【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その7(卒業編)

海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『ようやく卒業・任官だけどすぐに出港だ~!』

6回にわたって「海上自衛隊幹部候補生学校」の記事を書いてまいりました。

ようやく「卒業」の部分まで到達することができました。

しかし、卒業後も続く出港と航海!すぐに近海練習航海(その2)です!

今日はそんな「卒業編」について!

ようやく卒業だ!けどいろんなことも一杯だ!!

3月に入り、近海練習航海(その1)が終了して、ようやく江田島に戻ってきました。

ようやく一息付けるかと思いきや、3月下旬までの卒業まですぐです!

最終総合試験やら身辺整理、卒業後の近海練習航海(その2)の準備など一杯です。

何しろ、卒業式の後そのまま「近海練習航海(その2)」に出発します。

そして、「遠洋練習航海」(略称:遠航)に出港します。

そのため、1年間借りていた「下宿」も引き払います。

併せて、学生隊舎の大掃除や卒業式の予行練習(立付)も行います。

その間に、急遽始まる「総短艇」もこなします!
(2日で4回の「総短艇」はさすがに詰め込み過ぎじゃない?)

そして、卒業・任官後に着用する「幹部自衛官」の制服が支給されます。

私の所属していた分隊は「2等海尉」任官が「ペンギン候補生」のみでした。

そのため、私のみ「2等海尉」の制服が支給されます。

海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海
みんなより、階級章の線が1本多くなります。

「赤鬼・青鬼」こと『幹事付A・B』と同じ階級となることに、責任の重さを感じました。

関連項目としてこちらもご覧ください

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その3(下宿編)

2016.05.12

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その2(総短艇編)

2016.04.04

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その1(カナヅチ編)

2016.03.24

 

江田島の「正門」より旅立ちの日・・・

大講堂での「卒業式・幹部任命」をもって、江田島を卒業します。

陸空自では「幹部候補生学校」を卒業後、隊付き教育を経て任官します。

海上自衛隊では、「A幹(防大・一般大卒)」のみ卒業と同時に「幹部任官」になります。
(「B幹(部内・飛行課程)は卒業後の7月に3尉昇進)

卒業式を終え、来賓・家族と共に午餐会となります。

そして午後、「近海練習航海(その2)」に出発のため、恒例の「行進」が行われます。

図2 卒業後の目玉行事「行進」
海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海
引用URL:http://www.jpsn.org/images/topic/05_06.gif

この時、「候補生」から「実習幹部」となって、「表桟橋」へ行進します。

ここで、2等海尉になった者が列の先頭集団にまとめられます。

分隊から離れて行進するため、「ああ、本当に卒業したんだな・・・」と感じました。

 

江田島に来て『初めて』幹部候補生学校の「正面玄関」を通過,「江田島の正門」を使います。

江田島では「表桟橋」が「正門」とされています。

通常、よく目にする入口は「営門」です。

図3 江田島の「営門」
海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海
引用URL:http://pds.exblog.jp/pds/1/201003/31/10/f0141310_237437.jpg

さあ!出港よ~い!

いよいよ、練習艦隊の「かしま」を始めとした「練習航海部隊」が出港します。

実習幹部は、出港にて「登舷礼」(船の片舷に整列する礼式)を行います。

結構この「登舷礼」も均一にするには結構手間がかかります。

さらに動き出すとそれなりに揺れがあるので、苦労します。

図4 「かしま」他出港する「練習航海部隊」
海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海
引用URL:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0b/3e/2bb963e335b7d05206dea5c72e3b2fed.jpg

この時、近海練習航海(その1)にはいなかった人たちも同乗して出港します。

それは「内局若手キャリア」の方々です。

入省3年目ぐらいの「内局若手キャリア」も「部隊研修」で近海練習航海に参加します。

図5 同乗する内局若手キャリア(画像を一部修正)
海上自衛隊,幹部候補生学校,卒業,任官,近海練習航海
引用URL:http://msdfmso.info/wp-content/uploads/2016/04/kinkai2kai3.jpg

長期の「部隊研修」がキャリア組の3年目教育にあるそうです。

ここで、「海自練習艦隊で研修!」というのが一番キツイそうです。

船は揺れる、眠れない、昼夜を問わず訓練見学しなきゃならない、と愚痴をこぼしていました。

食事は「かしま」の「練習艦隊司令部公室」でするけど、「船酔い」で食べられない人が続出!

寝室は「実習幹部寝室」で「実習幹部」と同室になります。

『海自の研修がキツイのが良くわかったわ~』若手キャリアがよく言ってました。

ただ、このキャリアとの交流でいろんなことも吸収できました。

最後に、私のころは「卒業」と同時に「幹事付A・B」と離れることができまたが・・・
近年は「教育幕僚A・B」としてそのまま「幹事付A・B」が同行するそうです・・・
oh・・・No・・・

いま苦労しているだろう「実習幹部」へ頑張ってくださいとしかいえません・・・

ホント江田島は卒業しても地獄だぜえぇぇ!!!

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その6(巡航編)

2016.08.27

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その5(航海編)

2016.07.13

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その4(給料編)

2016.06.09

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!