【韓国】新政権との日韓関係の停滞・紛争の可能性は!

自衛隊 韓国 戦争 関係悪化 北朝鮮 紛争 新政権 竹島 

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『正直、記事作成当時の予測以上の事態になった・・・』

最近の韓国情勢は、大統領罷免そして親北政権誕生など想像以上に激しく動いています。

このサイトで2015年に韓国との関係についていろいろ書いていました。

その記事で予想した以上のことが発生しています。

今日は、改めて『韓国との今後の情勢』について書いてみます。

 


ホントに2017年に朝鮮半島情勢が動くとは・・・

2016年後半から2017年に韓国情勢は、激変の事態となりました。

2016年12月に大統領が『弾劾訴追』を受け、2017年3月10日ついに罷免となりました。

図1 弾劾・罷免された朴前大統領
自衛隊 韓国 戦争 関係悪化 北朝鮮 紛争 新政権 竹島 
引用URL:http://s3.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170125&t=2&i=1170056007&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED0O03N

2015年9月に、中国の「抗日戦勝70周年記念行事」に、朴大統領は参列していました。

図2 「抗日戦勝70周年記念行事」での朴大統領
自衛隊 韓国 戦争 関係悪化 北朝鮮 紛争 新政権 竹島 
引用URL:http://prt.iza.ne.jp/kiji/world/images/150904/wor15090414480027-p2.jpg

スポンサーリンク

まさか、ここから2年足らずで弾劾・罷免にまで事態が発展するとは想像以上でした。

本サイトでは、2015年10月に、

【自衛隊】韓国との戦争はありうるのか?

2015.10.28

にて、「2017年がターニングポイント」と執筆しました。

まさに、その2017年に大きく事態が動き、罷免そして親北政権が誕生する事態になりました。

 

北朝鮮情勢も大激変!

この間にも、北朝鮮から2月以降、弾道ミサイルの発射実験が頻発しました。

4月になると、一気に情勢が緊迫化し、「戦争再開か?!」と思われるほど緊張が高まりました。

この事態に、米国は「THAAD」迎撃システム配備を強行するほどです。

図3 搬入されるTHAADシステム
自衛隊 韓国 戦争 関係悪化 北朝鮮 紛争 新政権 竹島 
引用:http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170426&t=2&i=1182096931&w=&fh=&fw=&ll=644&pl=429&sq=&r=LYNXMPED3P0I1

まさに、2017年は朝鮮半島にとって激動の年になるといえます。

 


今後の日韓関係は停滞・紛争になだれ込むのか?

今後、日韓関係はどうなるのか?少なくとも、より停滞することだけは確実です。

『日韓合意』で動きが取れなくなると見ています。

8割がた、『日韓合意』の破棄が行われると管理人は見ています。そのために、日韓関係がより停滞・泥沼化すると予測しています。

では、韓国と紛争・戦争というようなことになるのか?

 

韓国『戦時作戦統制権』の移管が実施されたならば要注意!

現状、韓国軍は「戦時」において独自の作戦行動を行うことができません。
(「平時」での作戦指揮権は、韓国側にある)

『戦時作戦統制権』が米国側にあるためです。

この『戦時作戦統制権』が韓国側に移管されることになった場合に、紛争・戦争の可能性が出てきます。

図4 戦時作戦統制移管のイメージ
自衛隊 韓国 戦争 関係悪化 北朝鮮 紛争 新政権 竹島 
引用URL:http://wildhorse-depot.up.n.seesaa.net/wildhorse-depot/image/CAC6B4DACFA2B9E7BBCACEE1C9F4A4CEB8BDBBD8B4F8C2CEB7CF_640.jpg?d=a1

現在では、韓国側の要請により戦時作戦統制権の移管が延期されている状態です。

しかし、米国トランプ政権が早期の移管の可能性も考慮しているようです。

そのため、『戦時作戦統制権』の移管が、日韓紛争・戦争のシグナルと見るべきです。

 

今後5年間は、日韓紛争・戦争のリスクが高まる!

韓国で新政権が発足しましたが、日韓関係では停滞化するものと考えます。

そればかりか、朴政権の時よりも日韓紛争・戦争のリスクが高まってきたと考えるべきでしょう。

 

9か月後の、2018年2月には『平昌オリンピック』が待っています。

オリンピック開催後には、何が起きてもおかしくない状況になると考えられます。

さらに2020年には『東京オリンピック』も控えています。

状況的に、何が起きてもおかしくないといえます。

 

実際に2008年『北京オリンピック』の開会式の日に、『ジョージア紛争』が勃発しています。

今後5年間は、日韓関係に要注意となるでしょう!

その他関連記事としてこちらをご覧ください。

【海上自衛隊】物理的な韓国海軍との戦力比較は当てにならない!

2016.01.11

【自衛隊】南スーダンで自衛隊が銃弾提供 韓国での変な反応!

2015.11.27

【自衛隊】韓国との間でのスパイ暗闘そして沈没事件でのさや当て

2015.11.07

【自衛隊】フィリピン周辺をめぐる自衛隊および韓国のこれからについて

2015.10.30

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

 

スポンサーリンク