【自衛隊】対中国における第3のシミュレーション「沖大東島失陥」

自衛隊,中国,戦争,シミュレーション,可能性,きっかけ,沖大東島

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『対中国シミュレーションにて重大な見落しがないか?』

最近、対中国の紛争などにおけるシミュレーションを取り挙げる書物が多くなっています。

シミュレーションにおいていずれも分析及び検討が行われています。

しかし、どこか見落としている部分があることに気が付きました。

どれも『尖閣諸島』『宮古島・八重山諸島』周辺での検討です。

私として戦略上重大な見落とし部分としてあげたいのが『沖大東島』の扱いです。


なぜ『沖大東島』が対中国戦シミュレーションから抜け落ちているのか?

まずは『沖大東島』の場所について確認しましょう。

図1 日本の排他的経済水域
自衛隊,中国,戦争,シミュレーション,可能性,きっかけ,沖大東島
引用URL:http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/12/01/ryokai_setsuzoku2.png

 

この中で、沖縄の東にある『大東諸島』の一番南に「沖大東島」が存在します。

図2 沖大東島の写真
自衛隊,中国,戦争,シミュレーション,可能性,きっかけ,沖大東島
引用URL:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/56/c4/ba0590e5c399e0ca9054c7bc5d3e7687.jpg

多くの対中国シュミレーションにおいて、いろんなシナリオの検討が行われています。

どれも軍事的な理論に基づき冷静に検討がされています。

しかし、どの検討にいても考慮されていないのが『沖大東島』の存在です

どうして『沖大東島』がシミュレーションから抜け落ちているのか?

スポンサーリンク

それは、

『中国との対決が、第一列島線内にて行われ、海峡突破は起きない』

という固定観念がどこかにあるのではないでしょうか?

 

シミュレーションを行う場合、あらゆる可能性を否定せず、発生する事態を検討するべきです。

ここで、考慮すべき事態は『沖大東島』等への中国漁船団の台風避難による襲来です。

図3 中国漁船団が避難する可能性のある地域
自衛隊,中国,戦争,シミュレーション,可能性,きっかけ,沖大東島
引用URL:http://blog-imgs-51.fc2.com/o/m/o/omoixtukiritekitou/j-c-jsdmap20141105c.png

関連項目としてこちらもご覧ください。

【中国・北朝鮮】今そこにある日本のEEZ危機

2017.12.20

【自衛隊】中国A2/ADの進化が宮古島沖飛行で判明!

2016.11.20

 


尖閣諸島攻略のための第2戦線『遭難漁船救援隊派遣』

対中国シミュレーションにて最大のテーマとなるのが『尖閣諸島』です。

私が中国海軍の作戦参謀であれば、尖閣諸島攻略時に相手国(日本)の戦力を分散する作為を必ずします。

それは、決して軍部隊でなくても良いのです。

『海上民兵』により相手の行動を鈍らせることが出来ればよいのです。

 

沖大東島への中国漁船避難は現実的にありうる話です。

実際に2013年五島列島に中国漁船が『台風避泊』を理由に大量に押し寄せたています。

2014年には小笠原列島父島沖にも『台風避泊』にて漁船団が押し寄せています。

図4 五島列島に避難した中国漁船
自衛隊,中国,戦争,シミュレーション,可能性,きっかけ,沖大東島
引用URL:http://www.sankei.com/images/news/141107/wst1411070021-p1.jpg

前記の2か所と違い、『沖大東島』は停泊箇所がある『無人島』です。

この事態に対しては当然救援を差し向ける必要があるでしょう。

対処するのは『平時』であるため、海上保安庁の仕事になります。

また、中国側も『中国海警局』の船舶により救援部隊を送ってくるでしょう。

海上遭難は国籍を問わず最優先で行うのが、『海の慣習』です。

この時近くにいる『民間船』から『救援隊?』が出たとしたら?

そして『沖大東島』に『八一軍旗』が掲げられる・・・

この時に、『民間船』からクリミア紛争のような『(自称)親切な人たち』が救援した場合どうなるでしょう?

