【自衛隊】韓国軍の「誤射」から日韓戦争の可能性が!?

自衛隊,韓国,戦争,敵味方識別装置,sif,戦闘機,誤射

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『誤射から偶発的な戦争になりかねない事態』

日本と韓国の間で、偶発的な「誤射」事故が発生しかねない事態になっています。

戦闘機に搭載される「敵味方識別装置」の問題から、「誤射」の可能性が増大しています。

このままだと2017年以降に偶発的「誤射」から戦争まで発展する可能性もあります。

今日はその状況についてお話します。


「敵味方識別装置」というレーダー換装遅れの問題

具体的に何が起きているのか説明すると『敵味方識別装置(IFF又はSIF)』の換装です。

現在、NATOを始め米国や日本などで『敵味方識別装置』の換装が進められています。

現状は「モード4」と呼ばれる「軍用」の暗号化されたモードを使用しています。

NATOや米国、日本など、「NATO共通機器」使用国が利用しています。

この「モード4」を、2020年までに「モード5」へ変更する作業が進められています。

日本でも、2017年度までに戦闘機全機で換装することになっています。

図1 換装中の機器(F-15用)
自衛隊,韓国,戦争,敵味方識別装置,sif,戦闘機,誤射
引用URL:http://www.masdf.com/eagle/radar/apx101.jpg

(F-15J:AN/APX-101からAN/APX-101(V)へ変更)

これに対して、韓国空軍のF-16の『敵味方識別装置』は換装予定が立っていません。

レーダー装置の近代化契約が、昨年事業者の変更などにより実施できない状況です。

海軍なども含めると、総額1兆円にもなる更新の予算が確保できていない状態です。

図2 F-16のIFFアンテナ
自衛隊,韓国,戦争,敵味方識別装置,sif,戦闘機,誤射
引用URL:http://www.b-domke.de/AviationImages/Viper/Images/3702.jpg

関連項目としてこちらもご覧ください。

【韓国】新政権との日韓関係の停滞・紛争の可能性は!

2017.05.17

【自衛隊】韓国との間でのスパイ暗闘そして沈没事件でのさや当て

2015.11.07

 


すぐに「ENEMY(敵機)」となるわけではないが・・・

間違いのないように、予めお断りしておきます。

『モード5搭載機がモード4搭載機を「敵」と識別するわけではありません』

機能的に「モード5」の戦闘機が、IFFを「モード4」の戦闘機に使うとします。

この時、「モード5」の戦闘機は、相手を「モード4」の機体と認識します。

「モード4」の機体も、相手を「モード5」の機体と認識する機能になります。

(「モード5」には、併用して他の「モード」で応答できる機能が搭載)

しかし、『完全に味方』と判定するわけではありません。

理由として、「モード4」の暗号機能が、中国に流出したからです。

そのために、2020年までに各国が「モード5」への変更を急いでいるのです。

このような事態ながら、いまだに韓国では「モード5」への換装計画がない状況です。

「米国に無償でやってほしい」というのが韓国の本音のようです。

そんな状況の中で、2017年以降に日韓の戦闘機が空中でどうなることやら・・・

 

そして「誤射」が発生する可能性が・・・

そんなバカな話があるのかと思う方もいるでしょう。

しかし戦闘機のパイロットには、空中ではいろんな負荷やストレスがかかります。

パイロットの機上での状態を示す例として、BVR(視認外戦闘)の映像を示します。

F-16同士によるBVR訓練の状況

HUD(ヘッドアップディスプレィ)に映る状況です。

かなり緊迫している様子をご覧いただけたと思います。

IFFやSIFといった『敵味方識別装置』も万能ではありません。

装備していたのに味方同士の「誤射」も過去に発生しています。

さらに、混乱した状況でのIFF/SIFの「誤認」による事件も起きています。

1988年7月3日に発生した『イラン航空655便撃墜事件』です。

図3 イラン航空機撃墜事件概要図
自衛隊,韓国,戦争,敵味方識別装置,sif,戦闘機,誤射
引用URL:http://api.ning.com/files/c2nk1pk6akTcpnjYqRYb1L3*2cvjwSlOHmdeXdzKLyCL3*4cvvA9x4RyuCa8uKG*WWHgyA7xSSz9Xgvxlmu72jt8KZjuqHTC/IranAir_Flight_655_by_kombizz.jpg

この時は、米海軍イージス艦『ヴィンセンス』がIFFで「敵機」と誤認しました。

その結果、「民間機」を撃墜してしまう事態が発生しています。

「敵」を示すIFFと「味方」のSIF、さらに「民間機」が飛行する状況でした。

「複雑なストレス状況」に置かれ、米海軍が判断ミスを犯してしまったのです。

システム的に優れた「イージス艦」でさえ[判断ミス」をしてしまいます。

このような「複雑な状況」が2017年以降、日韓の上空で発生します。

この時、「冷静に」双方は判断できる状況になるでしょうか?

一刻も早く、状況打開が求められています。

こちらもご覧ください

【海上自衛隊】物理的な韓国海軍との戦力比較は当てにならない!

2016.01.11

【自衛隊】南スーダンで自衛隊が銃弾提供 韓国での変な反応!

2015.11.27

【自衛隊】韓国との戦争はありうるのか?

2015.10.28

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!





2 件のコメント

  • へーっ、NATO IFF暗号機能が中国に流出していたんですか、由々しき事態ですね何処のニュースソースか教えてほしい物です、韓国は予算を変な物に使わないでこうゆう物にこそ使ってほしいです、ふと疑問が湧きましたが台湾のIFFはどうなっているか解っていたら教えて下さい。

    • すーさん、コメントありがとうございます。
      直接的な切っ掛けとなった事件が2011年12月に発生しています。
      URL:http://japanese.joins.com/article/733/146733.html
      パトリオットミサイルをドイツから韓国に売却するとき、最終予定地が中国になっていたことがありました。
      さらに、荷物の中身も『ミサイル』ではなく、『花火』として輸出登録だったそうです。
      正式な契約だったにも関わらず、「不審な」行動でした。
      その後、米国の米議会軍事公聴会で「モード4」の流出が正式に報告されたといわれています。
      (「秘密公聴会」のためプレスリリースが出ていないそうです)
      その後、2014年に各国に急きょ「モード5」更新の通知されたとのことです。
      台湾のIFFについては、FMS(有償軍事援助)によりF-16の近代化更新と同時に行うようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>