【自衛隊】与那国島への自衛隊配備をめぐる中国の激烈な反応の裏!

与那国島 自衛隊 中国 反応

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

『部隊の配備でこんなに中国が激しく反応するとはね?』

 

昨年から、中国側が激しく反応する事態として、沖縄先島諸島の「与那国島」への陸自部隊の配備があります。

まあ、あたかも軍事侵略の強化のように激しく宣伝をして、「平和に逆行する」と宣伝しています。

今回は、この中国の与那国島への部隊配備への激しい反発の裏にあるものを研究してみましょう。

図1 与那国島の地理的配置
与那国島 自衛隊 中国 反応
引用URL:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-e2-57/nipponko2007/folder/1314658/26/41442326/img_0_m?1424448147


1 沿岸監視隊(人数約100名程度)の配備が中国への脅威?

大きく騒がれていますが、与那国島に配備される部隊は「第303沿岸監視隊(仮称)」と呼ばれる情報収集を任務とする部隊です。

人数も約100~150名程度の部隊となるでしょう。

このような部隊は他の地域にもあります。

  • 第301沿岸監視隊(北海道稚内及び礼文島):宗谷海峡の監視
  • 第302沿岸監視隊(北海道標津):根室海峡の監視

任務としては、台湾との間にある海峡の監視となります。
(与那国島と台湾本島の間には、自由に航行可能な公海となる水域が存在する。)

現状の南西諸島における中国軍の活動の活発化に対して、警戒監視機能を強化することが進んでいます。

与那国島への沿岸監視隊の配備もその一環として進められています。
(併せて宮古島への部隊配備も進んでいます)

図2 最近の中国海軍の動向
与那国島 自衛隊 中国 反応
引用URL:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-8d-8a/aki_setura2003/folder/807233/25/30365825/img_1?1355194303

これだけ激しく動向があるのに何もしないというのは、それこそ「平和ボケ」というものでしょう。

実質的には、今までガラ空きであった南西諸島方面の警戒監視の強化であり、中国への脅威とはなりません。

今まで与那国島には、警察官2名というガラ空きの状態だった防衛体制の見直しに過ぎません。


2 なぜここまで中国が反応するのか?

これに対し中国は、日本の軍拡が進むと激しく反発しています。

特に、尖閣諸島への実効支配を強化する動きだという論調が多く見られます。

これを受けて、「中国を刺激する」という反対運動も多く見られます。

しかし、尖閣諸島への軍拡だと宣伝する「世論戦」に基づく日本への抑圧行為として見てとれます。

この奥に、中国のもうひとつの戦略を見抜いていく必要があります。

そうでなければ、わかりやすい与那国島への部隊配備反対の美麗字句に惑わされます。

 

中国の奥底にあるもう一つの戦略「台湾」への対処という状況を考慮しなくてはなりません。

1996年の「中台危機」を記憶している方はいるでしょうか?

台湾の独立の動きに対する中国のミサイル発射による恫喝行動を。

この時に何がありましたか?

そして、与那国島の沖合に中国のミサイルが着弾したことをみなさんお忘れではないでしょうか?

それなのになぜ自衛隊配備反対の運動が沸き起こるのでしょうかねえ?

図3 中国の弾頭ミサイル射程範囲
与那国島 自衛隊 中国 反応
引用URL:http://blog-imgs-44.fc2.com/m/a/m/mamoretaiwan/201003221810002e0.jpg

3 与那国島は中国にとって台湾攻略の橋頭保として価値がある。

なぜ、急に中国が与那国島への自衛隊部隊配備に過敏に反応するのか?

その回答として最適なものが

『与那国島が、中国の台湾侵攻への橋頭保として重要な島である』

というのが正解でしょう。(橋頭保:敵への攻撃するとき前進拠点のこと)

図4 与那国島の全体図
与那国島 自衛隊 中国 反応

2000m級の滑走路と港湾施設、部隊の集結地として、台湾の東側へ部隊を揚陸させるには適した島です。
(強引に空港の拡張、港湾施設の軍港化を行えば中国本土より容易に部隊を送り込めます)

以前までは、自衛隊が存在していないため、台湾侵攻時に橋頭保として確保が容易でした

中国にとって「台湾問題」はあくまで「内政問題」であり、強引に与那国島を確保してしまえば、後は『内政干渉』として批判をかわすことができました。

しかし、自衛隊が配備されたことで、今までの「台湾侵攻」の戦略が崩れることになります。

強引に進めると、自衛隊との衝突、併せて日米との軍事衝突が避けられなくなります。

この点について、中国が大きく戦略を狂わされることになったため、激烈な反応になったと言えます。

 

今後とも中国とのせめぎあいは続くでしょう。

 

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、気軽にSNSにて拡散をお願いします!





2 件のコメント

  • メアドが間違っていたみたいですスイマセン、私は自衛官募集相談員もやっているんですが、与那国の様な新部隊や海自の大型艦がデビューするたびに隊員数が心配になります、陸自はまだ升が大きいので内局が必死でスクラップアンドビルドをしているんだなーと思いますが、海自は本当のスクラップアンドビルドですが艦の定員も違うしソマリアにはフルで行かせているだろうし、、我ながら心配になります、昨年 ひゅうが に乗ったら舞鶴の隊員が結構いました しらね の代わりに乗艦しているみたいですね、この好景気?の中募集も苦労しています、貴サイト楽しみにしています。

    • コメントありがとうございます。
      最近の情勢変化による、隊員のやりくりには結構苦労しているようです。
      「ひゅうが」の就役時の時のぎ装員(初代乗員)を集めるときは、人事担当が苦労していました。
      「いせ」の就役に伴い、「ひゅうが」舞鶴転籍準備のため人員を舞鶴から引っ張って入れ替えをした影響です。

      好景気のため、志願者の減少が問題になってきている状況も聞き及んでいます。

      このブログが手助けの一環となれば幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>