【海上自衛隊】イージス艦はトウモロコシ畑から生まれた?!

海上自衛隊,防衛省,イージス艦,イージスアショア,米国,トウモロコシ畑,巡洋艦

スポンサーリンク

みなさまこんにちは!管理人のペンギンです!当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

『イージスシステムの誕生って意外と知られてない』

最近、イージス艦や『イージス・アショア』について話題が多くなっています。

弾道ミサイル防衛でついに『イージス・アショア』の導入決定となりました。

しかし、意外に知られていないのが、

『イージス艦(システム)は、トウモロコシ畑の中で誕生した!』

ということです。

今日はそんな知られざる『イージス艦はトウモロコシ畑で生まれた?!』というお話です。

 

『トウモロコシ畑の巡洋艦』誕生!

『イージス艦はトウモロコシ畑で誕生した!』なんて言うと、皆さんに笑われるかもしれません。

『イージス・アショア』のことを言っているわけでもありません。

 

元々イージスシステムは、1965年に構想が始まったものです。

その中で、新システムということでいろいろな試験研究開発が実施されました。

陸上施設にて『AEGIS(イージス)システム』のテストが重ねられました。

この時に誕生したのが『CSEDS(多目的陸上開発サイト)』です。

その施設は、米国ニュージャージー州に建設されました。

図1 米国イージステストサイトCSEDS
海上自衛隊,防衛省,イージス艦,イージスアショア,米国,トウモロコシ畑,巡洋艦
引用URL:http://files.ctctcdn.com/21668aa7001/5d176694-14f1-48ac-aeac-2f1da034ff71.jpg

本当に最初の建設時には『トウモロコシ畑』の中にありました。

 

なんだか『イージス・アショアだろ!これは!』なんて言われそうです。

スポンサーリンク

図2 イージスアショア(ルーマニアに配備されたもの)
海上自衛隊,防衛省,イージス艦,イージスアショア,米国,トウモロコシ畑,巡洋艦
引用URL:http://kaito1412.wp-x.jp/wp-content/uploads/2014/07/14053192577_2480cd51c0_n.jpg

実際には、内陸国のBMD対処用として、イージスシステムを陸上に設置するというものです。

いわば、陸上で誕生し船に搭載したイージスシステムが、再び陸上に戻るものです。

『イージス・アショアの概要説明ビデオ』(ロッキードマーチン社)

そんな、イージス・アショアが日本に導入されます!

 

日本に導入される『イージス・アショア』が安くなる可能性も・・・

今回日本が導入するのが『イージス・アショア』です。

ロッキードマーテイン社が提案して、アメリカで『イージスアショア』として採用されました。

システムは、従来の『AN/SPY-1』レーダーを主軸としています。

ただSPY-1レーダーそのものは、設計が古い『パッシブフェーズドアレイレーダー』になっています。

  • 『パッシブフェーズドアレイレーダー』:レーダー素子に、発信機と受信機を含まないレーダー。
  • 『アクティブフェーズドアレイレーダー』:レーダー素子に、発受信機を持ち、増幅回路を持つ。

 

現在のレーダーは『アクティブ・フェーズド・アレイレーダー(ASEA)』が主流です。

 

イージスもアクティブ化している!

現在は、アメリカでもイージスシステムのレーダーをアクティブ化する動きが出ています。

『AN/SPY-3(レイセオン社)』として後継のレーダーが登場しています。

より小型のBMD用『AN/SPY-6』も試験が進んでいます。

図3 AN/SPY-6
海上自衛隊,防衛省,イージス艦,イージスアショア,米国,トウモロコシ畑,巡洋艦
引用URL:https://news.usni.org/wp-content/uploads/2016/07/Array-Install-264_stmt-A-16-360.jpg

建造が再開される米国海軍『アーレイバーク級』に、SPY-1とともに搭載される予定です。

 

ロッキード社とレイセオン社の駆け引き!

今後の、ロッキード社とレイセオン社の駆け引き次第で、『イージス・アショア』が安くなるかもしれません。

イージスシステム自体は、ロッキード社の管轄です。VLSもロッキード社です。

しかし、イージス後継レーダーがレイセオン社に決定したため、巻き返しを図っています。

この2社の駆け引きは、結構防衛産業を巻き込んでいます。

(参考記事)『【自衛隊】海自から防衛省に出向したら世界が変わった(笑)』

防衛省出向中にも、このイージスアショアでの話を聞くことがありました。

 

両社とも、日本のGaN(窒化ガリウム)半導体のレーダー素子を作れる会社を巻き込んでます。

某社からは、レーダー素子は日本で製造するという条件まで出ているほどです。

そのため、イージスシステムのメンテナンスおよび要員教育体制が、すでに存在する日本にて、1基700~800億といわれる価格がどれだけ下がるかが見ものになります。

現状において、システム全部を米国から購入する必要性がない日本において、どれだけの価格になるのでしょうか?

 

意外と知られていない『AEGIS(イージス)』の中身

意外と、イージス艦やイージスシステムについては、外見は知っていることが多いと思います。

しかし、意外と知られていないのが中身のシステムです。

 

イージスシステムが高いのは、コンピューターとその中のソフトウェアが高額なのです。

ソフトウェアの部分については、一部ブラックボックスの部分があります。まさに『イージスシステム』の心臓部ですからね。

図4 UYQ-70シリーズ(システムの心臓部)
海上自衛隊,防衛省,イージス艦,イージスアショア,米国,トウモロコシ畑,巡洋艦
引用URL:http://www.ieeeghn.org/wiki/images/a/ac/UYQ-70_.jpg

イージスシステムの本当の姿を知る機会は少ないです。

私も、一時期『イージスシステム』に関わる部隊にいましたので、そこで知ったというほどです。

まだまだ、イージスは奥が深いものですよ!

関連項目としてこちらもご覧ください。

自衛隊で中国語を使うことも多いよ これは情報戦なんだ!!

2016.01.13

【海上自衛隊】海上自衛隊と中国海軍の比較をして見る!

2015.12.10

【自衛隊】中国の軍事力とレーダーに関する考察!!

2015.10.24

記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

もし記事が気に行って頂けましたら、

↑ブログ主の更新の励みになりますので
上記バナーのクリックをお願い致します!

スポンサーリンク