【自衛隊】次のステージは尖閣諸島での艦船体当たりか!?

海上自衛隊,中国海軍,領海侵入,接続水域,国連海洋法,尖閣諸島

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『ついに緊張関係のステージが上がってきた!』

2016年6月に入り、ついに尖閣諸島やその他の島に関して緊張が走りました。

尖閣諸島や北大東島の接続水域や、鹿児島口永良部島領海侵入が連続して発生しました。

この中国海軍の動きに何があるのか!

そしてこれからどうなるのか検討してみます!


日米印露を巻き込んだ海上の動き

・6月8日~9日
ロシア海軍3隻が尖閣諸島接続水域を航行(海自護衛艦が追尾)。

中国海軍艦船が9日午前1時過ぎにロシア艦を追うように尖閣諸島接続水域侵入。

ロシア海軍艦を追尾するように午前3時頃接続水域外に出る。
(中国海軍は、「ジャンガィⅠ級フリゲート」)

・6月15日
日米印合同演習「マラバール2016」に参加するインド海軍艦船を追跡。

鹿児島鹿児島口永良部島から屋久島への方向に領海に侵入
(中国海軍は「ドンディアオ級情報収集艦」艦番号855)

図1 鹿児島周辺海域と領海
海上自衛隊,中国海軍,領海侵入,接続水域,国連海洋法,尖閣諸島
引用URL:http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160615/20160615-OYT1I50026-N.jpg

・6月16日
北大東島沖接続水域に進入する中国海軍艦艇を確認。米海軍艦船を追跡。
(中国海軍は「ドンディアオ級情報収集艦」艦番号855、前日と同一艦)

1週間ほどで、これだけ一気に海上の緊張関係が高まる事態になりました。

国連海洋法条約第19条における「無害通行権」は、軍艦にも適用されます。

船は「接続水域」「領海」を「周辺国」に「無害であれば航行」出来る権利です。

さて、今回はその「無害通行権」といえるのかな?


次は「尖閣諸島」で中国艦船の「体当たり」が来る。

現状においてこれだけ状況が一気に悪化してきました。

次に起きる可能性のある事項が、海上における艦船の「体当たり」です。

これを尖閣諸島で「中国海警局」の「公船」で仕掛けてくるでしょう。

海上保安庁の巡視船にぶつけて来る可能性は十分あります。

すでに、「中国漁船」が海上保安庁巡視船に衝突してきました。
(2010年9月7日の「尖閣諸島中国漁船衝突事件」)

また南沙諸島にて、中国海警局船とベトナム船の体当たりは発生しています。

図2 ベトナム船に中国海警局船が体当たり
海上自衛隊,中国海軍,領海侵入,接続水域,国連海洋法,尖閣諸島
引用URL:http://livedoor.blogimg.jp/toychan/imgs/7/e/7eacbc08.jpg

次の段階へのエスカレートとしては、

尖閣諸島で「体当たりで日本船の進入を阻止した」

というのが一番合理的な「既成事実の積み重ね」となります。

この時に、「海上警備行動」にまで進む覚悟があるかが焦点になります。

海上保安庁での対処で対応できない時に「海上警備行動」にいけるか?

ここを中国は見極めて来ると考えられます。

冷戦時代は軍艦での「体当たり」もあった・・・

かつての冷戦時代には、米国とソ連による激しい洋上での競り合いがありました。
1989年には、黒海にて米ソ艦による「体当たり」事件も発生したことがあります。

図3 米ソ艦衝突時の画像
海上自衛隊,中国海軍,領海侵入,接続水域,国連海洋法,尖閣諸島
引用URL:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/36/USS_Yorktown_collision.jpg/300px-USS_Yorktown_collision.jpg

ここまでエスカレートすることは、さすがに無いとは思いたいです。

しかし、可能性としては、全くゼロではないのが現状です。

実際、中国外務省報道官は6月17日の会見にて、強硬な声明を発表しています。

『6月15日は、「国際海峡」を通峡している』
『日本側は国際法をよく学ぶべきだ!』

国際海峡として認められているのは、「大隅海峡」です。

今回の「口永良部島」の海峡は「国際海峡」として認められていません。

この事態がどう収束するのか、今年は見逃せない年になりそうです。

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

 

中国に関連するおすすめ記事!

【自衛隊】対中国における第3のシミュレーション「沖大東島失陥」

2015.12.25

【自衛隊】中国との合同演習について考察!!

2015.12.21

自衛隊が中国軍の警護なんて反対 ・・・何か勘違いしてません?

2015.12.13

海上自衛隊と中国海軍の比較をして見る!

2015.12.10

【海上自衛隊】中国海軍の進出により緊迫化の尖閣諸島周辺海域!

2015.12.06

【自衛隊】中国軍の頻発する接近事件に関する考察(動画付き)

2015.10.27

【自衛隊】与那国島への自衛隊配備をめぐる中国の激烈な反応の裏!

2015.10.26

【自衛隊】中国の軍事力とレーダーに関する考察!!

2015.10.24

 





2 件のコメント

  • 本当にキナ臭くなってきましたね、別稿のF15戦闘機動問題も含め通常の関係では無くなって来ましたね、これが先進国同士の?領土領空問題とは思えません、艦艇の衝突事件や戦闘機のトラブルがあれば警備行動に発展し次いで防衛出動なんて事は勘弁ですよ、F15の問題や南シナ海の中国外交部の発表を見ていると世界2位の大国とは思えません、私は自衛官は法を守るプロでありあんなひどいレギュレーションを守って現場に臨んでいると思います、中国もこの辺で一回頭を冷やしてほしいもんです。

    • すーさんコメントありがとうございます。
      さすがに、7月12日の常設仲裁裁判所の判決にてなんとか頭を冷やしてほしいところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>