【海上自衛隊】装備品の銃に関するあれこれ雑記

海上自衛隊,装備,調達,散弾銃,自動小銃,研究,個人装備,裏話

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『個人装備の銃に関するあまり外に出ない話を・・・』

海上自衛隊では護衛艦等の大型装備の他にも、個人装備として銃もいろいろあります。

現職当時にその関係に一部関与することがあり、いろいろなことがありました。

こちらの方が良いのだけれど、いろんなしがらみでもどかしい思いをしました。

今回は、そんな銃に関する調達や研究の裏話などを紹介。

 


新型散弾銃はあれで良かったのか?(ベネリM3T)

海上自衛隊の銃に関する話で、特に現職時代に疑問を覚えたのは「新型散弾銃」でした。

護衛艦等に装備されている散弾銃が旧式化したため、「新型散弾銃」の導入が計画されました。

候補として、海幕より提示されたのが「ベネリM3」です。

図1 ベネリM3
海上自衛隊,装備,調達,散弾銃,自動小銃,研究,個人装備,裏話
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/21/Benelli_m3.JPG

ただ、いろいろ試験や研究をしてみると使いづらい点がいくつも出てくる状況でした。

「ベネリM3」は狩猟用として国内にも流通しているため、調達が容易ではあります。

現場の部隊からは「ベネリM4(M1014)」が要望として出ていました。

当時すでに米海兵隊に大量に調達が始まっておりました
「M1014」では短縮ストック型であり、艦艇でも使いやすいところがあります。
(「M1014」は米軍での制式名)

図2 ベネリM4(M1014)
海上自衛隊,装備,調達,散弾銃,自動小銃,研究,個人装備,裏話
引用URL:http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?plugin=ref&page=%A5%D9%A5%CD%A5%EA%20M4&src=bm4.jpg

FMS(対外軍事有償援助)によって米国から調達する手法も可能でした。

しかし、決定したのは「ベネリM3T」になりました。

当時、装備品の調達方法をめぐりいろいろなゴタゴタの影響を受けたところもあります。

いまいち、スッキリしない状況でした。

こちらもご覧ください。

【拝啓】経済的徴兵制が実施される!と叫ぶ皆様方へ

2018.01.14

 


自動小銃でのあれやこれや・・・

「立入検査隊(MIT)」等の整備に伴い、護衛艦搭載の自動小銃についても検討が行われました。

特に、「インド洋派遣」などで「64式自動小銃」の不便さが現場部隊から上申されています。

そのため、配備する自動小銃についての検討・調達で結構いろんなことがありました。

 

米軍NAVSEAより「ナイツ社製SR25」の提案があった

検討の過程にてNAVSEA(米海軍海洋システムコマンド)から、
「ナイツ社製SR25」
の非公式提案がありました。
(NAVSEAの一部が米海軍横須賀基地にある)

図3 ナイツSR25
海上自衛隊,装備,調達,散弾銃,自動小銃,研究,個人装備,裏話
引用URL:http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams04/sr25.jpg

当時は米軍でトライアルが行われ、海軍用「Mk11」として導入する予定があるとのこと。

導入数を増やしたい為に「「これはどうですか?」という提案が出ました。

検討はされたものの、「狙撃用」なのであまり「自動小銃」としては・・・

ということで、あえなく「SR25」の提案は没になりました。

 

海上保安庁のアドバイスから「89式自動小銃(折曲銃床)」に決定

その他海上保安庁側では「89式自動小銃(折曲銃床)」を使用しているとのこと。

そのため、海保側にアドバイスを求めたところ、十分使用に耐えうるとの返答がありました。

海上保安庁の「警備実施等強化巡視船(特別警備隊)」では標準となっているとのこと。

図4 海上保安庁特別警備隊の射撃状況
海上自衛隊,装備,調達,散弾銃,自動小銃,研究,個人装備,裏話
引用URL:http://hanataing.up.n.seesaa.net/hanataing/image/image_1-ac90a.jpeg?d=a1

仲が悪いなんて言われている「海自」と「海保」ですが結構現場同士では意志疎通ができてます。

その結果、最近の「海賊対処部隊」に配備される護衛艦は「89式自動小銃」になってきてます。

(海保との会議ではあくまで「海保特別警備隊」での使用状況でした)
(いわゆる「SST(特殊警備隊)」での使用状況に関しては一切説明されませんでした。)

 

海上自衛隊も個人装備の銃について研究する時代になった

検討や装備調達の仕様書(案)作成などを行っているときに、担当科長から・・・

「海自で銃の検討をするようになるとは隔世の感があるなあ・・・」

と呟いていました。

昔の海自ではあまり個人用の銃について真剣に検討されてこなかった所があります。

これも時代の変化なのだなと思ったのが印象に残っています。

 

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】幻の『FCS-0』を知ってるかい?

2017.12.27

【自衛隊】装備品の配備には試験だらけでとても長い!

2017.07.14

【海上自衛隊】多用途支援艦の魅力を知ってくれ~!

2016.11.20

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!





2 件のコメント

  • この記事に関連して質問なのですが、艦艇に配備されている散弾銃はサメよけなどの話もありますがそもそもどのような目的で配備されているものなのでしょうか。

    • 防弾たくあんさんコメントありがとうございます。
      護衛艦に配備される散弾銃は、昔までは、
      「HSの運航の妨げとなる鳥獣駆除」
      「陸戦隊揚陸部署における内火艇自衛用武器」
      としての目的があります。
      「溺者救助における、サメ・フカ駆除」は、以前は64式で行っていました。
      89式に更新された後、威力のある散弾銃で行うようになりました。

      しかし「船舶検査活動法」などの成立により、船舶内での捜索活動にて使用することも考慮されるようになりました。
      こんなところですね。

  • 防弾たくあん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>