【海上自衛隊】多用途支援艦の魅力を知ってくれ~!

海上自衛隊,支援船,多用途支援艦,ひうち型,装備,乗りごごち,船酔い

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『護衛艦ばかりが海上自衛隊じゃない!』

海上自衛隊には、護衛艦・潜水艦などの主力艦艇ばかりに目が行きがちです!

何しろ大きくて格好良いですけどそれ以外にも船はある!

その中であまり知られてないけど「縁の下の力持ち」である多用途支援艦はいいぞ!

今日はそんな、あまり知られていない「ひうち」型多用途支援艦の魅力について!

「ひうち」型多用途支援艦ってどんな船?

図1 「ひうち」型多用途支援艦(1番艦「ひうち」)
海上自衛隊,支援船,多用途支援艦,ひうち型,装備,乗りごごち,船酔い
引用URL:http://www.vspg.net/jmsdf/ams4301/hiu-26.jpg

 

  • 基準排水量:980t
  • 主要寸法:全長65.0m×幅12.0m×深さ5.8m×喫水3.5m
  • エンジン:ディーゼル2基2軸 出力:5000PS
  • 速力:約15kt
  • 乗員:約40名(4番艦以降は45名)
  • 主要装備:艦艇えい航装置一式 、自走式水上標的・管制装置一式 、魚雷回収装置一式

引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/ams/hiuchi/4301.html

2002年に最初の「ひうち」が就役してから計5艦が建造されました。

訓練支援のために、自走式水上標的の管制や魚雷の回収を行ったりします。

また、艦艇をえい航するための装置も付いております。

「ましゅう」型や「ひゅうが」型などの大型艦船もえい航可能となっています。

小さいながらパワフルでいろんな支援をしてくれる大事な艦艇です。

大型船のえい航ができるなど、「航洋曳船(オーシャンタグボート)」です。

設計に関しては商船型の「サプライボート」が参考にされました。

図2 サプライボート
海上自衛隊,支援船,多用途支援艦,ひうち型,装備,乗りごごち,船酔い
引用URL:http://response.jp/imgs/img_v2/762560.jpg
(石油リグなどに大型荷物を運搬したり、えい航するタイプの船)

そのため、後部は広い甲板スペースがあっていろんな作業や荷物が搭載出来ます。

釣り上げた魚雷や、水上標的などを置いておけます。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】空母より強襲揚陸艦が欲しいのが現場の本音!

2017.04.25

 

多用途支援艦に乗艦して航海に出たが・・・!!

私も現職時代に1週間ほどこの「ひうち」型多用途支援艦に乗艦したことがあります。

当時としてはまだ新しい、新型の船でしたので結構楽しみに乗り組みました。

艦内は、乗員室の他に支援作業用の乗員室もあり、結構居心地の良い空間です。

支援作業員用談話室にテレビなどがあり、長期航海に耐えられるようになっていました。

支援作業隊の責任者(幹部)なので、食事や打ち合わせ、事務などは「士官室」で行うことに。

艦橋の一層下に士官室があります。

艦長や船の幹部にあいさつして、さあ出港しました!
(艦長が候補生学校時代のベテラン教官だったので気楽にできました)

そして実感したのが・・・

ペンギン
『揺れるよ!めっちゃ揺れるよ!!』
『めっちゃ艦橋構造物がローリングしてるよ~!!』
『うえええ、船酔いがあああ~~~!!!』

船の構造上、喫水が浅い船の上に艦橋構造物が高くなっているため横揺れが凄いことに!

さらに重いレーダーがマストにあるためもっと揺れる結果に!

「あまくさ」入港シーン

出入港の時はいいのですが、外洋で波が荒れると大変な状況でした。

支援作業は、ベテランの「運用の妙」により無事に終了しました。

退艦するとき、艦長に「あいさつ」にいくと、艦長よりお話が。

艦長
『ペンギン~、この船の特性がよ~くわかっただろ~!』
『報告書にちゃんと書いとけよ!横揺れ対策の改良が必要だと!!』

 

そして珍しく早期改善が行われた珍しい船に

そんなわけで、1番艦「ひうち」艦長から提出された初年度に提出した、

「自衛艦使用実績報告書」
(凶器になりそうなくらい分厚い報告書だった)

が切っ掛けとなって早期に改善策が取られました。

4番艦以降の艦艇に「減揺タンク」が設置されることになりました。

図3 「減揺タンク」が付いた「げんかい」
海上自衛隊,支援船,多用途支援艦,ひうち型,装備,乗りごごち,船酔い
引用URL:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ea-f9/p_no_kimochi/folder/887165/06/34154806/img_0
(煙突と艦橋構造物の間にある箱型の構造物が「減揺タンク」)

珍しく改善要望が早くに反映された事例になりました。

そのため、4番艦「げんかい」と5番艦「えんしゅう」の乗りごこちは改善されてます。

もし、体験航海などで「多用途支援艦」に乗る機会があれば体感してみてください。

かなりの違いがでています。

ただ、5隻しかいない珍しい船ですので、見かけたときはラッキーですよ!

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】艦艇装備幹部となるため、専門課程で横須賀へ!

2018.04.23

【面白話】補給艦『ましゅう』にはマシュー関数が使われている!

2018.04.17

【海上自衛隊】練習艦隊が東京晴美ふ頭にやってくる!

2018.04.14

【世界】最近変な形状の軍艦が増えたね~?

2018.04.06

【海上自衛隊】幹部自衛官になってからの給料・手当の変化!

2018.03.30

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!