『彼ら』は併せて救援を示す証として『沖大東島』に旗を掲げていきます。

そう・・・このように・・・・

図5 (想定)『沖大東島』に掲げられる『八一軍旗』
自衛隊,中国,戦争,シミュレーション,可能性,きっかけ,沖大東島

救援に行った海上保安庁は、急きょ『沖大東島』に上陸しようとしますが銃撃を受けて撤退します。

ここまで、『平時』の状態であるため自衛隊は法律上動きが取れません。

当然、非難声明などが出ても、中国側はあくまで『正体不明の集団』と抗議を受け付けません。

そして、この『沖大東島』にいる『正体不明の集団』を確保する目的で事態が動きます。

このタイミングに合わせて中国艦隊が宮古島沖の公海海峡を突破して行きます。

 

自衛隊は『防衛出動下令』どころか『武力攻撃事態』の認定さえ受けていない状況になります。

自衛隊としては、『第一列島線』の突破を阻止するタイミングを失うことになります。

 

このような、『有事』『武力攻撃事態』となる前に、領土の一部を失陥するという可能性があります。

現状の中国に対するシミュレーションでは、『急変するグレーゾーン事態』が考慮されていません。

今回、対中国シミュレーションの一例として、他では考えられていないシナリオを用意しました。

しかし、西沙諸島にてすでに使われた手法を日本近海にあてはめたシナリオです。

私も現職時代に演習作戦研究で似たシナリオを提示されたことがあります。

 

シミュレーションでは、その可能性に対する処置を十分することが求められます。

みなさんは、このシミュレーションをどう判断しますか?

こちらもご覧ください

【自衛隊】次のステージは尖閣諸島での艦船体当たりか!?

2016.06.29

【海上自衛隊】ついに中国の反応が尖閣諸島周辺で激化!!

2016.01.19

自衛隊で中国語を使うことも多いよ これは情報戦なんだ!!

2016.01.13

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク


4 件のコメント

  • さすが玄人ですね、こう言う見方をするんですね、ただC国は事後の補給をどうするとかそんな問題があると思います、貴殿もどこかで紹介していましたが 中村秀樹氏の架空戦史は国は反対ですが囲碁的な発想で書かれています、海自さんらしい発想で頭が下がります、先日渡辺直氏の新刊を買いました少し話が美しすぎるきらいはありますが昔からのファンです、私は千葉県の小さな市の募集相談員ですが毎年市から入隊する若者を見ていると誇らしく思います、陸海空の教育隊や各種学校に入る若者を見ていると年寄りから見れば羨ましい限りです、さて私事では有りますが来週後半から中国に飲みに行って来ます個人的には良い人間ばっかしなんですけどね、、、ブログ頑張って下さい。

  • すーさん、コメントありがとうございます。
    今回のシミュレーションについては「実現性は低い」シナリオではあります。
    ただ、「可能性がゼロではない」というところで考慮してみました。

    作戦立案を行う時、「可能性」が少しでもあるものは、対処方法を検討するように教育されます。
    その時に「固定観念」「思い込み」を全て捨てて検討します。

    中村氏の例もまあ、考慮の一例ぐらいに思って頂ければと思います。

    今度中国にいくとのことですが健康に注意してください♪

  • いくつか拝見させていただきました。
    とてもリアリティーのある情報を
    ありがとうございます。
    あくまで素人考えなのですが、
    C国海軍が陽動として小笠原諸島に
    上陸してきた場合、対処が難しいのではないかと
    思いました。
    その点について、考えをお聞かせくださると
    嬉しいです。

    • コメントありがとうございます。
      C国海軍が陽動として、同時多発的に各所に上陸してくるのが最も怖い所であります。
      小笠原諸島に上陸されたときに、「防衛出動」「自衛隊法第88条の実施命令」が出ていない場合、はっきり言うと対処のしようがありません。
      大湊の海上作戦部隊と、航空隊の行動で「攻撃」を受けたことによる「正当防衛射撃」「武器等防護のための正当防衛射撃」で、実力排除行動を実施することになるでしょう。
      (ここが「法律」と「現場」の乖離の問題点です。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>