をご紹介するブログも多いと思います。

本ブログでは、ちょっと趣向を変えて、一般公開イベントを開催するまでの内部での苦労話をお話したいと思います。

艦艇一般公開イベントにて、開催に尽力する『地方協力本部』の方を励ましていただけたら幸いです。

艦艇一般公開イベント開催準備は2年前から始まる!

皆さん、海上自衛隊の艦艇一般公開の準備は、どれくらい前から開始していると思いますか?

3~4か月前?半年前?1年前から?

実は、艦艇一般公開をやろうとするならば『2年前』から準備をしないと開催できません!

イベントを急に数か月後に企画して、部隊に依頼するとこうなります。

担当者
『この日に〇〇という艦艇を、広報展示のため一般公開したいのだけど可能ですか?』
艦艇側
『おととい来やがれバカヤロー!予定が詰まってんだ(怒)!この時期に来ても遅い!』

こうなります。

理由として、『年度業務計画(通称:業計)』というものがあります。

艦艇一般公開などの『広報活動』としての「一般公開」は、『業計』に基づいて行われます。

(根拠文書:『海上自衛隊の年度業務計画に関する達』(海上自衛隊達第27号。H27.10.1))
URL:http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/e_fd/2015/ey20151001_00028_000.pdf

この中の第9条に、

『対象年度の前々年度の12月末までに順序を経て海上幕僚長に上申

と記述されています。

実際には、前々年度の8月ごろまでに、各部隊・機関から『業計要望』として海幕に上申する必要があります。

そのため、2年前の8月ぐらいまでに『艦艇一般公開をやりたい!』と要望を上げる必要があります。

非常に気の遠くなる作業ですが、『お役所』なので全ては計画に沿って行われます。

艦艇一般公開を主催するのは、『自衛隊地方協力本部』が開くことが大多数です。

図1 業計の周期線表
海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾
引用URL:http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/e_fd/2015/ey20151001_00028_000.pdf

併せて行われる「予算要求」!

業計要望のみでは、一般公開のイベントは開けません。イベントを開くには「予算」が必要です。

スポンサーリンク

業計要望に合わせて、当該年度の前々年に「予算要望」を提出する必要があります。

業計要望と予算要求をしたからといって、必ず開催できるわけではありません。

各自衛隊、防衛省での内部調整・予算査閲をクリアしないと要望が通りません。

図2 第1の関門「防衛省・陸海空幕僚監部」の査定!
海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/防衛省市ヶ谷地区#/media/File:Ministry_of_Defense2.JPG

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その1(カナヅチ編)

2016.03.24

海上自衛隊のイベントをチェック!横須賀と佐世保では・・・?

2015.10.02

前年度の『業計(案)』に残ったよ!さらに調整だよ!

運よく、前年度に出る『業計(案)』の実施事項として認められました。

ここからまた、紛糾する会議と調整の連続です。

調整と会議の中で、『業計(案)』から脱落することもよくあります。

部隊の訓練行動や、実任務、修理などいろんな調整が行われます。

『この船を希望してるけど、こっちの船でいいかな?』
『開催時期をずらすことはできないの?』

ここでも紛糾します。

図3 紛糾する担当者とのやりとり
海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾
引用URL:https://www.pakutaso.com/20160320082post-7309.html

どうにか前年度の調整をくり抜けて、ようやく当該年度の『業計』に決定することになります。

しかし、『業計』の予定に掲載されたからといって、安心できません!

横取り!奪い取り!何でもありの「調整会議」

どうにか、艦艇一般公開の予定が『業計』で決まった!これからPRポスター作製・配布だー!

なんて浮かれてられないのが、艦艇一般公開イベントを開催するときの怖いところです。

図4 艦艇公開PRのポスター(宮崎地本)
海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾
引用URL:http://www.mod.go.jp/pco/miyazaki/event/img/pdf/30.5.12tokiwa.pdf

『広報展示』を行う艦艇は、『業計』で「この時期に」と指定をされることが多いです。

しかし、本当に決定するのは、自衛艦隊が行う「調整会議」で正式な日時が決定します。

この、自衛艦隊で年に3回行われる『四半期運用調整会議』が曲者です。

自衛艦隊司令部主催の「運用調整会議」が戦場だ!

日程など最終的な調整が行われるのが、自衛艦隊司令部が開催する「運用調整会議」です。

ここで行われる、艦艇の動きや日程調整をクリアしないと予定通りに開催できません。

四半期ごとの行動を調整する「運用調整会議」は、まさに戦場となります。

図5 自衛艦隊司令部
海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾
引用URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/自衛艦隊#/media/File:JMSDF_Self_Defense_Fleet_HQ.JPG

『広報展示!こっちの訓練に必要だから船を回せ!』
『嫌じゃ~!前々から要望してようやく広報できるんじゃ!』

会議は、毎回大紛糾しながら決まっていきます。

海上自衛隊の各部隊のほかに、

  • 陸空自衛隊
  • 地方協力本部
  • 技術研究本部・装備本部(現:防衛装備庁)
  • 内局

など、各種部隊等の運用幕僚・運用担当者が入り乱れるバトルになります。

私『ペンギン』も、海上試験の関係で何度か参加しましたが、毎回大バトルです。

それぞれの担当者は、訓練等で艦艇を必ず確保するので必死ですが、会議だけでは決まらないので、各者いろんな手で確保しようとします。

泣き落とし・相乗り・「袖の下」何でもありの艦艇確保!

会議の前までに、各員はいろんな手で艦艇確保を狙って「根回し」をしてきます。

当該艦艇の艦長に、十分に説明して時には泣き落としで予定に同意を得てくる例もあります。

他には、業計の予定に別の部隊の訓練が「相乗り」してくることも・・・

また「袖の下」を使って艦艇確保!なんていうこともあります。
むろん金銭ではありません!それだけは誤解の無いように断言しておきます!

図6「袖の下」を使ってでも!
海上自衛隊,イベント,一般公開,護衛艦,艦艇,開催予定,裏側,苦労話,地方協力本部,自衛艦隊,紛糾
引用URL:https://www.irasutoya.com/2015/05/blog-post_51.html

「燃料」や「弾」など、訓練用に割当られるの物とは、別予算で要求部隊持ちでやります!こんな「袖の下」があります。

「防衛装備庁」関係は、艦艇を参加させるときによくやってました。

私『ペンギン』も、「普段あんまり撃てない弾を一杯撃てますよ~」「袖の下」で艦艇を確保した経験があります。

こんな大バトルを繰り広げながら、艦艇一般公開イベントの開催にこぎつけます。

ようやく艦艇一般公開イベントができるよ・・・

これほどの、大バトルを繰り広げながらようやく艦艇一般公開のイベントへたどり着けます。

艦艇一般公開のPRポスターに注意事項として、

『その他の都合により中止・変更になる場合がありますがご了承ください』

と必ず記入されています。

この一文の裏には、壮絶なイベント開催への大バトルがあるためです。

どうかこの記事を見た方で、艦艇一般公開イベントに行く方がいて、そこで『地方協力本部』のブースがあったら、

『皆さん苦労してイベント開催に尽力されたんですね』

と声をかけていただければ幸いです!

担当者の苦労が報われます!

こちらもご覧ください

【中国海軍】052D型駆逐艦の厨房から見えてくる技術思想!

2018.05.05

【海上自衛隊】船務士として護衛艦勤務した1年4か月!

2018.03.11

【自衛隊】海自から防衛省に出向したら世界が変わった(笑)

2016.02.22

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク