【自衛隊】韓国との間でのスパイ暗闘そして沈没事件でのさや当て

自衛隊 韓国 スパイ 沈没

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『韓国のスパイが日本国内にいるか?答えはYESである』

まあ最近の情勢で、「スパイ」の存在につて報道されることが多くなっています。

特に日本と韓国、一応友好国ですが「スパイ」の報道が踊ることがあります。

今日はそんな「スパイ」の暗闘と、近年の韓国での沈没事故に関することを研究してみます。
(あくまで問題ないレベルで書いてみます。)


1 「スパイ」というのは本来地味な基礎活動なものです

「スパイ」などというと、「007」などのような派手な活動を想像しがちになります。

新聞報道などで「スパイ」の存在が明るみになると大々的に報道されるため、派手な印象になります。

しかし、人によるスパイ活動は「ヒューミント」の一部にしか過ぎないものです。

情報収拾活動として

  • 「エリント」:電波、電波周波数などの情報収拾
  • 「シギント」:通信情報など収拾、整理、配布
  • 「オミント」:公開情報などの収拾、整理、配布
  • 「テキント」:技術情報などの収拾、整理、配布
     

などいくつも情報活動があります。

そのため、「スパイ=諜報活動の全て」というわけではありません。

普段はホントに地道な作業の連続であり、華々しい活躍なんてものはありません。

 

ここで、日本及び韓国に「スパイ」はいるか?と聞かれると『YES』と答えるのが正解です。

 

正確には、『駐在武官』『防衛駐在官』が正しい答えになるでしょう。

  • 日本にいる駐日大使館付きの『駐在武官』
  • 韓国にいる駐韓大使館付きの『防衛駐在官』

これらは、「軍事情報等の収拾」任務を持った『合法』スパイということになります。

実際に旧ソ連と中国で、『防衛駐在官』が『ペルソナ・ノン・グラータ』を受けて国外退去命令を受けています。
(いずれもスパイ行為との通知)

面白いのは、2011年に自民党議員(元陸自幹部)が韓国入国時にも、同じ扱いで退去命令を受けています。

人に対する情報収拾活動は目につきやすいので、報道も過熱化します。

しかし最近ではあまり効率的とは言えません。


2 その他の情報活動の方が大きく動いている

最近では、その他での活動が大きくなっています。

昨年2014年に対馬にある「海上自衛隊下対馬警備所」での変死体発見などがあります。

図1 対馬の様子
自衛隊 韓国 スパイ 沈没

さて、ここでなにが起きていたんでしょうね~

『警備所』と名前の付くところには、いろいろ表には出ないものがありますからね・・・

そのほか、一般公開の時にいろいろなところを見て写真を撮る「テキント」も良く行われます。

今年の『観艦式』は各国が入り乱れて情報収集の場と化していたでしょう。

 

そのほか、自衛隊にいたときに体験したことと言えば、

  • 『なぜか』海外に出港する艦の2分隊員が最初にフル補充される・・・
    (航海通信など情報関係が集まるところ)
  • 外国艦が来たときに、『どこかの部隊』の人間が臨時に応援にくる・・・
  • ある器材で『取扱に習熟した』部隊から指導員が来る・・・ 

結構、いろんなことがありましたね。

3 沈没事故をめぐる済州島について

2014年に韓国セウォル号沈没事故が発生しました。

この時も、裏側ではいろいろとさや当てがあって、結局日本側への救援要請を断る事態になりました。

この時、裏側で囁かれていたこととして、

『済州島の軍用港の状況を見せたくない』

という理由が言われています。

図2 済州島基地完成予想図
自衛隊 韓国 スパイ 沈没
引用URL:http://blog-imgs-65.fc2.com/m/i/x/mix2ch/29110230312_60100050.jpg

事故現場に向かう場合、どうしても済州島の近く通ることになります。

この時、日本側に済州島の状況を見せたくなかったといわれています。

国防情報を重視しすぎた結果かもしれません

 

日本と韓国をめぐる情報機関のさや当ては今後も続くでしょう。

おすすめ記事

>>中国の軍事力とレーダー!
>>与那国島の自衛隊配備!中国の反応?
>>韓国との戦争はありえる?
>>給料、ボーナス、年収、手取りは?

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、気軽にSNSにて拡散をお願いします!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>