【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その6(巡航編)

海上自衛隊,幹部候補生学校,訓練,国内巡航,近海練習航海 

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『国内巡航で本格的な航海の始まりだぜ!』

私が幹部候補生のころは、まだ幹部候補生学校在学中から「国内巡航」がありました。

(近年、卒業後に「国内巡航」が開始されるように教育体系が変わりました)

卒業が近づき、本格的な訓練の始まりです!

そんな国内巡航(その1)について書いてみます。


1月中旬から国内巡航(その1)開始!

私「ペンギン」が候補生の時代、1月中旬から2月一杯「国内巡航(その1)」がありました。

練習艦や護衛艦に乗艦して本格的に実習訓練が開始されます。

(近年は、陸上での教育期間を確保するため卒業後から国内巡航が開始されます。)

この国内巡航にて実地での訓練を積んで「遠洋練習航海」に備えます。

やはり、実習などで1日だけ乗艦しただけではわからないもので、厳しく鍛えられます。

陸上で訓練していても、やはり洋上に出るとうまくいかないことも多くあります。

そんな厳しい訓練を経て、「遠洋練習航海」への準備訓練となります。

特に、冬の間に航海に出るため、非常に船酔いとの戦いにもなります。

しかし、「船酔い」なんかしている暇もないようなことも多くあります。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その3(下宿編)

2016.05.12

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その2(総短艇編)

2016.04.04

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その1(カナヅチ編)

2016.03.24

荒天航行でどっひゃ~~!!

冬の海といったら付きものなのが、大荒れの波です。

ホントにすぐ外の海に出れば大荒れになります。

その中で航行していきますが、本当に荒れているときは『荒天航行部署』が発動します。

スポンサーリンク

候補生の訓練もできる状況にならないほどに海が荒れることもありました。

図1 荒天の海を往く
海上自衛隊,幹部候補生学校,訓練,国内巡航,近海練習航海 
引用URL:http://www.jpsn.org/images/captain/0826_enkou/13-03.jpg

艦首が波間に突っ込み、大波をかき分けるように進みます。

ピッチング(縦揺れ)が非常に強くなり、無重力で落下するような感覚に襲われます。

船のローリング(横揺れ)もひどくなると「船酔い」している暇がありません!

本当に大荒れの海に出ると、船の動揺が激しくなります。

そんな中、ふと僚艦を見るとそこに信じられない物を見ることに!

図2 大荒れの海での船(参考:海保巡視船)
海上自衛隊,幹部候補生学校,訓練,国内巡航,近海練習航海 
引用URL:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/photo/000/001/439/695/1439695/p7.jpg

『船の船底(赤い部分)が見える!!』

通常の航海では、船の船底部分(赤い塗装)が見えることはありません。

荒天航行においては、そんな船底部分が見えるくらいに船が跳ねまわります!

この時私が体験したのが『横傾斜45度』というものでした。

『「しらせ」で南極に行くと60度ぐらいまで傾くぞ!』

乗員の方の檄が飛びました。

こんな体験をして、海の本当の怖さを体感することになります。

『ハイラインで向こうの船に逝ってこ~い!』

『ハイライン』は「洋上補給」や物資・人員の輸送作業のことを指します。

この国内巡航にて初めてハイラインの実際を経験することになります。

ただ、候補生はまだ特に注意を要する洋上作業については「見学」が主体になります。

そして、初めてのハイライン作業を体験します。

『マニラ・ハイライン』と呼ばれる、人員や物資を移送するやり方です。

ここで、『かしま』から僚艦に向けて候補生を移動させることになりました。

僚艦艦長から物資受領のサインをもらってくるという任務です。

(『かしま』艦長)
『よっしゃ、だれか候補生で行きたい奴はいるかぁ~~?』
(候補生たち)『・・・・え゛ェゑ!!マジ?!』
(『かしま』艦長がこちらを見て)
『よし!おまいが逝ってこ~い!』
(ペンギン候補生)
『うぎゃ~~~!!』

・・・運悪く?艦橋で艦長の近くにいた私「ペンギン」が捕まりました・・・

そのまま、書類を渡されあれよあれよと人員移送用の「ボースンチェア」に載せられ・・・

図3 うぎゃ~~!落ちる~~!!
海上自衛隊,幹部候補生学校,訓練,国内巡航,近海練習航海 
引用URL:http://msdfmso.info/wp-content/uploads/2016/03/27bunai11kai02.jpg

初めてのハイラインをまさに「身を持って」体験することになりました!!

揺れるハイライン!かかる波飛沫!!まさに洋上作業の凄さ!!!

なんとか、僚艦にたどり着き、艦長のサインをもらい、また「ボースンチェア」で移動!

最後はへろへろになりながら、『かしま』艦長に任務終了の報告をしました。

この体験は忘れられない体験となりました。

・・・誰だオイラを前に押し出したヤツは!!(怒)

こんな体験をしながら、「国内巡航(その1)」の訓練が過ぎて行きました。

その中で「結構艦艇勤務も面白いな・・・」と思うようになりました。

特に船を運航する「操艦」に手ごたえを感じて行きました。

そんな「国内巡航(その1)」の日々でした!

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その5(航海編)

2016.07.13

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その4(給料編)

2016.06.09

【海上自衛隊】船務科と船務士だって仕事してるもん!!

2016.05.22

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 来年、海自の幹部候補生を受けようと地本で色々話を聞いてなんとかなりそうだなーと思っていたんですがこのページを見て恐ろしくなってきました汗

    • きのさん、初コメントありがとうございます。
      だいじょうぶですよ~!
      ちょ~っっとばかり、そうほんのちょ~っとばかりスリリングなだけですから(汗
      陸空の幹部候補生学校よりちょっときついくらいだけですから・・・

  • ペンギン にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>