【海上自衛隊】国内巡航(その2)から遠洋練習航海出発へ!

海上自衛隊,練習艦隊,国内巡航,その2,実習幹部,遠洋練習航海,きつい

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『実習幹部ペンギン、航海に旅立つ!』

海上自衛隊幹部候補生学校を卒業したペンギンはそのまま国内巡航(その2)に出発!

当時は、そんな名称で呼ばれていました。(現在は、卒業後から国内巡航に行く)

「実習幹部」となったけど、相変わらずキツイ!日々が待ち受けていました。

そのまま、遠洋練習航海になだれ込む航海日程!

 

「実習幹部」になっても相変わらずきついよ!

 

3月下旬に「幹部候補生学校」を卒業すると、「実習幹部」となり「練習艦隊」所属となります。

「実習幹部」はあくまで「実習」なので、「○○○乗組」ではありません。

航海手当は付くけど、「乗組手当」はまだ付きません。

ここでの日々は、「幹部候補生学校」と変わらずキツイ日々です。

船に乗っている分もっとキツイ状況でで、地獄の日々が続く状態です。

分隊も解散して、「実習班」に編成替えされます。

寄港地での上陸、イベントだけが心の救いです。

そりゃもう、これでもかってくらいしごかれます。

乗員海曹士からも厳しくしごかれます。

図1 CPOの熱い教育
海上自衛隊,練習艦隊,国内巡航,その2,実習幹部,遠洋練習航海,きつい
引用URL:http://msdfmso.info/wp-content/uploads/2016/06/28621msdf03.jpg

CPO(先任警衛海曹)は、「実習幹部」には容赦なく「指導」を飛ばします。

『艦艇勤務になったとき、ワシら曹士は幹部の命令に従う。だからこそだ。
練習艦隊にいる内に、乗員の命を預けられる幹部のレベルに「絶対に」なってもらう』

そういう熱い情熱で指導が飛んできます。

「実習幹部」のころは、余裕がありませんでしたが、その後の勤務の目標になりました。

 

やってしまった「最大の失敗」

 

この「内地巡航(その2)」で、私ペンギン「実習幹部」は「最大の失敗」をしました。

事故にはならなかったものの、一歩間違えれば大変なことになっていました。

「対潜戦(ASW)」の訓練中、私は「航海指揮官」の配置にいました。
(指導役と安全のため航海長がすぐそばにいます)

対潜戦など、いくつかの動きでは「CIC操艦」として、「哨戒長」からの指示で操艦します。

CICの哨戒長から、「次は取舵一杯で○○○度まで変針する」と予令がありました。

艦長・航海長など艦橋内に、「次は取舵一杯で○○○度まで変針します!」と報告。
(「取舵」は艦を左に変針させる)

艦長・航海長など艦橋内に次の動きを知らせ、了解を得ます。

そして「取舵一杯!」とCIC変針指示が通信系から流れました
(艦橋内にも通信系で流れます)

その時、私は「完全に」艦の位置を勘違いしてしまい、

『面舵一杯!』(右への変針)

と号令を出してしまいました・・・

(艦長)
『戻せ~!!!!』
(航海長)(操舵員長)
『馬鹿野郎!!もど~せ~!!!』『逆ですよ!戻しますよ!』
(哨戒長)
『取舵だ!取舵~!!』

パニックになってしまった「ペンギン」に代わって、「艦長操艦」で針路を修正されました。
「面舵」方向には、他の艦がいたため、危うく「針路交錯」となるところでした。

交錯されそうになった艦長からは怒りの無線交信が飛んできました。

この時ばかりは、激しい叱責を艦長・哨戒長・航海長などから受けました。

完全に私のミスでした。

候補生学校や、国内巡航(その1)(その2)を通して、操艦に自信がありました。

その自信が「慢心」を呼び、完全にやらかしてしまいました。

知らぬ間に「天狗」になっていたのかもしれません。

慢心を入れ替えて、その後の訓練に励むきっかけになりました。

この失敗が後の艦艇勤務で役立つことになりました。

 

晴海ふ頭から遠洋練習航海に出港だ!

国内巡航(その2)の最終寄港地は、東京晴海ふ頭「晴海客船ターミナル」です。

ここで出国前の最後の準備やレセプション・講話などがあります。

また、ここは「別れの場所」ともなります。

遠洋練習航海前に「退職」の意志をした同期が艦を降ります。

少なからず、遠洋練習航海の前に退職の道を選ぶものもいます。

彼らとは、ここで別れることになります。

苦楽を共にしてきたものと別れるのはつらいですが、よき別の道を!

 

昭和のころは、横須賀から出国していました。

平成になってから、東京晴海ふ頭から出国する形になりました。

『時代が変わったんだなあ~』と船の幹部が感慨にふけっていました。

出国行事は『偉い方々』が多く来賓として来ていました。

来賓の祝辞が続いて、内心「長え~・・・」と思ってました。
(むろん顔には出さず・・・)

ようやく乗艦して、「登舷礼」にて出港していきます。

さあ、遠洋練習航海の出発だ!!

図2 晴海より遠洋練習航海に出港!!
海上自衛隊,練習艦隊,国内巡航,その2,実習幹部,遠洋練習航海,きつい
引用URL:https://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20140522-00000028-wordleaf/20140522-00000028-wordleaf-066ad79bc753b2b3e997526e3f0724aef.jpg

 

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】船務科と船務士だって仕事してるもん!!

2016.05.22

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その1(カナヅチ編)

2016.03.24

【自衛隊】海自から防衛省に出向したら世界が変わった(笑)

2016.02.22

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!