【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

海上自衛隊,空母,強襲揚陸艦,輸送艦,補給艦,陸自,水陸機動団,補給,運用

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『空母より大型揚陸艦がマジで必要なんじゃ~!』

2017年になり海上自衛隊のDDH4隻の更新が完了いたしました。

「空母だ!空母導入だ!」なんて浮かれている声もありますが、それどころではありません。

本当に必要とされている、陸自「水陸機動団」への輸送力提供が出来ていないのが現状です。

今回は、「空母」より本当に必要な「強襲揚陸艦」についてお話します。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】いずも型を『空母に改修』ていうけどさあ~

2018.02.04

「足りねー!全然輸送・補給能力が足りねーよ!!」

現職の時、「幕僚」になるための教育を受ける時期がきます。その中で、教育を受けてある課題を提示され、思わず叫んだのがタイトルの言葉です。

自衛隊の統合運用が当たり前の時代になってきたため、陸自や空自との「統合作戦」を学びます。

その中で、陸自から来た教官による「統合作戦」の教務である課題が出ました。

演習目標『西部方面普通科連隊(WaiR)を主力とした戦闘団を所定の島に揚陸せよ。
作戦期間は2週間、作戦期間中のWaiRへの必要補給物資も輸送・補給させること』

こんな課題が出ました。

そのための必要な輸送艦の手配、補給物資の確保・輸送といった計画を立てていきます。

計画を立てれば立てるほど、

  • 「輸送艦の数が足りね~!」(「おおすみ」型輸送艦だけでは運べない)
  • 「車両数が多すぎて、全部載せられない!」
  • 「陸自用の燃料・弾薬・食糧ってこんなに大量なのかよ~!」
  • 「『ましゅう』型輸送艦一隻を使っても足りないじゃないか!」

こんな感じで悲鳴続出する状態になりました。

図1 輸送艦「おおすみ」と補給艦「ましゅう」

海上自衛隊,空母,強襲揚陸艦,輸送艦,補給艦,陸自,水陸機動団,補給,運用海上自衛隊,空母,強襲揚陸艦,輸送艦,補給艦,陸自,水陸機動団,補給,運用
引用URL:http://123ohmygod.up.seesaa.net/image/military-powers_4001-001.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CFNOVjZVEAEDq13.jpg

一隻一隻ごとだと、とても大きな艦ではあります。しかし計画を立ててみるとその能力に愕然としました。
まったく陸自の作戦支援要求に対応出来ない現状がありました。

 

陸自の作戦に必要な燃料弾薬食糧の必要量は、海自にとっては膨大な量であったのです。

ただでさえ少ない補給艦を、陸自作戦部隊に同行させるとさらに他で補給が滞るのです。

「ここまで来ると、「ワプス」級の「強襲揚陸艦」が必要になってくるぞ」

そんなことが、「幕僚」教育を受けていた仲間での共通認識になってました。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【自衛隊】装備品の配備には試験だらけでとても長い!

2017.07.14

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その1(カナヅチ編)

2016.03.24

「強襲揚陸艦」は「空母」じゃなくて「揚陸・補給拠点艦」だ!

よく、「強襲揚陸艦」は「空母」と同じだ!と誤解されることが多くあります。

実際に、米海軍の強襲揚陸艦は「AV-8BハリアーⅡ」が運用できるため、そう思われてしまいます。

図2 米海軍強襲揚陸艦「ワプス」級
海上自衛隊,空母,強襲揚陸艦,輸送艦,補給艦,陸自,水陸機動団,補給,運用
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/19/US_Navy_100314-N-0120A-446_USS_Essex_%28LHD_2%29_cruises_the_South_China_Sea_while_participating_in_exercise_Balikatan_2010_%28BK_10%29.jpg/800px-US_Navy_100314-N-0120A-446_USS_Essex_%28LHD_2%29_cruises_the_South_China_Sea_while_participating_in_exercise_Balikatan_2010_%28BK_10%29.jpg

しかし、米海軍の場合は、「海兵隊遠征隊(MEU)」の支援という目的があります。
そのため、独自に航空支援が必要となるため艦載機が乗っています。

 

海上自衛隊が「強襲揚陸艦」を導入する場合は、「水陸機動団」を輸送揚陸させるという目的になります。

図3 海上自衛隊の新型輸送艦構想
海上自衛隊,空母,強襲揚陸艦,輸送艦,補給艦,陸自,水陸機動団,補給,運用
引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/corez18c24-mili777/imgs/d/6/d641c369.jpg

むしろ、「揚陸・補給拠点艦」としての能力を求められます。

併せて、揚陸部隊に対して十分な作戦補給物資を提供する役目を持たせる必要が出てきます。

そのために4万トンクラスが必要量を満たす船体となって要求に現れます。

「空母」よりも「強襲揚陸艦」が現実的に必要なものなのです。

 

必要な「ノウハウ」の習得は発展途上・・・

陸海空自衛隊にとって、部隊を揚陸させて作戦を展開する「両用戦」のノウハウ習得は、まだ発展途上にあります。今まで統合運用が行われてきていなかったためです。

米国でも「両用戦」習得にはかなりの時間と「ノウハウ」が必要とされました。全く別次元での運用能力が必要になってきているのが現状です。

 

真の意味での「統合運用」となるための「試金石」とも言えます。

そのため、「空母」みたいだ!など話よりも大事なことでもあります。

「空母」持つより、「強襲揚陸艦」の方が現実的ですよ!

