【北朝鮮】軍事パレードに登場する兵器、人物で見えてくるもの!

北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『五輪開会式前日に軍事パレードが北朝鮮で開催!』

冬のオリンピック前に、北朝鮮と韓国がらみでいろいろな駆け引きが進んでいます。
五輪開会式前日には、北朝鮮が軍事パレードを計画するなどきな臭くなってます。
北朝鮮にとって大事な『軍創設70年記念日』ではどんな新兵器が登場するのか?
また、登場する人物によって今後の北朝鮮がわかるかも!

2月8日の軍事パレード自体は珍しいことではない。

2018年に入り、北朝鮮が例年4月25日ごろに行ってきた軍事パレードを、2月8日に実施すると発表しました。

2月8日は、平昌オリンピック開会式の前日であり、対外的に韓国へのけん制を兼ねているといわれています。

ただ、2月8日は、1948年に『軍創建記念日』として制定されていました。

1977年までは、この日に軍事パレードが実施されていました。
1978年以降、4月25日に変更されていただけに、特に無理やり変更というわけではありません。

しかし北朝鮮にとって『軍創設70周年』に当たることから、韓国へのけん制を兼ねた『軍事パレード』になるでしょう。

『火星15(KN-22)』が登場するか?!

今回の軍事パレードの目玉としては、『火星15号』の登場があるかどうかです。

図1 『火星15号』車両とミサイル
北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置
引用URL:http://www.zakzak.co.jp/images/news/171201/soc1712010014-m1.jpg

昨年の発射を『成功』と位置付けている北朝鮮としては、『火星15号』を登場させてくるものと考えられます。

スポンサーリンク

もし登場させて来たのであれば、完全なミサイル完成のお披露となるでしょう。

『火星14号』も登場するか?

昨年2017年4月の軍事パレードにて、発射筒に隠された謎のミサイルがありました。

図2 2017年4月で登場した『新型?ミサイル』
北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置
引用URL:https://stat.ameba.jp/user_images/20171130/05/kawai-n1/94/a9/j/o0680038314081115246.jpg?caw=800

その後、2017年7月4日の発射にて、ほぼ『新型?』とみられたミサイルが『火星14号』である可能性が高くなりました。

図3 『火星14号』
北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置
引用URL:http://img5.cna.com.tw/www/WebPhotos/800/20170705/56002565.jpg

こちらも、今回の軍事パレードにて『発射筒』を外した状態で登場するものと推察されます。

このような形で、北朝鮮の軍事パレードが今後の動向注視するときの参考になります。

今回も、何等かの新型ミサイル車両が登場したのであれば『北極星3号』など、存在が噂されるミサイルの発射体制ができている兆候になります。

関連項目としてこちらもご覧ください。

【北朝鮮】確実に実戦レベルに発展した新型ミサイルの脅威!

2017.03.03

【北朝鮮】航空ショーにみる北朝鮮の思惑について

2016.11.20

『金与正(キム・ヨジュン)』の立ち位置で北朝鮮の今後がわかる!

今回の軍事パレードにおいて、もう一つ注目すべき人が『金正恩』の妹『金与正』の立ち位置です。

図3 『金与正』とされる人物
北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置
引用URL:http://www.politikis.si/wp-content/uploads/2017/10/kim-jong-un-sestra.jpg

写真は、2017年4月17日の軍事パレードでのシーンで、赤丸で示した人物が『金与正』です。

2017年10月の党大会では最前列にいるほどの地位に昇格しています。

図4 2017年10月党大会でのシーン
北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置
引用URL:http://japanese.joins.com/upload/images/2017/12/20171224131106-1.jpg

今までの北朝鮮では見られなかったシーンです。

今回の軍事パレードで、彼女が観閲台のどの位置にいるか?これが注目すべき点でしょう。

『金正恩のプロデューサー』とも噂される彼女がどこまで影響力を持つのか?

軍事パレードで『金正恩』が融和的な演説があるのであれば、国内で相当な権力を持った可能性があります。

ここも、見逃すことのできない点です。

『軽い』軍事挑発が開会式前にあるか?!

このままおとなしく、オリンピックを迎えてくれればいいのですが、軍事挑発も考えられます。

しかし、弾道ミサイルの発射では世界を刺激しすぎる可能性があるため、北朝鮮が『軽い』軍事挑発をかけて来る可能性もあります。

可能性として高いのは『長距離ロケット砲の発射訓練』ではないでしょうか?

2017年4月17日の軍事パレードの前日にも、ミサイル発射がありました。

今回、世界を過度に刺激しないために『ロケット砲』の発射があると考えます。

図5 北朝鮮長距離ロケット砲KN-09
北朝鮮,防衛省,日本,韓国,ミサイル軍事パレード,五輪,新兵器,妹,立ち位置
引用URL:https://i2.wp.com/missilethreat.csis.org/wp-content/uploads/2017/06/KN-09.jpg?resize=768%2C432&ssl=1

最大射程約200kmの300mmロケットです。
ロケット発射訓練で、国内の体制高揚を図り軍事パレードに臨むのではないか?
現状の体制では、これが現実的なシナリオです。

この時、韓国はどう反応するのか?

いずれも、2018年2月は何が起きてもおかしくない状態になるでしょう。
今後とも注目して行くべきことです。

こちらもご覧ください

【中国・北朝鮮】今そこにある日本のEEZ危機

2017.12.20

【韓国】新政権との日韓関係の停滞・紛争の可能性は!

2017.05.17

【北朝鮮】北朝鮮に『超音速』対艦ミサイルが存在する?!

2017.05.17

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク