【自衛隊】南スーダンで自衛隊が銃弾提供 韓国での変な反応!

自衛隊 韓国 銃弾 反応

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『まさに、国内世論と現場の乖離がひどいことを示したね・・・』

 

みなさんは、2013年12月にあった、南スーダンでのごたごたを覚えていますか?

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)において起きた、全く変な騒ぎです。

現地の韓国軍が銃弾提供を要請、共用できる銃弾を保有する自衛隊が銃弾を提供しました。

これが、その後日韓両国の政治問題になる妙な出来事でした。

今日は、その件についてしっかりと解説してみたいと思います。


1 適切な判断をして要請をしていた韓国部隊

当時、南スーダンに展開していた各国部隊は、以下のような配置でした。

図1 南スーダンでの部隊展開状況
自衛隊 韓国 銃弾 反応
引用URL:http://rpr.c.yimg.jp/im_siggl3RzB2ooNxKiIpvqNgXALw—x540-n1/amd/20131224-00030921-roupeiro-001-12-view.jpg

事件当時、韓国軍やインド軍、ネパール軍が展開していた都市「ボル」周辺には反乱部隊約1000名が接近しており、反乱軍に包囲される危険が増加して部隊防御や難民保護の必要性に迫られました。

ネパール軍やインド軍の歩兵中隊もいましたが、自隊でも防御体制の必要があります。

しかし、韓国軍は工兵部隊であり、かつインド軍やネパール軍と違う武器体系でした。

 

このため防御態勢をとるには、銃弾の備蓄に不安が出たため、韓国軍部隊長は銃弾補給の要請を行いました。

この時、UNMISS司令部に要請すると共に、銃弾が共用できる日本部隊にも要請がありました。

図2 南スーダン展開中の韓国軍
自衛隊 韓国 銃弾 反応
引用URL:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a3-f4/x_men_go_go/folder/791458/80/33393280/img_0

 

韓国の使用する小銃「K2」と共用できる銃弾を持つ部隊は、自衛隊のみでした。

他国部隊は「AK系列」の小銃でしたので、韓国部隊は冷静な判断をしていました。

 

また、「約1万発」というととんでもなく多量の数量に聞こえます。

しかし、小銃の弾倉(30連発)に込めると、270名の韓国部隊1名当たり2個程度です。

現地の韓国軍部隊としては、自己部隊の保有弾薬では不安を感じたので補給要請をしました。

部隊指揮官は極めて冷静に事態悪化の前に態勢を整える判断をしたといえます。


2 緊急性が高いため政治判断で実施した『銃弾提供』に韓国国内が反発

この事態に、日本政府ではPKO協力法第25条に基づく『物資協力』を行うことになりました。

また、提供する『銃弾』は『武器輸出三原則(当時)』の例外とする閣議決定を緊急に行いました。
(出典:『国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律』

 

ここで『武器輸出3原則(当時)』は、『銃弾』などの『武器』を一切禁止とはなっていません。

『輸出を慎む』という形になっています。(例外にての提供した前例がいくつもあります)

図3 自動小銃銃弾(提供されたものと同タイプ)
自衛隊 韓国 銃弾 反応
引用URL:http://stat.ameba.jp/user_images/20131230/14/bz-125-norinori/b5/94/p/o0650040612797559613.png

 

また、2011年12月27日の野田内閣での『官房長官談話』にて、
『平和貢献・国際協力に伴う案件は、防衛装備品の海外転移を可能にする』
という発表も行われていました。
(出典:内閣官房長官談話

そのため、日本国内の法律的には、政治判断で『人道的・緊急性』での提供となりました。

しかし、韓国国内の世論が、

  • 『日本政府が政治利用!』
  • 『武器輸出3原則をねじ投げようとしている』
  • 『集団的自衛権を認めさせるために利用した!』

と大反発をし始めました。

そのため、韓国政府も最初は『日本には要請していない。国連に要請しただけ』としました。

最終的には、日本政府に公式要請をしたことを後になって認めています。

3 ACSA(物品役務相互提供協定)を締結しない韓国のチグハグが原因!

なんでこんなに大モメの事態になったのでしょうか?

これは現場の韓国軍部隊も相当困惑したのではないでしょうか?

『現場判断で必要と要請したのに、政府が勝手に問題化している・・・』

そう感じたのではないでしょうか。

 

事実、この2013年12月の前に、日韓ACSAが締結直前に突然延期されました。

はっきり言うと、このACSAがあれば問題が発生していませんでした。

 

ACSAには、『国連平和維持活動』での物資提供などの項目があります。

通常、同盟国や協力関係にある国であれば締結する協定です。

それが突然、延期になった後に南スーダンでの騒ぎとなりました。

それでもまだ、韓国は日本とのACSA締結を行わないとしています。

もはや、韓国側では軍部と政府の間に『状況認識の決定的なずれ』が発生しています。

 

これからどうなるのかが心配です。

 

海上自衛隊のオススメ記事

>>給料、ボーナス、年収、手取りについて大暴露!

>>モテる?お見合いで結婚できる?隊員の既婚率は?

>>海上自衛隊の装備と階級についてご案内いたします。

>>空母と言われた「日向(ひゅうが)181」と「いずも」

>>空母と言われる新型艦の実力!鳳翔・出雲を目指せる?

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、気軽にSNSにて拡散をお願いします!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>