関連項目としてこちらもご覧ください。

【アニメコラボ】「宇宙よりも遠い場所」で「しらせ」が出るぞぉ~!!

2017.12.31

【防衛省】華麗なる「カレーの乱」勃発の記録

2016.11.20

【海上自衛隊】船務科と船務士だって仕事してるもん!!

2016.05.22

【海上自衛隊】アニメコラボで大騒動・・・!その時・・・!

2015.10.14

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!





8 件のコメント

  • 最近よく読ませてもらっています。
    この記事について質問があるのですが
    陸上自衛隊の物資や人員を運ぶために
    強襲揚陸艦が必要であるというのは、
    日本の領土のどこかが一旦占領されてしまうことを
    想定しての準備ってことだと考えていいんでしょうか
    他にも強襲揚陸艦が必要とされる状況として
    主なものがあったりするのなら、ぜひ教えて欲しいです。

    • 自転車さん、コメントありがとうございます。
      ご指摘の通り、強襲揚陸艦の運用などは、武力攻撃事態における着上陸侵攻などで、国土の一部占領などがあることを念頭に置いています。
      「専守防衛」という国防の基本理念があるため、どうしても水際防御が間に合わないという考えがあります。
      また、強襲揚陸艦のの必要性として、「MOOTW(戦争以外の軍事作戦)」にも使える点があります。
      具体例でいえば、
      ・PKOでの物資輸送(東ティモールPKOでは、車両などの物資輸送にLCACが重宝しました)
      ・災害救援
      ・民生支援、人道支援
      ・NEO(在外邦人救出活動)
      などがあります。

      平時においても、部隊を重装備ごと輸送できるなどの利点があります。
      (航空輸送だと結構費用がかかるんですよ)
      こんな感じですがどうでしょうか?

      • ありがとうございます。
        とても勉強になりました。
        ブログ運営頑張ってください!
        現役時代のエピソードなんかが
        聞けたら嬉しいです(笑)

        • 自転車さんありがとうございます。
          これからもよろしくお願いいたします。
          (部隊実務他でのいろいろな話もまだありますのでお楽しみに!)

  • はじめまして。本日初めて訪問させていただきまいしたが、ブログ楽しく拝読しております。順次過去エントリーを読ませていただきます。
    強襲揚陸艦に関しては私も必須だろうと思っていました。全ての護衛隊群に配備するにはお金が心配ですし、あちこちに配慮して「強襲」と言う名前は無くなりそうですが。(笑)
    4万トンクラスならオスプレイも楽々で輸送力が格段にあがりますね。個人的にはウェルデッキからLCACが出てくるシーンは萌えます。^_^

    • 大黒屋さま、コメントありがとうございます。
      輸送艦のLCACが出てくるところは、かなり貴重なシーンですね!
      一度、人員輸送ユニット搭載の時にのりましたが、すごい音になりますよ!

  • 強襲揚陸艦(自衛隊的には多目的輸送艦になるかな?)の必要性は、十二分に感じます。
    近年であれば、陸自で必要な正面装備だけでも急速に増えているのが現状です。
    AAV-7を始め、島嶼防衛のための機動戦闘車や、120㎜重迫撃砲(場合によっては軽迫かな?)、軽装甲機動車や高機など、運搬を必要とする正面装備だけでこれだけの車両が数百単位で必要になります。
    ただそこで、4万tクラスと政府は発表しておりますが、本当に4万tクラスで十分なのでしょうか?
    また、強襲揚陸艦は揃って鈍足でもあります。これは派遣速度の低下に他なりませんが、いかがおかんがえでしょうか?

    • 陸士長さま、コメントありがとうございます。
      強襲揚陸艦について、『次期輸送艦』のコンセプトとして、1コ連隊戦闘団の輸送というのが運用構想として中心にあります。そこから、「必要船体規模」として4万tクラスという算出が出ています。
      現在の、防衛構想では、師団レベルの揚陸を考えていないのが現状です。
      また、4万tクラスが、現在の港湾岸壁設備について、改修なしに使える限界という、後方の限界があります。
      速力については、HVU(最重要目標)となる輸送艦を護衛する、護衛隊群の対潜警戒速度を考慮すると、22~24ノットが妥当な速度となってきます。(先代みうら型輸送艦は最大速度14ノットでした)
      18ノット(約33km/h)を超えると、ソーナーによる潜水艦探知能力が低下する事情もあります。

      防衛省が借り上げしているナッチャンワールドだと40ノットの高速が出ますが、単独航行させることになり、潜水艦の標的となるリスクが高まります。

      速力・輸送量・エンジン燃料消費率・対潜警戒のリスク・HVUの輸送艦撃沈のリスク、現状での後方支援体制の限界、その他もろもろを考えると、現状の22ノット(おおすみ型)からあまり速度を上げられないというのが、海自側の考えですね。

      こんな感じですが、いかがだったでしょうか?

  • ペンギン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>