自衛隊が中国軍の警護なんて反対 ・・・何か勘違いしてません?

自衛隊 中国 警護

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『変な話だけが先走りし過ぎてるなあ・・・』

安全保障関連法案の成立にて、いろいろな法律が改正となりいろんなことが変わります。

しかし中には話ばかりが変な方向に先行してしまい、妙な誤解を生んでいるところもあります。

真っ先に挙げられるのが『南スーダン』での『駆けつけ警護』に関する誤解です。

今日は、この『駆けつけ警護第1号は南スーダンの中国軍』なんていうヨタ話についてです。


『駆けつけ警護』の最初の対象は『中国軍』とは誰も決定していない。

まず、安全保障関連法改正で『駆けつけ警護』の問題が出てました。

これは、『国連平和維持活動協力法』(通称:PKO協力法)が改正によるものです。

いわゆる『駆けつけ警護』が可能になったことです。

 

法案の成立直後からネット上に

『駆けつけ警護の最初の対象は南スーダンの中国軍』

という話があります。

 

政府が検討を進めているのは、

『南スーダンに展開している自衛隊部隊の任務に『駆けつけ警護』の新しい任務を付与』

することです。

実施を行うまでには、ここから

『南スーダン国際平和協力業務実施計画』(内閣府国際平和協力本部)

などで実施事項を追加するなど、多くの手続きなどが必要になります。

 

ここで、重要なのは、

『誰も警護対象国などの決定をしているわけではない』

ということです。

ネットなどで流れている話は、あくまでその人の『考え』でしかありません。

さらに言うのであれば、法律の条文をよく読まずにイメージのみでしか語っていません。

 

図1 国際平和協力法での新たな任務(イメージ)
自衛隊 中国 警護
引用URL:http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/shimen/images/20150918dd0phj000195000p_size8.jpg

スポンサーリンク

 

あくまで『駆けつけ警護』は、そのような事態が発生した場合『実施できる』ことです。

救出対象は、展開する外国部隊やNGOなど『危険にさらされている集団』です。

あくまで、今まで日本の国内法で実施不可能だったことを可能にしただけになります。

 

図2 南スーダンに展開中の各国部隊
自衛隊 中国 警護
引用URL:http://rpr.c.yimg.jp/im_siggl3RzB2ooNxKiIpvqNgXALw—x540-n1/amd/20131224-00030921-roupeiro-001-12-view.jpg

 

南スーダンには各国の部隊が展開しています。

南スーダンに展開中の中国軍部隊はケニア軍の歩兵中隊の支援を受けながら活動を実施しています。

『駆けつけ警護』は、中国軍だけを対象にしているわけではありません。


『ルワンダ難民救援国際平和協力活動』を忘れていないか?

『駆けつけ警護の対象が中国軍だから~~』などといろいろなことを言っている方に聞きたいのは、

『ルワンダ内戦と難民救援活動のことを忘れたのか?』ということです。

 

1994年に行われた、

『ルワンダ難民救援国際平和協力活動』

において事実上の『駆けつけ警護』が実施されています。

 

この時、国際医療NGOが武装難民に襲われ、自衛隊PKO部隊に救出されるということがありました。

当時のPKO協力法では「駆けつけ警護」は「違法」でした。(人員輸送として実施)

この時の緊迫した状況については、自衛隊部隊指揮官とNGO両方から本になって出版されています。

図3 ルワンダでの出来事の回想
自衛隊 中国 警護自衛隊 中国 警護
引用URL:http://ecx.images-amazon.com/images/I/51p2bdPMWaL.jpg
引用URL:http://ecx.images-amazon.com/images/I/91kLW8no8bL.jpg

そのほか2002年の東ティモールにおいても、事実上の『駆けつけ警護』による救出が行われています。

この時、

東ティモールPKO司令官から「日本部隊の行動規定では隊員の生命に危険が及ぶ」

と指摘されています。

『普通に』国際平和協力活動を行うために

すでに、国連PKO活動については各国部隊と協力して行うのが前提です。

2015年6月にはモンゴルにて26カ国(日本も含む)での協同訓練を実施するようになっています。

この時撮影された1枚の写真が安全保障関連法とからめて報道されました。

 

図4 『カーンクエスト2015』における訓練
自衛隊 中国 警護
引用URL:https://static.dvidshub.net/media/thumbs/photos/1506/2022497/2000x1333_q95.jpg

 

この写真に

『現場の暴走!南スーダンでの駆けつけ警護を想定した極秘訓練!!』

とつけてしまえば、そう思ってしまう人がいるのも事実です。

 

現場部隊では協同での行動訓練などを行ってますが、法律などが追いついていないのが現状です。

また、集団的自衛権の問題と国際平和維持活動への協力をごちゃ混ぜに考えているのも問題です。

 

切り離して考えないと、本質を見誤ることになります。

 

海上自衛隊のオススメ記事

>>給料、ボーナス、年収、手取りについて大暴露!

>>モテる?お見合いで結婚できる?隊員の既婚率は?

>>海上自衛隊の装備と階級についてご案内いたします。

>>空母と言われた「日向(ひゅうが)181」と「いずも」

>>空母と言われる新型艦の実力!鳳翔・出雲を目指せる?

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、気軽にSNSにて拡散をお願いします!

スポンサーリンク