【海上自衛隊】給料、ボーナス、年収、手取りについて大暴露!

海上自衛隊 給料 ボーナス 年収 手取り

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『海上自衛隊の給料などは、高いのか安いのか・・・?』

 

よく、海上自衛隊の給料やボーナス、年収などは高いのですか?!なんて聞かれることがありました。

私としてはどうだったかな~という感じがしています。

確かに艦艇乗組の時期は高くなっていましたが、「手当」という形での加算でした。

今日は、そんな海上自衛隊の給料関係について、余り他では出ないような情報を出してみます。


1 艦艇勤務の海上自衛官は確かに給料が高く年収も高くなる。

確かに、『艦艇乗組』になった海上自衛官は給料が高くなります。併せて年収も高くなります。

これは、「基本給」の上に、「乗組手当」「航海手当」などが付いてきますので高くなります。

  • 「乗組手当」:給与号俸の33%を加算(潜水艦は45.5%)
  • 「航海手当」:航海する区域により1日590~1000円

確かに、艦艇に勤務していたときは給料が良かったのは事実です。

ただ24時間勤務のような状態ですから、給料や年収につりあっているのかな?
(艦艇は一度出港すると逃げ場がないですからね)

まずは自衛官「基本給」の表をおいておきます。

図1 自衛官棒給表
海上自衛隊 給料 ボーナス 年収 手取り
引用URL:http://tenshoku.waramachi.com/wp/wp-content/uploads/2014/12/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E4%BF%B8%E7%B5%A6%E8%A1%A8.jpg

 

傍目からみると、『行政職(一)』よりは基本給が高く設定されています。

だから自衛隊の給料は高い!という方へ・・・

『自衛官に残業手当てがありませんから~~!!!』

(事務官等にはあります)

このほかに、「地域手当」などいろんな手当がついてはきます。

ただ、陸上勤務ではあまり手当がつくことがないため結構厳しいところがあります。

 

まあ、海上自衛隊では給料は配置によっていろいろ変わります。

一律に海上自衛官全員は給料が高いということはありません。

海上自衛隊で給料が一番高くなるのといわれているの職務があります

南極観測船『しらせ』乗組のヘリパイロットです。南極まで行くことになりますけどね!


2 ボーナスと年収及び手取りについてのあれこれ

自衛官にもボーナスが支給されます。(公務員ですからね)

ボーナスと通常読んでいますが、『期末手当』+『勤勉手当』を併せたものを言います。

現在は、6月と12月の年2回の支給ですね。(昔は3月もあったのですが廃止されました)

『期末手当』は大体の額が計算できるのですが、『勤勉手当』は考課査定が入ってくるので少し額が変動します。

普通に、何もなければまあまあのところで、優秀な成績であれば勤勉手当にて反映されていきます。

特に『賞詞』や『表彰』などがあれば勤勉手当で反映されることが多いですね。

参考情報:懲戒処分を受けたときにどうなるか

私は、在職中1回懲戒処分を受けたことがあります。『注意』の処分です。
(指揮監督の注意義務違反という形でした)

まあ、幹部自衛官だと、一度も懲戒処分を受けないことなんてありません。

たいてい、何らかの責任を問われて幹部として受けることがあります。

懲戒処分等を受けると、ボーナスや年収に大きく響きます。

勤勉手当での査定が懲戒処分の内容で特別な計算式になり、大きく下がります。

私の場合は、前年に比べて20万円ほど下がりました。

 

基本的に自衛官の年収については、額面上はそれなりの年収にはなります。

図2 自衛官のモデル給与例
海上自衛隊 給料 ボーナス 年収 手取り
引用URL:http://xn--ub1ax5ki9m.jp.net/wp-content/uploads/2012/10/kyuryo.jpg

 

平成18年度と平成22年度に給与改定が行われ、公務員年収に合わせて結構下がっています。

年収は、まあ額面上はたくさんもらっているようには見えます。

ただ、ここからいろんな『控除』が自衛官が多いため、手取りは結構低くなります。

  • 『短期掛金』:社会保険料のようなものと思って頂ければ
  • 『長期掛金』:退職金の積み立て金のようなものです。
  • 『共済控除』:貯蓄など共済組合に支払うもの
  • その他生命保険料

これらの額は結構な額になり、私の場合だと10万円くらいが控除されていました・

そのため、自衛官は年収に比べての手取りは少ない傾向にあります。

意外と年収は高そうに見えて、手取りは少ないんですよ?

3 所属が変わったら給料が上がった!!

給料やボーナス、年収などに関してこれもあまりネット上に出ることがないことがあります。

それは、所属する組織が変わると意外と給料が上昇します。

私の場合、一時期「海上自衛隊」から、海上自衛官のまま「防衛省」に出向しました。

この時異動した月から、月額1万円ほど突然給料が上がって驚いたことがあります。

 

これは、『給与官署』(給料の支払い元となる官庁の名称)の変更によるものです

「海上自衛隊」から「防衛省」に所属変更があると、たまに起きると会計課から言われました。

理由として、「自衛隊」で給与昇給の抑制策により、本来の基本給から乖離していたそうです。

「防衛省」に異動した時に、防衛省では実施していない抑制分の給料が元に戻ったそうです。

まあ、海上自衛隊に戻った時にまた、給与抑制措置のままになったんですけど・・・

ただ、言えるのは、給料や年収の高さだけで自衛隊の仕事を選べますか?

私も、「何かあったら、まず生きて帰れない作業」に従事した時の手当が

『1000円』でした。

 

給料だけが目的では、海上自衛隊のお仕事はできません。

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、気軽にSNSにて拡散をお願いします!





3 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      防衛大卒の場合、陸海空の差がありますが、平均して一佐にまで昇任できるのは約20~30%ぐらいです。
      (一佐といっても一佐(一)から一佐(三)までの配置があります。)
      防衛大卒でも2佐で定年という方も多いです。

      さらに将補となってくると、学年で5%ぐらいになります。
      将補は自衛隊全体で201人います。
      防衛大だけでなく一般大学出身者もいるため、将補以上はかなり厳しい道です。
      多少防衛大の方が有利に見えるかもしれませんが、海上自衛隊の場合はその差があまりないのが現状です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>