【海上自衛隊】新しい潜水艦救難艦とDSRVが登場したよ!

海上自衛隊,潜水艦,救難艦,ちよだ,DSRV,川崎重工,三菱重工,しんかい,JAMSTEC

スポンサーリンク

『久々に新しい潜水艦救難艦とDSRVの登場だ!』

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

2018年3月20日(火)に新しい潜水艦救難艦「ちよだ」の引き渡し、就役がありました。

併せて新しいDSRV(深海救難艇)も登場することになりました。

潜水艦救難の活動を支えるDSRVですが、実際あまり知られていないところがあります。

この記事では、あまり知られていないDRSVについてご紹介!

3艇目のDSRVが『ちよだ(404)』に搭載されるよ!

潜水艦救難艦 『ちよだ(404)』の就役に併せて、海上自衛隊で3艇目のDSRVが登場しました。

図1 新しいDSRV「ちよだ」
海上自衛隊,潜水艦,救難艦,ちよだ,DSRV,川崎重工,三菱重工,しんかい,JAMSTEC
引用URL:http://file.matomex9999.yamatoblog.net/s0.jpg

DSRVは、潜水艦救難艦の『搭載艇』のため、『艦艇』として分類されておらず、結構目立たない存在です。
しかし、中身は立派な『フネ』といえるものです。

3艇目のDSRVは、建造費約127億円、DSRVとして初めて『リチウムイオン電池』を搭載しています。

1・2艇目のDSRVは、『海水銀電池』を使用していましたが、当時は深海の水圧に耐えられる『電池用容器』がまだありませんでした。そのため、実績のある『海水銀電池』を使い続けてきました。

20年以上の研究の末に、ようやく深海の水圧に耐えられる『リチウムイオン電池』が搭載されます。

DSRVは、電池のみが動力源となるため慎重に開発されていました。

スポンサーリンク

DSRV研究の基礎となった実験艇「ちひろ」

世界を見ても、DSRVを独自に開発・運用できる国は8か国程度といわれています。

潜水艦の開発能力とともに、高い水圧に耐えられるだけの鋼材を加工できる技術力が求められるためです。

日本では、昭和50年に実験艇『ちひろ』にてDSRVの研究を行い、その実験結果から昭和60年に初代のDSRVが就役しました。

図2 実験艇『ちひろ』
海上自衛隊,潜水艦,救難艦,ちよだ,DSRV,川崎重工,三菱重工,しんかい,JAMSTEC

写真は、某所に保存されている実験艇『ちひろ』です。

どこから入手したのかは聞かないでください。

このアングルで撮影された実験艇『ちひろ』はほとんどないと思います。

海上自衛隊における、潜水艦救難の歴史に残るであろう『ちひろ』はほとんど知られていません。

この実験艇『ちひろ』のおかげで、日本はDSRVを独自建造できたといえます。

DSRVはすべて『川崎重工製』!

あまり知られていない話として、DSRVの建造はすべて『川崎重工』が建造しています。

潜水艦の建造を行う『川崎重工神戸工場』にて建造されています。

DSRVの建造には、高い技術力が必要となります。

特に『ものすごく硬い鉄鋼』を使うため、建造できる会社が限られます。

それでは、潜水艦を建造しているもう1社の三菱重工はどうしているかというと・・・

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】いずも型を『空母に改修』ていうけどさあ~

2018.02.04

【海上自衛隊】幻の『FCS-0』を知ってるかい?

2017.12.27

三菱重工は「しんかい200」「しんかい6500」を建造!

潜水艦を建造できるもう一社の『三菱重工神戸造船所』では、深海探査船を建造しています。

『しんかい2000』『しんかい6500』が『三菱重工』で建造されました。

JAMSTEC(海洋研究開発機構)にて運用されているのが『しんかい6500』です。
(「しんかい2000」はすでに退役)

図3 しんかい6500
海上自衛隊,潜水艦,救難艦,ちよだ,DSRV,川崎重工,三菱重工,しんかい,JAMSTEC
引用URL:http://www.mhi.co.jp/products/detail/__icsFiles/artimage/2013/03/14/cj_pd_sp_re/shinkai6500.jpg

深海探査機など、高い水圧がかかる中で作業ができる探査船の建造技術は、潜水艦の建造技術を利用して行われました。

『三菱重工』も、DSRVを建造しようと思えばできますが、『しんかい6500』など深海探査機に注力しています。

以前、JAMSTECの見学をした時、ちょうど『しんかい6500』を整備中でした。

整備に来ていた三菱重工の方は、DSRVよりこっちのほうが面白いよ!と話していました。

『ちよだ』が就役して『ちよだ』が退役・・・

2018年3月20日には、潜水艦救難母艦『ちよだ(405)』が退役いたしました。

図4 自衛艦旗返納式の『ちよだ(405)』
海上自衛隊,潜水艦,救難艦,ちよだ,DSRV,川崎重工,三菱重工,しんかい,JAMSTEC
引用URL:https://www.facebook.com/JMSDF.PAO.fp/

今回退役したのは『潜水艦救難母艦(AS405)』となります。

就役したのが『潜水艦救難艦(ASR404)』という、ちょっと複雑な形になります。

理由として『潜水艦救難艦ちはや型』2番艦のため、『ちはや(403)』の次艦となり、艦番号が「404」になります。

図5 進水式の潜水艦救難艦 『ちよだ(404)』
海上自衛隊,潜水艦,救難艦,ちよだ,DSRV,川崎重工,三菱重工,しんかい,JAMSTEC
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/formal/operation/img/meimei/chiyoda/281017-05.jpg

いろいろとややこしい状態ですが、なじみのある艦名が残ることになりました。

『ちよだ(405)』がDSRVを着水させるときの、豪快なシーンがもう見れなくなるのはさみしいですね・・・

1985年からずっと、潜水艦などの救難任務を支えてきた『ちよだ(405)』お疲れさまでした!

・・・そういえば潜水艦救難艦『ちはや(403)』の時にあった、激ヤバ設計はさすがに見直されたようですね。
(何が激ヤバなのかはとても言えません・・・)

こちらもご覧ください

【自衛隊】装備品の配備には試験だらけでとても長い!

2017.07.14

【海上自衛隊】潜水艦の話は秘密がいっぱい?!

2017.04.25

【海上自衛隊】装備品の銃に関するあれこれ雑記

2017.03.03

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク