【北朝鮮】北朝鮮に『超音速』対艦ミサイルが存在する?!

北朝鮮,対艦,ミサイル,超音速,Kh-31A,AS-17,中国,密輸

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『ハリボテなのかそれともすでに入手したのか?』

北朝鮮の軍事パレードにおいて、いろんなミサイルなどが登場して注目されています。

一番注目を集める『ICBM?』『新型中距離弾道弾』などがあります。

今回はちょっと視点を変えて、本来は北朝鮮に無いはずの『対艦ミサイル』に注目してみました。

ハリボテなのか、本当にどこかの国から入手した『危険な超音速対艦ミサイル』に注目!

 


北朝鮮に存在しないはずの『超音速対艦ミサイル』らしきもの!

今年の北朝鮮の軍事パレードの中に、少し他とは違うミサイルが映像にありました。

他のマスコミは、ICBMやSLBMに注目しており、ほとんど留意していません。

しかし、もし本当に存在するのであれば『今そこにある危機』となりうるミサイルです。

そのミサイルが映像にありました。

図1 注目すべきミサイル!
北朝鮮,対艦,ミサイル,超音速,Kh-31A,AS-17,中国,密輸
引用URL:http://wanderlustwire.com/wp-content/uploads/2017/04/16.jpg

このミサイルについて、注目して本当に存在するのか留意すべきところです。

一部では、「何か曲がっている!ハリボテだ!」と騒ぐ声もあります。

スポンサーリンク

図2 ハリボテじゃないかと指摘された部分
北朝鮮,対艦,ミサイル,超音速,Kh-31A,AS-17,中国,密輸
引用URL:https://i0.wp.com/takayamaukondaiyunagafusa.net/wp-content/uploads/2017/04/%E5%8C%97%E3%81%A0%E3%82%8816.png?w=600

確かに、見た目では「ノーズコーン」が変な方向を向いていて、間違って付けたように見えます。

しかし、私としてはこのミサイルにどこか見覚えがあり、いろいろ探してみました。

その結果、やはり『当たり』がありました。


これは「Kh-31A(AS-17)」じゃないか?

資料を探して、行き当たったのが『Kh-31A(AS-17)』対艦ミサイルです。

図3 Kh-31A対艦ミサイル
北朝鮮,対艦,ミサイル,超音速,Kh-31A,AS-17,中国,密輸
引用URL:http://static.laodong.com.vn/Uploaded/phamthuhien/2014_04_12/kh%20(10)_ZJPA.jpg

この対艦ミサイルは、旧ソ連で開発され、最大マッハ4.5の速度を出す超音速対艦ミサイルです。

特に、対『イージス艦』を主目標として開発されたもので、「イージスキラー」とも言われています。

 

オリジナルの「Kh-31A」とは多少細部が異なりますが、ほぼ外見が一致します。

基本的に、北朝鮮にはロシアおよび中国から輸出されていないはずのミサイルです。

この『超音速対艦ミサイル』が、北朝鮮に存在するのであれば、戦略の見直しが必要になります。

北朝鮮がこのミサイルを入手している可能性は、全くのゼロというわけではありません。

 

Kh-35対艦ミサイルが北朝鮮に渡った実例

以前、2014年にロシアの軍事関係者からの指摘で、Kh-35(3M24)が北朝鮮に存在するという指摘がありました。

図4 北朝鮮に渡った?Kh-35
北朝鮮,対艦,ミサイル,超音速,Kh-31A,AS-17,中国,密輸
引用URL:http://cdn.ruvr.ru/2014/06/20/1506207723/9htyhtytthtythtyty.jpg

元記事:「ロシアの声(ラジオ・スプートニク)」(2014年6月20日)
URL:https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2014_06_20/273737017/

その他、ウクライナやイランからいくつかのミサイルが渡ったことも知られています。
(「Kh-25」「Kh-58」については確実に北朝鮮に渡ったといわれている)

これらのことから、『Kh-31A』が北朝鮮には無い!とは言い切れない状態です。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【北朝鮮】確実に実戦レベルに発展した新型ミサイルの脅威!

2017.03.03

【北朝鮮】航空ショーにみる北朝鮮の思惑について

2016.11.20

 

今後も北朝鮮の動向に留意する必要がある。

2017年4月29日にも、北朝鮮は弾道ミサイルを発射して「失敗」と報道されました。

しかしながら、高度70Kmまで上昇しています。

もし「失敗」ではなく、「ロフテッド軌道発射試験」であったならば?

 

中距離弾道弾の対艦ミサイル化ではなく、『Kh-31A』の試験であったならば?

中国の『対艦弾道ミサイル弾DF-21D』でさえも、開発に手間取っている状態です。

『Kh-31A』の独自の改良による発射試験も否定できないところでしょう。

 

通常の空対艦ミサイルを地上発射型に改造することは意外と簡単です。

フォークランド紛争において、アルゼンチンが空対艦エグゾゼミサイルを地上発射した実績があります。

そのため、『大した対艦攻撃能力は無い』とタカをくくっていると、思わぬ痛手になります。

本当に、ロシア中国・その他ウクライナ・イランや、トルクメニスタンなどから入手していないのか?

今後とも留意するべき点でしょう。

 

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

2017.04.25

【自衛隊】与那国島への自衛隊配備をめぐる中国の激烈な反応の裏!

2015.10.26

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク