【航空自衛隊】『F-15Jに火器管制レーダーなんてあったけ?(笑)』

航空自衛隊,中国,戦闘機,レーダー照射,ロックオン

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『謎の新型レーダーがF-15Jに搭載されてたらしい(笑)』

2016年7月4日の中国国防省の発表を見て苦笑する空自の方も多いでしょう。

「空自戦闘機から火器管制レーダーの照射を受けた!」と中国側が発表しました。

そんなレーダーが空自戦闘機にあったかいな?

今日はそんな発表に絡むあれこれをお話します。


中国国防省の発表の矛盾

「日本のF15戦闘機2機が高速で接近挑発し、火器管制レーダーをわが方に照射した」

2016年7月4日に中国国防省は、6月17日の航空自衛隊機のスクランブルに対して反論をしました。

ここに、中国側が矛盾する言葉を使っています。

『火器管制レーダー』の照射を受けた、としています。

航空自衛隊のF-15Jレーダーにそんなの積んでたっけ?

摩訶不思議な謎の新型レーダーがF-15Jに搭載されているようです。

F-15Jには「火器管制レーダー」なんてものは搭載されていません!

スポンサーリンク

ちなみにこれが、F-15Jに搭載されているレーダーの写真です。

図1 空自戦闘機搭載『A/N APG-63』
航空自衛隊,中国,戦闘機,レーダー照射,ロックオン
引用URL:http://homepage3.nifty.com/yoshiakk/images/photo/air/hyakuri99/f_15antl.jpg

搭載されているレーダーは、『空対空捜索レーダー』です。

一部で「火器管制レーダー』と誤って表記されますが、捜索目標探知、追尾が役目です。

『火器管制』はレーダーの後ろにあるシステムで行われています。

ちなみに上記の写真は別に「防衛秘密」ではありません。

航空祭などで展示してあることも多いです。

普通に戦闘機に搭載している『対空レーダー』で探知されたから、「攻撃動作」だ!

というのはいささか、話を膨らませ過ぎではないですかねえ?

関連項目としてこちらもご覧ください。

【自衛隊】中国軍の頻発する接近事件に関する考察(動画付き)

2015.10.27

【自衛隊】中国の軍事力とレーダーに関する考察!!

2015.10.24

 


中国側報道官も良くわからないまま発表した?

この発表は、中国国防省担当者が「よく理解しないまま辻褄合わせに発表した」のでは?

2013年1月30日に「中国海軍レーダー照射事件」がありました。

この時、日本側は「射撃管制レーダー」を照射されたと激しく非難しました。

海軍の艦艇では、「捜索用レーダー」と「射撃管制レーダー」は別物です。

図2 海軍の「捜索用レーダー」と「射撃管制用レーダー」の違い
航空自衛隊,中国,戦闘機,レーダー照射,ロックオン
引用URL:http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/c5d7167d2f1bfb8da748d05eb71a994e587da049.51.2.9.2.jpeg

この時の日本側からの非難声明が念頭にあったのかもしれません。

そのため、「火器管制レーダー」を照射されたことにすれば、日本側に非があるとできる!
そう考えたのかもしれません。

中国側の発表だけだと「日本が中国機に対して無理やり攻撃機動をした!」という理論。

「日本が一方的に緊張感を煽っている!!」という論調になるのを期待しているのです。

 

戦闘機の攻撃機動(マニューバ)で緊張感を高めている。

中国戦闘機が「戦闘機動(マニューバ)」を仕掛けて来るのは、近年よくある光景です。

上空に現れる機体が「J-11」「Su-30MKK」など新鋭機が多くなっています。

彼らにとって、「F-15」より[優れている機体だ!」と思い込んでいると思われます。

そのため、自衛隊機に対して優位性を誇示するために、「異常接近」などを繰り返しています。

空と海の双方で、「優位性」を誇示することで、既成事実を積み重ねようとしています。
変に、一方の情報のみを信じ込んでいると、足元をすくわれます。

今後の動向やニュースに注意する必要があります。

こちらもご覧ください

【自衛隊】対中国における第3のシミュレーション「沖大東島失陥」

2015.12.25

自衛隊が中国軍の警護なんて反対 ・・・何か勘違いしてません?

2015.12.13

【海上自衛隊】中国海軍の進出により緊迫化の尖閣諸島周辺海域!

2015.12.06

【自衛隊】与那国島への自衛隊配備をめぐる中国の激烈な反応の裏!

2015.10.26

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


4 件のコメント

  • 私の良く行く大連ではロシア製だか国産だか解らないJ11が良く居ます、何年か前に離陸直前にふと機外を見たら50Mくらいの場所に一機居て中のパイロットが手を振っていた何て事も有りました、又空港で離着陸訓練をしていて着陸時にドラッグシュートを使っていて有れって拾う係りが滑走路の脇に居るんですね、2~3人で走って拾っていましたんでナゾが一つ解けました、昨今は空港の混雑でもう少し内陸の母基地に引っ込んでいるようですが、なんたって自称 イーグルキラー ですから、別稿でも書きましたが中国外交部のあのウソ振りはやめてほしい物です。

    • すーさん、コメントありがとうございます。
      中々興味深い話を聞かせて頂きありがとうございます。
      数年前に大連空港あたりで戦闘機が訓練していたというのは、現地を知る方じゃないと出てこない情報です!
      今回の「戦闘機動(マニューバ)」が発生したのにはさすがに驚きました。
      どうも、中国国防省と外交部で「意思の疎通」ができていないのではないかと考えます。
      「軍の暴走」が中国国内で発生しているのか、留意が必要ですね。

      • 中国の空港は元々軍用なんです、2年くらいまではJ11が2機常駐していました、空港の脇に解放軍の施設も有り中国版MIG21のガランドウも有りました、今はさすがに常駐の機体は無く大連の東北方向に30キロぐらい行った処に金州と言う町が有り、その10キロぐらいやっぱり東北に行った三十里(高速のIC有り)に基地があるみたいですねグーグルアースで見れますよ、高速走行時に2回程J11を見ました見た目はイーグルより華奢な感じです、大連と言えば2隻目の空母を建造中です初めて大連に行った時は 遼寧 が偽装中でした、駅前にどーんと有りましたイケアの斜向かいで((笑))そこは飛行機の最終侵入コースで後3分で着く時にどーんと見えました、中国で政治がバタついている時は必ず党内抗争が有る時です国内政治を落ち着けてよーく相手の出方を見た方が良いと思います、因みに小生は参院選比例区は与党のU氏に入れました、個人的に知っている事も有り彼のソロモン諸島遺骨収集に感銘している次第です、最後の話は蛇足として下さい。

        • すーさん、コメントありがとうございます。
          中国を見るときは「大連」付近に注目ということですね。

  • すーさん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>