【海上自衛隊】練習艦隊が東京晴美ふ頭にやってくる!

海上自衛隊,イベント,2018,練習艦隊,一般公開,見学

『練習艦隊の船が東京にやってくる!』

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

2018年になり、練習艦隊の近海練習航海が始まりました。

寄港地では、艦艇の見学ができる場所もあります。

そんな練習艦隊『かしま』などが、東京で見れるイベントがありますよ!

普段東京では見られない、練習艦隊をこの機会にご覧あれ!

平成30年5月に東京晴美ふ頭に練習艦隊が来る!

平成29年度近海練習航海は、平成30年3月17日にスタートしました。

日本各地を回りながら、訓練にいそしんでいます。

そんな、練習艦隊を東京で見学できるチャンスがあります!

平成30年5月7日(月)~5月12日(土)に、東京晴美ふ頭に練習艦隊が寄港します!

この寄港は、東京周辺での実習幹部の訓練や外部講師による教育などが行われます。

そのため、国内寄港地としては長い5日間も停泊することになります。

図1 練習艦隊晴美ふ頭への寄港
海上自衛隊,イベント,2018,練習艦隊,一般公開,見学
引用URL:http://tokyotanpo.info/chuoku/20080409-3/harumi-j029.jpg

平成30年は、『かしま』『まきなみ』の2艦が東京晴美に寄港します。

ぜひともこの機会に練習艦『かしま』を見ていただきたく思います。

練習艦『かしま』は、観艦式に参加しないため、貴重な機会です。

図2 『かしま』の後部(オランダ坂)
海上自衛隊,イベント,2018,練習艦隊,一般公開,見学
引用URL:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-dd-50/gunkanmaki23/folder/1230543/58/37530058/img_0?1320783828

護衛艦にはない優美な船体と、特徴のある『オランダ坂』を堪能してみてください。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【海上自衛隊】海自幹部候補生になったお話その1(カナヅチ編)

2016.03.24

海上自衛隊のイベントをチェック!横須賀と佐世保では・・・?

2015.10.02

艦内をのぞけるチャンスがあるかも?!

練習艦隊が、晴美ふ頭に寄港しているとき、『通常は』一般公開を行っておりません

しかし、チャンスがあると艦の甲板上などを見学させてもらえる場合があります。

訓練・修理などを行っていない平日中にチャンスが?!

晴美ふ頭にて、練習艦隊の艦を見学できるチャンスが実は存在します。

晴美ふ頭では、荷物の積み込み・修理などを行っています。

修理などがない平日の場合、当日になって甲板上での見学を呼びかけることがあるのです。

必ず行われるわけではありませんが、結構チャンスがあります。

図3 『かしま』実習講堂
海上自衛隊,イベント,2018,練習艦隊,一般公開,見学
引用URL:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-6f-87/naoo1125y/folder/1016131/26/36249526/img_25_m?1490790799

東京地本や各地本募集事務所による紹介で見学という裏技!

意外と知られていないのが『地方協力本部の紹介』による艦内見学です。

各地方にある『地方協力本部』から、『この人を見学させてほしい』という依頼による、練習艦隊の見学の機会があります。

晴美ふ頭での艦内見学者の多くが、このパターンで見学をしています。

お近くの『地方協力本部募集事務所』に相談してみるのもありですよ!
(ただし、その後『募集勧誘』が増えるかも・・・)

乗員・実習幹部の案内による見学という裏技!

また、裏技として『乗員・実習幹部』の案内による見学という方法があります。

これは、知り合いに『乗員・実習幹部』がいる場合、艦内見学の許可が下りやすいのです

ただし、『身分証明書』など『身元が確認できるもの』をちゃんと持っているのが原則です。

『実習幹部』は、乗艦者を案内するのも『訓練』の一つとされています。

もし、知り合いに『乗員・実習幹部』がいる場合、見学を頼んでみるのもありですよ!

最近は晴美から出国しないのね・・・

2018年(平成30年度)遠洋練習航海の出国は、5月22日(月)に横須賀から出国します。

図4 平成29年度遠洋練習航海出国行事
海上自衛隊,イベント,2018,練習艦隊,一般公開,見学
引用URL:http://www.mod.go.jp/msdf/operation/training/enyo/2017/img/ts2017-01/09.jpg

平成になってから、練習艦隊は東京晴美ふ頭での出国行事が主流となっていました。

私の時も、東京晴美から出国しました。

ここ数年で、昔の横須賀からの出国に戻ったそうです。

やはり、東京晴美ふ頭ターミナルが盛況になってきた影響ですかね?

今年のコースは、『北米・中米コース』かな?それとも『中東コース』かな?

遠洋練習航海のコースは、毎回変化します。

その中で、いくつかのパターンが存在します。

  • 『世界一週コース』
  • 『環太平洋コース』
  • 『アメリカ大陸コース』
  • 『中東コース』

どれが当てはまるかは、その年によって見ないと分かりません。

出発直前まで、外務省と調整が続けられるため、途中で寄港地がキャンセルされることもあります。

私の時も、一か所寄港地が相手国の都合で出発前にキャンセルとなった経験があります。

いずれのコースも、大変なコースです。
実習幹部の方々も元気で帰国してくださいね!
がんばれ~!

こちらもご覧ください

【海自遠洋練習航海】音楽隊だって大変なんだよ~!!

2017.06.08

【海上自衛隊】国内巡航(その2)から遠洋練習航海出発へ!

2016.12.29

【自衛隊】海自から防衛省に出向したら世界が変わった(笑)

2016.02.22

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!